• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Eventsイベント

一覧へ
2024年2月21日

第6回日本・南アフリカ大学フォーラム(SAJU6)開催決定

第6回南アフリカ日本大学フォーラム開催が決まりました。 ◆開催日:2024年8月27日〜29日 ◆開催地:ステレンボッシュ大学、南アフリカ 詳しくは、以下のサイトからご覧ください。 【https://www0.sun.ac.za/japancentre/6th-south-africa-japan-university-forum-saju-6/】  Call for Papersがアナウンスされています。(締切り:2024年3月28日) 〜日本・南アフリカ大学フォーラムとは〜 目的:高等教育分野における南アフリカ共和国と日本の間の学術交流・協働の枠組み構築を目的とする。共同研究、学生・教員・研究者交流、学生の共同指導を含む日本と南アフリカの大学・研究者間の学術交流の促進(マッチング)を目指す。 経緯:2007年広島で第1回SAJUフォーラム開催、翌2008年にケープタウンで第2回が開催された。2017年7月に第3回が東京(国際交流館)にて開催された。2019年5月第4回がプレトリア大学にて、従前の学長会議形式に代わり学術セミナー形式で開催された。第5回は、第4回同様に研究発表を中心として「学術セミナー」形式で行われた。 2024年8月27日~29日にステレンボッシュ大学が主催する第6回SAJUフォーラムは、研究・イノベーションにおける複数の機関パートナー間の対話を強化・拡大することを目的としている。このフォーラムは、第5回SAJUフォーラムで発表された、協力関係の深化と拡大に向けたコミットメントを出発点としている。
その他のイベント
第6回日本・南アフリカ大学フォーラム(SAJU6)開催決定
2024年2月14日

アフリカンウィークス2023開催のご報告

本学国際社会学部アフリカ地域専攻の学生が中心となって企画・運営する「アフリカンウィークス」が本年度も開催されました。 本年度の開催は第6弾目となり無事に終了致しました。 こちらから、アフリカンウィークス2023報告書をご覧いただけます。 ◆開催期間:2023年12月11日(月)〜12月22日(金) ◆テーマ:「行き交う、出会う――あなたとアフリカ」 ◆場所:東京外国語大学構内 ◆主催:アフリカンウィークス2023実行委員会 ​◆共催:東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター、学生団体 With Africa これまでの同企画の報告書等はそれぞれ下記よりご覧いただけます。 2017年(第1弾) 2018年(第2弾) 2019年(第3弾) 2020年(第4弾) 2022年(第5弾)
その他のイベント
アフリカンウィークス2023開催のご報告
2024年2月1日(木)15時00分~16時30分(JST)

第88回「ボーダレスな危機連鎖時代の社会とガバナンス」研究会・『西サハラの自決権:難民キャンプからの民族解放闘争』

第88回ASCセミナーは、国際関係研究所/現代アフリカ地域研究センター共催で、「ボーダレスな危機連鎖時代の社会とガバナンス」研究会 を開催します。 TUFS内での対面開催ではありません。ハイブリッド開催ですので遠隔からもご参加いただけます。 東京外国語大学 国際関係研究所/現代アフリカ地域研究センター 共催 「ボーダレスな危機連鎖時代の社会とガバナンス」研究会/第88回ASCセミナー ◆題目: 「西サハラの自決権:難民キャンプからの民族解放闘争」 ◆要旨:1975年以来モロッコの占領下に置かれている西サハラの住民がアルジェリアに作った難民キャンプは、独立派ポリサリオ戦線による解放闘争の拠点として発展してきた。 米国とフランスの後ろ盾を得ているモロッコに対し、独立派は近年「法的闘争」と称して、天然資源に対する恒久主権をテーマにした訴訟を行うことで対抗しており、これは弱小勢力が国際法をどのように味方にして闘うことが可能かを示す事例となっている。 発表では、西サハラにおける難民キャンプの特殊な性格に触れつつ、そこを拠点に展開される解放闘争の現状を考察する。 【報告者】松野 明久 氏(大阪大学 名誉教授) 【コメント】武内 進一 氏(東京外国語大学 教授/ 現代アフリカ地域研究センター センター長) 【司会】片岡 真輝 氏(東京外国語大学 講師) ◆日時:2024年2月1日 木曜日 15時00分~16時30分(90分) ◆場所:ZOOMによるオンライン研究会 ◆参加費:無料  ※事前登録が必要です。こちらからお申し込みください。 登録フォーム https://forms.gle/skHxiwC3pCqAZW626 申し込み〆切:2024年1月29日 (月) 正午 ◆使用言語:日本語 【お問い合わせ先】東京外国語大学 国際関係研究所事務局 Email: iir-office[at]tufs.ac.jp([at] を @ に変えて送信ください) ★上記の情報は現時点のものであり、今後、修正等が入る可能性があります。 最新情報はこちら(http://www.tufs.ac.jp/common/fs/iir/)よりご覧ください。
ASCセミナー
第88回「ボーダレスな危機連鎖時代の社会とガバナンス」研究会・『西サハラの自決権:難民キャンプからの民族解放闘争』
2024年1月16日(火)16時00分~17時30分(JST)

