• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Eventsイベント

一覧へ
2024年6月24日(月)
13:30-15:30(日本時間)

京都大学にてグロリオズ先生が講演します

2024年6月24日(月)に招へい教授であるグロリオズ先生が京都大学で「Governance and Parks' Management: Participation of Local Communities, Key to a Successful and Sustainable Conservation Program. Case Study of Nyungwe National Park.」と題して講演します。 詳細はこちら:https://www.africa.kyoto-u.ac.jp/archives/info/122nd-kuass-kyoto-university-african-studies-seminar お近くの方は、是非セミナーへ足をお運び下さい。
その他のイベント
京都大学にてグロリオズ先生が講演します
2024年7月4日(木) 17:40~ 19:10 (6限)

第92回"Kru Wage Labour in the Nineteenth Century: Exploring Multidisciplinary Sources"

第92回ASCセミナーは、ジェフリー・ガン氏を迎えます。ジェフリー氏は多様な分野で活躍をされていますが、本セミナーでは、18世紀後半のアフリカの歴史(西アフリカ・イギリスとの賃金労働契約など)についてお話を伺います。 お近くの方は、是非ご参加ください。 ◆題目: "Kru Wage Labour in the Nineteenth Century: Exploring Multidisciplinary Sources" ◆要旨:18世紀後半になると、西アフリカにおいてイギリスは、マラリアや厳しい気候による労働力不足に直面し、現地の労働力をより必要とした。そのためイギリスはクルー海岸(現リベリア)のクルー人と賃金労働契約の実験に意欲的に取り組むようになった。本講演では、クルー人が他のアフリカ人労働者集団の中で独自のアイデンティティを築きながら、英国海軍で果たした重要な役割を探る。 ◆講師: Dr.Jeffrey Gunn(ジェフリー・ガン博士)(Ph.D. York University) https://www.jeffgunnmusic.com/ ジェフリー・ガン博士は歴史家、作家、コンサルタント、ミュージシャンとして多方面で活躍し、歴史、文学、音楽を交差させた仕事をしている。近著『Outsourcing African Labor: Kru Migratory Workers in Global Ports, Estates and Battlefields until the End of the 19th Century 』(De Gruyter, 2021) ◆日時:2024年7月4日(木) 17:40~19:10(日本標準時)/ 8:40~10:10(グリニッジ標準時) ◆場所:対面(東京外国語大学 研究講義棟 100教室)& オンライン(Zoomミーティング) ◆使用言語:英語 ◆参加費:無料 【参加をご希望の方は、こちらより事前にお申し込みください。】もしくはQRコードより事前申し込み願います。 定員:対面30名 ・ オンライン300名 申し込み〆切:2024年7月3日(水)※ 定員に達し次第締め切らせていただきます。 ※ Zoom情報はセミナー当日午前中までに登録メールアドレス宛てにお送りします。 ◆共催:日本アフリカ学会関東支部
ASCセミナー
第92回
6月26日(水)15時~16時30分(日本時間)

