• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Africa Today今日のアフリカ

  • Home
  • 今日のアフリカ

今日のアフリカ

最新10件

フランスによるチャド北部への空爆

2019/02/17/Sun

2月8日付ルモンド紙は、フランス軍参謀本部が2月3日~6日にチャド北部に軍事介入し、戦闘機による爆撃を行ったと報じた。これに伴い、フィリップ首相、ルドリアン外相らが上下両院で軍事作戦について説明した。外相の説明によれば、デビィ大統領から発出された文書による要請に基づき、リビア南部から侵攻した武装勢力に対して空爆がなされた。チャドにおけるクーデタを防ぎ、国家を防衛するため、とのことである。 14日付ルモンド紙は社説で、チャドへの軍事介入をめぐるジレンマについて論じている。チャドはサヘルの地政学上、極めて重要な位置にある。北のリビア、東のナイジェリア(北東部)、南のカメルーン、中央アフリカ、西のダルフール、南スーダンと、チャドの周囲はいずれも政治的に不安定である。フランスがサヘル地域で実施している軍事作戦(バルカンヌ作戦)にしても、チャドに大きく依存している。一方で、チャドのデビィ政権は顕著に権威主義的性格を帯びている。今回リビア南部から侵攻した武装勢力は、国内の反政府勢力であった。フランスは2008年にもデビィ政権を防衛するためにチャドに軍事介入したが、独裁政権を支援しているとして、チャド国内の野党勢力から強い批判を浴びている。 この種のジレンマはアフリカの至る所で見られるが、一般論として非常に難しい問題である。しかし、今回の空爆はずいぶん唐突な印象を受ける。首都から遠く離れた地域への爆撃だし、デビィ政権が大きく揺らいでいたわけでもない。中央アフリカのボジゼ政権のようになっては遅すぎるので、早めに手を打ったということだろうか。今回の一件は、フランスがいかにデビィ政権に依存しているかを示している。

個別ページへ

ナイジェリア大統領選挙

2019/02/16/Sat

ナイジェリアでは2月16日に大統領選挙が予定されている。2億人近い人口を有するアフリカ最大の産油国は、1999年の民主化以降、曲がりなりにも民主主義を維持してきた。前回2015年には野党候補ブハリが勝利し、選挙を通じた政権交代を遂げた。これまでは選挙のたびに暴力が発生し、数百~千人規模の死者が出ていたが、今回は2月13日に2人の主要候補が「平和協定」に署名し、平和裏な選挙実施を呼びかけた。 今回の選挙はそれほど盛り上がっているとは言えないようだ。現職のブハリは76歳。清廉な元軍人というイメージで前回は勝利したが、第1期目は目立った成果を上げられず、ロンドンでの長期入院が話題となった。期待されたボコハラム対策も、あまり進んでいない。対立候補のアブバカル(Abubakar Atuku)も長年政界、実業界で活躍した大立者で、当選しても大幅な刷新は期待できないとの評判である。 選挙前日になって、ロジスティクス面の不備から選挙延期の可能性が高まっているとのニュースが報じられた(ファイナンシャルタイムズ紙)。これは珍しいことではない。2011年の大統領選挙はロジ面、治安面の理由で1週間、2015年にはボコハラムの影響で6週間延期された。ナイジェリアは自分のペースで事を進める国である。国際社会を含め、こうした遅れはそれほど問題視されていない。確かに、ナイジェリアの人々が納得できるペースで事を進めることが一番だ。(パリ時間の16日午前3時配信のルモンド紙電子版は、1週間延期されて23日の実施となったと報じている。選挙延期が当日未明に決定されたようだ。)