第87回 「ボーダレスな危機連鎖時代の社会とガバナンス」研究会・『リビア紛争と地域・国際情勢の連動:不安定化の要因と今後の展望』

第87回ASCセミナーは、国際関係研究所/現代アフリカ地域研究センター共催で、「ボーダレスな危機連鎖時代の社会とガバナンス」研究会 を開催します。※本企画は2023年度東京外国語大学研究AO研究プロジェクトの支援を受け、実施されています。 TUFS内での対面開催ではありません。ハイブリッド開催ですので遠隔からもご参加いただけます。 題目『リビア紛争と地域・国際情勢の連動:不安定化の要因と今後の展望』 【報告者プロフィール】<小林 周(こばやし あまね) 氏 (日本エネルギー経済研究所 中東研究センター 主任研究員) リビアを中心とした中東・北アフリカ地域の現代政治、国際関係論、エネルギー地政学を専門とする。慶應義塾大学大学院にて修士号・博士号(政策・メディア)取得。米国・戦略国際問題研究所(CSIS)、日本国際問題研究所などを経て、2017年に日本エネルギー経済研究所中東研究センター入所。2021年4月から2023年4月まで在リビア日本大使館にて書記官として勤務。  編著に『アジアからみるコロナと世界』(毎日新聞出版、2022年)、主な共著に『紛争が変える国家』(岩波書店、2020年)、『アフリカ安全保障論入門』(晃洋書房、2019年)など。最近の論考に「変動する国際秩序とアフリカの地域秩序―アフリカは「米中対立」にいかに巻き込まれるのか」『防衛学研究』(2023年3月)、「露ワグネルのアフリカにおける動向:『プリゴジンの反乱』は変化をもたらすか?」」『中東動向分析』22巻4号(2023年7月)など。 【司会】中山裕美(東京外国語大学 大学院総合国際学研究院 准教授) 【討論者】武内進一(東京外国語大学 現代アフリカ地域研究センター センター長) 【講演要旨】 北アフリカのリビアでは、2021年12月に予定されていた大統領・議会選挙が延期され、「1つの国に2つの政府、2人の首相」が併存する事態となった。2023年9月に同国を襲った大洪水は、2011年の「アラブの春」以降の政治的苦境を改めて浮き彫りにした。 リビアの不安定化は地中海を越えて欧州を目指す移民・難民の問題、テロ組織や反政府武装勢力の活動、世界のエネルギー市場に与える影響などから、国際社会を揺さぶってきた。本講演では、リビアにおける政治対立・紛争の要因、周辺国や国際社会への影響について分析し、今後の展望を議論したい。 ◆日時:2024年1月16日(火) 16:00~17:30 (90分)(日本標準時) ◆場所:オンライン(Zoomミーティング)のみの開催 ◆参加費:無料 【事前登録フォーム】事前登録が必要です。こちらからお申し込みください。 登録フォーム https://forms.gle/tqZJPvbj4dnh9tnV7※締切 2024年1月15日 (月) 正午 ◆使用言語:日本語 ◆共催: 東京外国語大学 国際関係研究所、現代アフリカ地域研究センター 【お問い合わせ先】東京外国語大学 国際関係研究所事務局 Email: iir-office[at]tufs.ac.jp([at] を @ に変えて送信ください) 上記の情報は現時点のものであり、今後、修正等が入る可能性があります。最新情報はこちら(http://www.tufs.ac.jp/common/fs/iir/)よりご覧ください。 【ご報告】 第87回ASCセミナー(東京外国語大学国際関係研究所との共催)はオンラインで実施し、約40人が参加しました。 アラブの春を経て今日に至るまでのリビアの情勢について、小林先生の現地でのご体験を交えながらご講演いただきました。 一国二政府・ニ首相状態が解消される見通しや、「グリーン」と呼ばれるカダフィ派の復権の持つ意義、またリビア情勢が周辺国に与える影響などについて質疑応答がなされ、リビア情勢の地域的・国際的インパクトの大きさに気づかされる会となりました。
ASCセミナー
第87回 「ボーダレスな危機連鎖時代の社会とガバナンス」研究会・『リビア紛争と地域・国際情勢の連動:不安定化の要因と今後の展望』