第91回 「外大生、サコさんと語る」

今回のASCセミナーは、7人の東京外国語大学生が、日本で初めてアフリカ出身者として学長を務めた京都精華大学の元学長であるウスビ・サコ氏と語るトークイベントを開催します。 外大登壇者はマリ共和国出身のサコ氏と、学びや自由についてといったことから、外国人から見た日本、移民問題、アフリカの建築、通貨に至るまで幅広いトピックについて議論します。 時間:6月26日(水)15時~16時30分(日本時間) 場所:東京外国語大学研究講義棟 101号教室(対面のみ) 入場:無料(6月25日までにこちらからお申込みください。もしくは上記ポスター内QRコードをお使いください。) ※事前登録なしでもご来場可能ですが、ご登録の方を優先させていただきます。 【登壇者】ゲスト:ウスビ・サコ氏 (京都精華大学前学長/人間環境デザインプログラム教授/アフリカ・アジア現代文化研究センター長) マリ共和国生まれ。 京都大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程修了。博士(工学)。専門は空間人類学。「京都の町家再生」「コミュニティ再生」など社会と建築の関係性を様々な角度から調査研究している。暮らしの身近な視点から、多様な価値観を認めあう社会のありかたを提唱している。バンバラ語、英語、フランス語、中国語、関西弁を操るマルチリンガル。主な著書に『「これからの世界」を生きる君に伝えたいこと』(大和書房)、『アフリカ出身 サコ学長、日本を語る』(朝日新聞出版)『ウスビ・サコの「まだ、空気読めません」』(世界思想社)など。 【東京外国語大学学生】(氏名・学年・関心ごと紹介) 山本貴仁 氏【アフリカ地域専攻3年】国際金融論、西アフリカ共通通貨、ガーナへ今夏より留学 武藤幸 氏【アフリカ地域専攻4年】トゥアレグ、国境、周縁性、文化人類学、モロッコとセネガルに留学経験、サハラ砂漠の遊牧民研究 小森まな 氏【アフリカ地域専攻4年】生態人類学、建築、映像、てしごと 平山絢理 氏【アフリカ地域専攻3年】紛争解決論、ソーシャルビジネス、ルワンダへ今夏より留学 花田京弥 氏【英語専攻4年】哲学(自由論) 宍戸真生 氏【フランス語専攻4年】国際関係論、紛争、移民・難民問題、パリでの留学経験・アフリカ出身難民のフランス語通訳経験 村山希風 氏【国際日本学部2年】日本語、現代日本文学 共催:東京外国語大学フィールドサイエンスコモンズ(TUFiSCo)、現代アフリカ地域研究センター、アジア・アフリカ言語文化研究所基幹研究(人類学) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー この日、ASCセミナーの後場所を変えて、TUFS Cinema アフリカドキュメンタリー映画上映会『交差する声』もございます。 こちらにウスビ・サコ氏は続けて登壇されますので、ぜひご参加ください。 TUFS Cinema アフリカドキュメンタリー映画上映会『交差する声』 日時:2024年 6月 26日(水)17:20開映(17:00開場、20:20終了予定 ) 会場:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール 【プログラム】 映画『交差する声』本編上映(123分) 上映後解説/トーク ウスビ・サコ(京都精華大学 教授/前学長) 司会 村津 蘭(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 助教)
ASCセミナー
第91回 「外大生、サコさんと語る」

Africa Today今日のアフリカ

一覧へ
2024/06/23/Sun

ニジェール、仏企業へのウラニウム開発許可取り消し

 ニジェールの軍事政権は、20日、フランスのオラノ社(旧アレヴァ社)に対して、イムラレン(Imouraren)ウラニウム鉱山の開発許可を取り消すと通告した。開発許可は2009年に与えられたもので、ニジェール側は、開発は「遅くとも2011年1月に開始されるべきものだった」と述べている。操業開始の遅れに業を煮やして、許可を取り消したという主張である(6月21日付ルモンド)。  ニジェールは重要なウラニウム生産国のひとつである。世界最大のウラニウム生産国はカザフスタンで、カナダ、オーストラリア、ナミビア、ロシアなどがそれに続く。ニジェールは、ここ10年で見ると、世界総生産量の2~5%程度を占めている。  軍事政権の措置が、フランスとの外交関係悪化を背景になされたことは明らかだ。昨年7月末のクーデタで誕生した軍事政権は、昨年末にはフランス軍を撤収させ、フランス大使を追放した。加えて、原発の増加などに伴うウラニウム需要の高まりから、今年に入ってウラニウム相場が上昇している。3月18日、軍事政権はオラノ社に対して、イムラレン鉱山の採掘を3ヶ月以内に始めるよう厳命する督促書を発出していた。  オラノ社は1970年以来ニジェールで操業しているが、現在この国でウラニウム生産を行っているのは、アルリット(Arlit)鉱山だけである。フランスとの関係悪化を背景に、アルリットの開発許可も取り上げられるのではないかと、関係者は危惧している(6月21日付ルモンド)。  ニジェール軍事政権がイランとの間でウラニウム取引の交渉を進めていると指摘される。2023年10月には、ニジェール外相がテヘランを訪問してイラン外相と面会し、1月にはニジェールのラミヌ・ゼイン首相がライシ大統領と面会した。イランによるロシアへの武器提供の代償として、ロシアがイランとニジェールとの仲介をしたと報じられている(5月10日付ルモンド)。  ニジェール軍事政権は、発足以来一貫して、西側から離れ、政治的、経済的主権を強調してきた。ウラニウムや石油などの豊富な鉱物資源が、この政策を支えている。西側企業に対する強硬な姿勢には、自国の資源への正当な対価を得てこなかったという感情が読み取れる。しかし、新たに接近するロシアやイランがそれ以上の対価を提供するのかは、全くわからない。  (武内進一)