個別ページへ

ソマリアで米軍による空爆が急増

2019/02/11/Mon

8日付FDD's Long War Journalの記事によれば、トランプ政権下で米国によるソマリアへの空爆が急増している。アルシャバブを標的としたもので、1月には100人以上の戦闘員が殺害され、これまでで最大の数だという。オバマ政権下においては、米軍が本格的に介入した紛争地域以外での空爆は複数の省庁による協議が必要とされ、米国にとって「継続的かつ喫緊の脅威」が認められる場合にのみ許可された。しかし、トランプ政権下この方針は転換され、空爆の頻度は急増した。オバマ政権期には数少ない回数の爆撃でアルシャバブ幹部の殺害を狙ったが、トランプ政権になって攻撃対象は一般兵士にも広がった。空爆は2015年まで年間3回以下だったが、2016年に15回と急増し、17年に31回、18年には47回に増えた。今年に入って2月8日までに14回の空爆が行われている。 アルシャバブは2011年に首都モガジシオの支配権を失い、軍事的には劣勢が伝えられている。しかし、今年に入ってからも、モガジシオのみならずケニアの首都ナイロビ近郊でも一般市民を狙ったテロ攻撃を行うなど、活動が鎮静化したとは言い難い。米軍の空爆によりアルシャバブ側の犠牲者は多数に上っているが、そのほとんどは一般兵士で、少し訓練すれば前線に送り出すことができる。 米軍元幹部は、この空爆がアルシャバブの打倒を目的とするものではないと認めている。先週開かれた米国上院軍事委員会(Armed Service Committee)で、AFRICOMの元司令官 Thomas Waldhauser海軍大将は、「空爆によってアルシャバブに勝利することはできないが、ソマリア連邦政府と同国軍に治安維持任務の機会を提供できる」と述べている。空爆は、ソマリア連邦政府の治安維持能力構築のためだ、というわけである。同氏はまた、「空爆は問題を引き起こす。一方それは抑止力にもなる。どっちにどの程度の影響が出るかは、オープン・クエスチョンだ」とも述べている。 元幹部だけに率直な発言である。しかし、例えばアフガニスタンの経験を考えても、こうした米軍の支援がソマリア連邦政府軍の能力構築に繋がるのか、大きな疑問を感じざるを得ない。空爆がアルシャバブの一般兵士に植え付ける怨恨の方が、戦闘に対する強い動機付けになるのではないだろうか。

個別ページへ

2019年アフリカ経済見通し

2019/02/10/Sun

2月8日付アフリカ・コンフィデンシャル誌は、2019年のアフリカ経済見通しをまとめている。それによれば、資源価格低迷の影響で石油輸出国の成長は低迷し、南ア経済も低迷が続く見込み。最も経済成長見通しが高いのはエチオピアで、アビィ政権の改革路線が対外的にも評価され、投資流入が見込まれている。それに続くベスト5は、ルワンダ、コートジボワール、ガーナ、タンザニアで、地域的にはアジア諸国との結びつきを背景に東アフリカ諸国の経済が好調である。ケニア、ザンビアといった国々で債務問題の深刻化が懸念されているが、財政収支は総じて改善傾向にある。石油をはじめとした鉱物資源輸出に依存しない国々が、アジアとのつながりに基づいて経済成長を加速させるという構図は、アフリカ経済の新たな成長モデルを示すのかも知れない。注目に値する現象である。

個別ページへ

ルワンダ虐殺とフランス

2019/02/09/Sat

2月7日にルモンド紙がキャリーした仏通信社メディアレポート(Mediareport)とラジオフランスの報道(6日付)によれば、フランスの対外諜報機関DGSE(Direction général de la séurité extérieure )は、1994年4月6日のルワンダ・ハビャリマナ大統領搭乗機撃墜事件がハビャリマナ大統領派急進派の犯行であるとの見解を内部でまとめていた。この報道はDGSEの資料開示に伴うもので、1994年9月にまとめられた資料では、テオネスト・バゴソラとローラン・セルブガという2人の国軍中枢の「フトゥ急進派」が大統領搭乗機撃墜事件の首謀者だとして名指しされている。  この報道はフランスとルワンダの関係を考えるうえで、きわめて重要である。ハビャリマナ大統領搭乗機撃墜事件は、ジェノサイドの引き金となった一方で、その首謀者は今日に至るまで判明していない。そして事件直後から、ハビャリマナ政権内急進派犯行説と内戦時の敵対勢力RPF(現ルワンダ政権与党)犯行説の異なる見解が対立してきた。こうしたなか、当時から仏政権の有力者は総じて、犯人がRPF側だとの見解を示してきた。よく知られているように、仏予審判事はこの事件の首謀者がRPF中枢だとして、カガメ現ルワンダ大統領(内戦当時RPF総司令官)側近複数名を起訴し、両国の国交断絶を招いた。その後、昨年12月になって、仏司法が起訴を断念した経緯がある。  DGSEは米国で言えばCIAに相当する機関であるから、それがルワンダ内戦終結の直後から仏政権主流派と異なる見解を持っていたことはきわめて興味深い。DGSEの見解が表に出なかったのはなぜか。ミッテラン政権高官が揃ってRPF犯行説に組したのはなぜか。DGSEに首謀者として名指しされた2人のうち、バゴソラは国連安保理が設立したルワンダ刑事裁判所で懲役35年の刑を受けて服役中だが、後者は仏国内に居住しており、仏当局はルワンダへの引き渡しを拒んでいる。  ルワンダのカガメ政権は、一貫してフランスがジェノサイドに加担したと主張してきた。フランス政府はこれを一蹴し続けてきたわけだが、7日付ルモンド紙は、ジェノサイドにおけるフランスの役割を検証すべきだとの同国NGO関係者の声を紹介している。1994年当時の仏当局の振る舞いについて解明を求める声は、国内外から高まってくるだろう。