Africa Today今日のアフリカ

一覧へ
2024/02/16/Fri

アフリカの債務危機、一段落か?

 2024年に入って、アフリカ諸国による外貨建て国債の発行が続いている。ルモンド紙は、アフリカ諸国が国際資本市場に戻ってきたと報じている(13日)。  2024年1月末にはコートジボワールが26億ドルを調達し、その直後にベナンが7億5000万ドルを調達した。両国の国債は市場で高い人気を集めた。2月13日には、ケニアが15億ドルの国債募集を開始した。5億ドル規模のサムライ債(円建て債)も発行する。  ゴールドマンサックスの予測では、サブサハラアフリカ諸国の国債発行額は、今年総計で45億ドルに達する見込みである。アフリカ諸国がユーロ債を全く発行できなかった2022~23年と比べて、状況は大きく変わりつつある。この理由としてアナリストは、FRBの利下げが近いと見込まれ投資家が再び新興国市場へ関心を持ち始めたこと、そしてアフリカ諸国の経済再建が進んできたことを挙げている。  最近までの債務危機のなかで、多くのアフリカ諸国がIMFの勧告に従い、経済改革を行って融資を得るようになった。2020~2022年の間、IMFはアフリカ諸国に500億ドルを貸し付けた。これによって財政改革が進み、マクロ経済指標が改善した。  2023年には、アフリカの半分以上の国が世界銀行から過重債務かその危険があると見なされ、債務危機が取り沙汰されていた。しかし、国債資本市場が門戸を開放したことでそのリスクは遠のいたとアナリストは見ている。  楽観的な報道だが、どの程度楽観的になれるかはよくわからない。例えば、2020年にデフォルトに陥ったザンビアの債務再編は、まだ決着していない。今回の変化にしても、米国利子率の動きが大きく影響している。外部要因によって、状況はまた変わるかもしれない。 (武内進一)

News & Activitiesお知らせ・活動記録

WEBマガジン『so-gúd』・『HonNe』にインタビュー記事掲載

2024年2月20日
現代アフリカ地域研究センター センター長・武内教授のインタビュー記事がWEBマガジンに掲載されました。 日本アフリカ学会の資料なども参照でき、アフリカの紛争鉱物の課題と現状について、たいへん興味深い記事になっています。 是非、以下のURLよりご覧ください。 ◆ダイヤモンドを買うと、誰かの血が流れる?【https://exidea.co.jp/so-gud/sdgs/tufs/】 ◆転載記事【https://exidea.co.jp/blog/wedding/marriage/】
お知らせ
WEBマガジン『so-gúd』・『HonNe』にインタビュー記事掲載