News & Activitiesお知らせ・活動記録

村津蘭助教が日本アフリカ学会研究奨励賞を受賞しました

センター教員の村津蘭助教の著書『ギニア湾の悪魔―キリスト教系新宗教をめぐる情動と憑依の民族誌』(世界思想社、2023年1月)が、日本アフリカ学会研究奨励賞を受賞しました。第19回(公財)国際宗教研究所賞受賞に続く快挙です。 日本アフリカ学会研究奨励賞は、日本におけるアフリカ研究の発展に貢献した研究に与えられる栄誉ある賞です。5月18日に大阪大学外国語学部(箕面市)で開催された表彰式で、同学会会長を務める武内進一センター長から賞状などが授与されました。 受賞作の講評など、詳細は日本アフリカ学会のウエブサイトをご覧下さい。
お知らせ
村津蘭助教が日本アフリカ学会研究奨励賞を受賞しました

Report on my stay in Japan ISEP

2023年9月26日~2024年2月29日
ガーナ大学より2023年9月から2024年2月まで本学に留学していたRosemond BOAKYE-TETTEHさんが、留学していた半年間についてのエッセイを書いてくれました。ぜひ一読ください!(Iafpより転載記事) Report on my stay in Japan ISEP Boakye-Tetteh Rosemond is my name. I studied and stayed at Tokyo University of Foreign Studies [TUFS], Japan as an exchange student under ISEP- [International Student Exchange Program] during Fall semester from 23rd September 2023 to February 28th, 2024. From the University of Ghana [Legon, Accra]. My experience as a foreign exchange student in Japan was an enriching journey that expanded my horizons, challenged my perspectives, and fostered deep connections with a vibrant culture. Over the course of my studies and stay, I had the privilege of immersing myself in the Japanese way of life, navigating through its bustling cities, embracing its traditions, and forming lasting friendships.This report aims to provide an in-depth analysis of my experiences living in Japan, with a focus on memorable events, personal growth, and problems encountered. Additionally, it highlights my academic pursuits during my time as a foreign exchange student at Tokyo University of Foreign Studies [TUFS]. Two days after my arrival in Japan, I took this photo. You'll be astounded at the backstory of this image. I made the decision to go shopping and explore Tokyo as soon as I arrived. A woman I encountered in Fuchu -Miyachi begged me to let her outfit me in a traditional Japanese kimono so she could take pictures of me for her shop's advertisement as there isn't an African person wearing a kimono there. I was little apprehensive at first because I was surprised by this. I then said, "Let's do it." My heart melted at the woman's joy and happiness that my consent offered her. My life in Japan may be divided into two parts. For the major part as a student, my time in Japan provided me with invaluable opportunities for academic growth and cross-cultural exchange. As part of my program some of the courses included Japanese language, International Protection of Refugees [IPR], Aging and Public Policies in Contemporary Japan Society, Japanese Intellectual History among Middle Eastern Culture, American Racism through literature. During the weekends and on vacations, I engaged in a range of activities. Here is a photo of me doing a presentation on the popular traditional meal fufu from Ghana during a Japanese language class. Gaining proficiency in Japanese as a foreign language allowed me to get access to an unparalleled cultural universe and facilitated my learning of other East Asian languages, including the fundamentals of Chinese and Vietnamese. Because of its quirks, the Japanese language is full of harmony, vigor, and respect and is also very easy to grasp.Since I found learning the language to be a little difficult during my time there, learning Japanese required additional study and effort. Hopefully, I will visit Japan specifically to study the language. I took this photo in my aging and public policies in modern Japanese culture lecture after a presentation on dementia. I appreciated Dr. Yan Zi's lectures. She was good at coordinating with us students and provided us all the chance to participate to the policies our country has for the elderly. She also encouraged government and private donations to address the aging population. Her warm demeanor made me want to attend her classes every time. I happened to be the first student from Africa, she has taught. I'll always be reminded of these. My desire to work with the UNHCR was sparked by my lectures on the international protection of refugees, as I had previously had limited understanding and unfavorable prejudices about them. I completed a research assignment on the education of refugee children, using South Sudan as my case study, as required by the course. My interest in South Sudan has increased as a result of studying International Protection of Refugees. I had no idea how asylum seekers are decided