個別ページへ

南スーダンにおけるSPLM再統合の動き

2019/02/06/Wed

昨年、新たな和平合意(R-ARCSS)が署名された南スーダンで、先月末からSPLM再統合に向けた動きが見られる。報道によれば、1月30日、SPLM-FD代表者は政府与党(SPLM-In-Government: SPLM-IG)に合流する意向を示した。SPLM-FDは、2013年に政府によって拘束され、その後国外に脱出した高官らによって組織されたグループであり、また、昨年R-ARCSSに署名した当事者4グループの1つでもある。 SPLMの再統合に関しては、タンザニアがその合意プロセスを主導してきた経緯がある(アルーシャ・プロセス)。2015年に、SPLM-IG、SPLM-FD、SPLM-IOが同合意に署名し、一部FD要員が政府幹部として復帰したものの、それ以後大きな進展は見られなかった。それゆえ、今般の統合のニュースは、アルーシャ・プロセスの進展として歓迎されるべきものである。R-ARCSS履行にも良い影響を与えるように期待したい。 他方、一部報道は、SPLM-FDのメンバー間に意見の不一致がある可能性を指摘しており、これが事実であれば新たな分裂が生じる不安も拭えない。SPLMが結成以降、権力者同士の取引と生存戦略の結果として離合集散を繰り返してきたことに鑑みれば、この再統合の動きに満足しない要員の今後の動向には注意を払う必要がある。同国の情勢については、R-ARCSSの合意枠組みに含まれない反政府勢力と政府軍との戦闘行為も報告されているなど、楽観視できない状況が続いている。

個別ページへ

バボ前コートジボワール大統領、ICC無罪判決後にベルギーが受入れ

2019/02/06/Wed

バボ前大統領とブレ・グデ前愛国青年運動指導者は、2011年の政治危機後、国際刑事裁判所(ICC)に拘束、起訴されていたが、1月15日に無罪判決が下された。しかし、2月1日、ICCは釈放を条件付きとすることとし、事実上バボらが帰国することを禁じた。その後、家族が居住しているとの理由でベルギーが受入れを表明し、5日バボらが同国に移動したことが確認された。 昨年6月、ベンバ(元コンゴ民主共和国副大統領)に無罪判決が下されたことに続き、今回の措置はICCにとって大きな痛手である。1月18日付ルモンド紙は、バボらの逮捕に際して、バボの政敵ワタラ(現大統領)を支援していたフランスがICCに影響力を行使したと報じている。政治的意図が優先され、十分な裏付けのないまま逮捕、起訴が進められたというのである。ICCは捜査力が乏しく、実際の捜査にあたっては各国の警察などに頼らざるを得ないというのは、以前から指摘されていた。今回はそこにフランスの政治的意図が入り込んだ、ということだろう。 今回の決定は、国際的にも、国内的にも大きな影響を有する。ベンバに続く無罪判決で、ICCへの信頼が一層揺らぐことは避けられない。モレノ=オカンポ検事総長時代のICCの姿勢が、問い直されることになるだろう。国内的な影響も大きい。当面バボ自身の帰国はないとはいえ、関係者が大挙して帰国しており、バボが率いた政党FPIは勢いづいている。一方、ワタラ大統領派からは、かつて同盟を組んだベディエ、そして彼が主導するPDCIが離脱し、内戦時にワタラ派を軍事的に支えたソロ(国会議長)も袂を分かった。この先、次の選挙に向けて、コートジボワールの政治情勢はさらに流動化していくだろう。

個別ページへ

DRコンゴ、チセケディ新大統領の就任式

2019/01/25/Fri

1月24日、チセケディ新大統領の就任式が挙行された。独立から58年目にして、コンゴは初めて選挙を経た平和裏の政権交代を実現した。就任演説にあたってチセケディはカビラ前大統領からコンゴ国旗の柄のたすきを受け取り、数千人の聴衆の前で和解を訴えた。就任式にはアフリカから17か国の元首が招待されたが、実際に来訪したのはケニヤのウフル・ケニヤッタだけで、その他は外相などが代理で出席した。米国やフランスなども現地の大使が出席した。孤立とまでは言えないが、外交的に少々寂しい船出であったことは否めない。 選挙をめぐる混沌とした状況が長期間続いているが、ここまで比較的少ない犠牲で乗り切ってきたことは評価できる。コンゴの「安定」を優先する姿勢は、政権側と国際社会とに共有されていたと言えるだろう。選挙不正の追及をファユルは止めていないし、カビラの後継者として選挙に臨み落選したシャダリもファユルに同調する動きを見せるなど、状況は予断を許さないが、前政権派が実質的権力を保持したことで、当面の政治的安定性は高まった。 大統領就任式の次は議会が開かれ、首相が指名される。カビラ政権期の実力者の指名が取り沙汰されているが、内閣が任命されれば新たな権力分布が見えてくるだろう。