アミッシからお便りが届きました

2024年2月15日
2023年度7月に帰国した交換留学生クリステル・アミッシ・ナバブヤさんから、本学での「留学経験とその後」のお便りが届きました。滞在中に日本の学生たちとの交流や日本の文化を楽しむことが出来たようで私たちもうれしいかぎりです。 以下、アミッシからの手紙です。【こちらからPDFでご覧ください】 15th Feb 2024 Ohayo Gozaimasu! I am so amazed to share with you my words of gratitude towards Tokyo University of Foreign Studies for the amazing opportunity of exchange program that been so relevant to me in so many different ways, my gratitude goes to African Studies Center for the amazing support that has been given to me and my other colleagues during my stay in Japan; my sincere gratitude goes to all the sponsor for their wonderful support during my life in Japan. Earlier before leaving Japan, it was in July 2023, the team of Exchange Division Program organized a farewell party for all the international students who successfully enjoyed their stay in Japan; it was an amazing opportunity for me to present a two minutes speech in Japanese. I am also grateful to my Japanese friend Ayumi Kato who was so supportive helping me to proofread the speech attached below: わたしはコンゴ民主共和国(みんしゅきょうわこく)から参(まい)りました、Amissi Nababuya Christelle です。 わたしは2022年(にせんにじゅうにねん)9 月(くがつ)に日本(にほん)にきて、今(いま)は 10 ヶ月(じゅっかげつ)たちました。まず、東京外大(とうきょうがいだい)での学(まな)びは、勉強的(べんきょうてき)にも、社会的(しゃかいてき)にも、文化的(ぶんかてき)にも、わたしにとって素晴(すば)らしい経験(けいけん)でした。 わたしたちは、大学(だいがく)のサポートをいただき、ちがう backgroundを持(も)つ人(ひと)と出会(であ)いました。わたしは楽(たの)しい日本語(にほんご)のクラスにでました。日本語(にほんご)を勉強(べんきょう)して、コミュニケーションを通(とお)して日本文化(にほんぶんか)にとけ込(こ)みました。そしてわたしはラーメン、すし、たこやき...がだいすきです。わたしは旅行(りょこう)して平和(へいわ)な場所(ばしょ)を楽(たの)しみました。日本(にほん)にきて、すばらしい経験(けいけん)をしました。ありがとう! Thank you so much for the valuable and unforgettable moment that we spent together in Japan. Life after TUFS After TUFS, life has been so amazing; despite missing Japan, I am so grateful to have other friends who are Japanese exchange students studying at PIASS. On 30th August,2023, we had good discussion with eight students from TUFS in African Area Studies and PIASS students on a topic concerning the comparison of postwar/post genocide reconstruction in Japan and Rwanda, we shared also on what Japan and Rwanda have in common in building peace and some challenges that they are both facing. We also had calligraphy,writing names in kanji and we had some Japanese craft paper. It was crucial moment that reinforced the relationships between TUFS and PIASS students. We expect for many more joint activities in the near future. Arigatou! we are PIASS, we are TUFS! PEACE IS OUR CULTURE! Amissi Nababuya Christelle
留学生招致
アミッシからお便りが届きました

シャヒード・ヴァウダ先生が帰国しました

2024年1月17日
2023年度秋学期に招へい客員教授として講義を担当してくださったシャヒード・ヴァウダ先生が、任期を終えて帰国されました。 アフリカの文化遺産、特にアフリカの近代遺産に関する批判的研究をされており、外大での授業も大変興味深い講義を行なっていただきました。 (国際社会学部の専門科目・国際協力論2として「Politics of Heritage in Africa(アフリカにおける文化遺産の政治)」をテーマにした授業) 外大での講義だけではなく、ASCセミナーや他大学、1.2年アフリカ専攻の学生のクラスにも登壇していただきました。 また、日本でお目にかかる機会を楽しみにしています! ※2024年1月15日最終講義の様子 ※2024年1月17日ASC前・出発前撮影
研究活動
シャヒード・ヴァウダ先生が帰国しました