in Japan and other countries, or even what constitutes a refugee under the 1951 Geneva Convention. My perspective has been expanded and my curiosity piqued by this course, and I am eager to pursue internships with refugee organizations in the future.On the cultural side of my studies, I wrote a research work on the role of the thinkers of Bakumatsu in Japan's modernization during the intellectual period history 1853-1868. I came across numerous powerful Socrates, Platos, and Aristotle's from Japan. Given that these intellectuals are responsible for Japan's advancements and enduring cultural legacy. Japanese culture is unique. ◾️Academic Experience Attending classes alongside Japanese students and other international students not only enhanced my language skills but also broadened my understanding of different educational systems and teaching methodologies. Collaborative projects and discussions allowed me to gain fresh perspectives on global issues and develop lifelong friendships with classmates from diverse backgrounds.Let's talk some fun memories. I used to be the indoor type until I got to Tokyo. From the moment I set foot in Japan, I was captivated by the richness of its culture. Whether it was participating in traditional tea ceremonies, which was somewhat regular gathering for my dormitory that is international residence dorm one, exploring historic temples and shrines, where I journeyed Kamakura Temple, the cultural history of the temple or indulging in the culinary delights of sushi and ramen, every experience was a window into the heart of Japan. I was particularly struck by the meticulous attention to detail evident in every aspect of daily life, from the graceful movements of a kimono-clad geisha to the intricately manicured gardens of Kyoto.I went to Vietnam for winter vacation and was greeted with a whole new and diverse culture, cuisine, and atmosphere. I also attended an English camp in Iwai and had a great time; I wish I could post pictures here, but I'm not allowed to.Below are few pictures I can share. We made the decision to travel to Odaiba, home of a replica of the US statue of Liberty is located, in honor of a friend's birthday. It's a pleasant location to go. This picture was taken at Vinh Yen- Khai Quang, a historic site. This was a visit to Kamakura temple. The rich history of the great Budda. I love Japanese culture. A friend like no other. ◾️Challenges and Adaptation While my experience in Japan was overwhelmingly positive, it was not without its challenges. Adapting to a new language, customs, and social norms required patience and perseverance. At times, I felt overwhelmed by the cultural differences and the pressure to assimilate. However, with the support from Student Exchange Division, lecturers, and fellow exchange students, I gradually found my footing and embraced the journey of self-discover. ◾️Personal Growth Living abroad as a foreign exchange student pushed me out of my comfort zone and encouraged me to embrace uncertainty. Through moments of cultural exchange, language barriers, and exploration, I gained a deeper appreciation for diversity and the interconnectedness of our world.I emerged from my time in Japan with a newfound sense of resilience, empathy, and open-mindedness that continues to shape my perspective on life. ◾️Conclusion My experience as a foreign exchange student in Japan was a transformative chapter in my life, filled with unforgettable memories, meaningful connections, and invaluable lessons. Immersed in the beauty of Japan's culture and the warmth of its people, I grew not only as a student but as a global citizen. As I bid farewell to Japan, I carry with me a profound gratitude for the experiences that have shaped me and a deep longing to return to the Land of the Rising Sun someday. Arigatou gozaimasu, Japan, for welcoming me with open arms and leaving an indelible mark on my heart. A big thank you to my Dr. Kwame Adum-Kyeremeh, Head of History Department [University of Ghana], Madam Rosemary Tagoe Coordinator Study Abroad Office;[University of Ghana], Dr.Chihiro and MsYuko from IAfP, Student Exchange Division a big thank you all for your assistance, Toyota Ghana for their sponsorship, JASSO and the administration lastly to all my friends, I am forever indebted.
留学生招致
Report on my stay in Japan ISEP