個別ページへ

サヘル地域における気候変動と紛争の増加

2019/01/24/Thu

近年、サヘル地域における気候変動と、貧困や紛争などのさまざまな課題の関係が指摘されている。現在、サヘルの気温は世界平均の1.5倍の速度で上昇しており、不安定な降雨や雨季の縮小などの傾向がみられる。国連の報告によると、サヘル地域の農地のうち約80%において荒廃が進んでいるとされ、推定3300万人が食料不足に瀕しているとされる。生産力の低下により、農村部を中心に基本的な収入の確保ができず、医療サービスや教育サービスへのアクセスが困難な状況が生まれており、なかには武装グループへ加わる事例もみられる。 マリとニジェールにおけるコミュニティ間の衝突も、気候変動と深くかかわっていることが指摘されている。気候変動の影響下における利用可能な土地や水資源の減少は、農耕民と牧畜民のあいだの緊張を高めており、マリではコミュニティの衝突による死者数が急増している。Armed Conflict Location & Event Data Projectの調査結果によると、マリ国内の暴力による死者数は2016年は320人であったが、2017年は949人、2018年には1686人と2016年の約5倍に増加しており、この傾向は乾燥の厳しいマリ北部から中部にかけての地域と、マリ・ニジェール・ブルキナファソの国境近くの地域で顕著だとされている。 世界規模で進行している気候変動は、サヘル地域において暴力を含む多くの課題を生み出しており、解決が困難な状況となっている。各国の温暖化への対応を急ぐとともに、サヘル地域における環境保全・資源管理の体制の整備や地域間の連携を図る必要があると考えられる。

個別ページへ

DRC、チセケディ勝利にアフリカ諸国が祝意

2019/01/21/Mon

19日夜、コンゴ民主共和国の憲法裁判所は大統領選挙をめぐるファユルの再集計要求を退け、チセケディの勝利を確定した。これを受けて20日、南アやケニアの大統領、また南部アフリカ開発共同体(SADC)が祝意を表した。ラマポサ・南ア大統領は、全てのステークホルダーが選挙結果を受け入れるよう声明を発表した。憲法裁判所の結果発表を中断するよう17日に声明を発表したAU議長のカガメは、21日に予定されていたキンシャサ訪問を取りやめた。 この動きは、アフリカ諸国がこれ以上コンゴの選挙結果に介入しないという意思表示であり、AUもそれに同調したということだ。AUはアフリカ域内の民主主義の確立を重視しており、それなりの介入も行ってきた。クーデタで成立した政権は資格停止にするし、ガンビアでジャメ元大統領が選挙結果を覆そうとしたときは強硬姿勢で臨んだ。しかし、今回は同じ対応は取らなかった。「選挙不正が濃厚」というレベルでは介入は難しい、ガンビアの事例とは違うということだろう。カガメが議長であることも、AUとしては動きづらくなった。どう動いても、「ルワンダの意向」を勘繰られるからである。選挙結果発表を停止せよという17日の声明は、カガメの独断とも言い難い。少なくとも、AU委員長のムーサ・ファキ・マハマトは同じ考えだったはずである。 憲法裁判所の決定にファユルは当然反発し、支持者に抗議行動を呼びかけた。街頭での暴力が激しくなる可能性には注意すべきである。ただ、RFIの放送を聴く限りでは、20日夜の段階でキンシャサは静かなようだ。キンシャサは比較的チセケディの支持者が多い。危険なのはむしろルブンバシなど東南部ではないか。この地域は、ファユルを支持したカトゥンビの地盤だし、もともとカサイ州出身のルバ人(チセケディ支持者が多い)を標的とした暴力事件が起こってきた。 大統領選挙のためにあまり報道されていないが、下院選挙ではカビラ派の政党連合FCCが500議席中350議席を占めて過半数を確保した。チセケディの政党(UDPS)と組めば、下院を牛耳ることができる。カビラの勢力は温存されたと言ってよい。

個別ページへ