• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

研究成果

最新の10件

宮本佳和【事典項目】「南部アフリカ(牧畜)」『世界の冠婚葬祭事典』

2023年12月30日

◆執筆者:宮本佳和 ◆発行日: 2023年12月30日 ◆発行媒体:世界の冠婚葬祭事典 ◆編者:川田牧人、松田素二 ◆発行所:丸善出版 ◆タイトル: 南部アフリカ(牧畜) ◆事典内容: 世界各地の冠婚葬祭は、例えば「冠」なら割礼やプロム、七五三など非常に様々です。人生の節目を共...

個別ページへ

宮本佳和【解説】ナミビアのヒンバの儀礼とビーズーヘレロとの関係から

2023年7月31日

◆執筆者:宮本佳和 ◆発行日: 2023年7月31日 ◆発行媒体:季刊民族学185号(2023年夏)「特集 ビーズ大陸アフリカ」 ◆発行所:公益財団法人 千里文化財団 ◆タイトル: 「ナミビアのヒンバの儀礼とビーズーヘレロとの関係から」 ◆特集内容: アフリカは、およそ30 万...

個別ページへ

村津蘭(編著)【書籍】『拡張するイメージー人類学とアートの境界なき探究』

◆編者:藤田 瑞穂、川瀬 慈、村津 蘭 ◆書籍名:『拡張するイメージー人類学とアートの境界なき探究』(亜紀書房, 四六判 404頁)ISBN:978-4-7505-1785-8 ◆刊行日:2023年3月8日 ◆内容紹介 《「イメージ」に何ができるのか? 》ケニアと日本をつなぐ洗...

個別ページへ

村津蘭【書籍】『ギニア湾の悪魔ーキリスト教系新宗教をめぐる情動と憑依の民族誌』

◆著者:村津蘭 ◆出版日:2023年1月31日 ◆出版社:世界思想社 ◆書籍タイトル:『ギニア湾の悪魔ーキリスト教系新宗教をめぐる情動と憑依の民族誌』  (webマガジン「せかいしそう」で、序章冒頭部分を読めます)          ...

個別ページへ

村津蘭【書籍内コラム】「悪魔と妖術師」

2022年7月25日

◆発表者:村津蘭 ◆発表日:2022年7月25日 ◆発表媒体名:ようこそアフリカ世界へ(シリーズ 地域研究のすすめ②)(遠藤 貢・阪本 拓人(編),昭和堂,pp.67) ◆発表タイトル:悪魔と妖術師...

個別ページへ

武内進一【書籍内コラム】「モブツ――冷戦の創造物」

2022年7月25日

◆発表者:武内進一 ◆発表日:2022年7月25日 ◆発表媒体名:ようこそアフリカ世界へ(シリーズ 地域研究のすすめ②)(遠藤 貢・阪本 拓人(編),昭和堂,pp.102) ◆発表タイトル:モブツ――冷戦の創造物...

個別ページへ

出町一恵【書籍内論文】「経済と開発――市場のなかのアフリカ」

2022年7月25日

◆発表者:出町一恵 ◆発表日:2022年7月25日 ◆発表媒体名:ようこそアフリカ世界へ(シリーズ 地域研究のすすめ②)(遠藤 貢・阪本 拓人(編),昭和堂,pp.121-141) ◆発表タイトル:第7章 経済と開発――市場のなかのアフリカ、コラム⑦ 統計がないということ...

個別ページへ

村津蘭【論文】"Inter-religious Demonisation and Its Persuasiveness: The Case of a Newly Emerged Church in Southern Benin"

◆発表者:村津蘭 ◆発行日:2022年6月3日 ◆発表媒体: Journal of Religion in Africa(Brill,Volume 52 Issue: 1-2, pp. 52-79) ◆発表タイトル:"Inter-religious Demonisation an...

個別ページへ

村津蘭【口頭発表】「SNSと呪術、治療ーベナンにおける事例より」

◆発表者:村津蘭 ◆発表日:2022年5月21日 ◆発表場所:日本アフリカ学会第59回学術大会(オンライン) ◆発表タイトル:SNSと呪術、治療ーベナンにおける事例より

個別ページへ

武内進一【論文】「アフリカの平和に向けた日本の政策と実践」

2022年6月

◆発表者:武内進一 ◆発表日:2022年6月 ◆発表媒体:『国際問題』No. 707(2022年7月)(日本国際問題研究所,pp. 5-14) ◆発表タイトル:アフリカの平和に向けた日本の政策と実践 ...

個別ページへ

アーカイブ

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年