現代アフリカ教育研究支援基金(ASC留学基金)へのご協力のお願い

当センターは、研究と教育を通じて、アフリカと日本の相互理解を深めることを目指して活動を行っています。 教育面で私たちが重視してきたのは、日本人学生のアフリカ派遣とアフリカ人留学生受入れの双方を拡大することです。 アフリカ人留学生は旅費に対する資金援助がなければ事実上来日できないため、企業のご支援やクラウドファンディングといった方法で、その確保に努めてきました。幸い2020年からは「大学の世界展開力強化事業(アフリカ)」に採択され、留学生受入れ人数を大幅に増やすことができました。 アフリカ人留学生の増加は、本学にはもちろんのこと、広く社会にポジティブな影響を与えてきました。アフリカの大学との間で双方向の交流が可能になったのは、本学学生にとって素晴らしいことでした。加えて、来日したアフリカ人留学生には高校や市民団体などとの交流を深める機会が多くありました。留学生の存在を通じて、大学だけでなく、広く日本社会が裨益したのです。 しかし私たちは今、厳しい現実に直面しています。留学生を通じた交流の経済的支柱であった「大学の世界展開力強化事業(アフリカ)」 が今年度をもって終了し、その後の資金特にアフリカからの留学生の受入れに必要な予算が確保できていないのです。加えて、今後、留学生に提供されてきた日本学生支援機構(JASSO)奨学金の減少が予想され、アフリカ人留学生受入れの継続が危ぶまれています。 私たちはこの危機を乗り越えて、継続して学生交流が行えるよう「現代アフリカ教育研究支援基金」(略称:ASC留学基金)へのご寄付を呼びかけます。基金は、まずもってアフリカ人留学生の受入れのために活用させていただきます。ご理解の上、よろしくご支援いただければ幸甚です。一口の金額は特に設けておりませんが、お問い合わせなどありましたら、お気軽に現代アフリカ地域研究センターまでご連絡ください。なお、大口のご寄付をいただいた皆様のお名前や協力企業名は、ご希望に応じて当センターのホームページで紹介させていただきます。 支援に際してご確認したいことなどもあろうかと存じます。個人、団体にかかわらず、どうぞお気軽に現代アフリカ地域研究センターまでお問い合わせください。 2024年5月現代アフリカ地域研究センター・センター長武内進一tel. 042-330-5540 協力企業名については、当センターの留学生招致のページで紹介させていただいております。 当センターの留学生招致の取り組みについて
お知らせ
現代アフリカ教育研究支援基金(ASC留学基金)へのご協力のお願い

【学内限定】アフリカ留学報告会&説明会

2024年6月21日(金) 17:40-19:10
東京外国語大学 大学の世界展開力強化事業が、2024年6月21日(金)にアフリカ留学報告会&説明会を実施します。 留学報告として、2023年10月から約半年ガーナ大学に留学した久我桃子さん(アフリカ専攻)に留学体験談をお話いただく予定です。アフリカから本学に留学中の交換留学生や、アフリカの大学での交換留学経験者にも声をかけていますので、興味がある大学の出身者や留学経験者と話をする機会としてもご活用ください。 当日はアフリカ地域専攻の大石先生、坂井先生、当センターの武内先生、展開力アフリカの神代先生も参加する予定です。アフリカ留学についてざっくばらんにお話しましょう!TUFS学生のみなさんのご来場をお待ちしています。 【アフリカ留学報告会&説明会】 日時:2024年6月21日(金) 17:40-19:10場所:研究講義棟103対象:アフリカ留学に興味がある学部生・院生応募方法:下記フォームから事前登録https://bit.ly/ryugaku240621(当日の飛び込み参加(学生のみ)も可) 内容が更新されている場合がありますので、最新情報は【こちら世界展開力強化事業のサイト】より情報をご確認願います。 安全冊子LINK:https://www.tufs.ac.jp/iafp/booklet/
お知らせ
【学内限定】アフリカ留学報告会&説明会