• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Africa Today今日のアフリカ

今日のアフリカ

2017年12月

コンゴ民主共和国

2017/12/27/Wed

Le Potentiel紙によれば、25日夜、北キヴ州ルベロにあるカビラ大統領の邸宅が放火された。東部コンゴの武装勢力マイマイの仕業で、民衆のうんざりした気分を示すものとのコメントあり。カビラ大統領は2016年12月で任期が切れており、2017年内に選挙を実施するとした2016年12月31日の合意も履行されず、現在では2018年12月に選挙が予定されている。今回の放火は、政権側による選挙の意図的な引き伸ばしに対する抗議と解釈されている。

個別ページへ

カメルーン

2017/12/24/Sun

クライエ・エドゥClaye Edou監督による長編アニメーション『ミンガと壊れた匙』がドゥアラとヤウンデで公開中。同作品はカメルーンの民話に基づく、完全に国産のアニメ。50人のスタッフで3年をかけ、2500万CFAフラン(500万円弱)のコストで制作した(ルモンド)

個別ページへ

南スーダン

2017/12/24/Sun

2013年12月以降継続する内戦を受けて、21日からIGAD主導の和平協議がアジスアベバで開催され、停戦合意が24日署名された。しかし、その数時間後、政府とSPLA-IOは停戦違反があったとして相互に相手を非難(ルモンド)

個別ページへ

マリ

2017/12/24/Sun

24日、2012年にクーデタのためセネガルに亡命したトゥーレ(Amadou Toumani Toure)前大統領がバマコに帰国。同氏は、ケイタ現大統領が派遣した大統領専用機に乗って帰還した(RFI)

個別ページへ

コンゴ共和国

2017/12/23/Sat

23日、プール州キンカラにおいて、政府とNtumi司教率いる反乱軍とが停戦協定を締結。これは三選禁止規定を廃止する憲法改正問題を機に2016年4月に勃発した反乱に関する停戦協定だが、同地域では1990年代の紛争の影響で治安の不安定化が長く続いている(ルモンドなど)

個別ページへ

ガーナ

2017/12/22/Fri

12月18日の野口英世記念会の発表によると、野口英世が使用した顕微鏡や野口の遺体の解剖を記録したノートの存在がガーナで確認された。いずれも行方不明となっていた。野口英世記念会職員が同国を訪問し調査した結果、日本大使館の倉庫や野口記念医学研究所(ガーナ大)の金庫にあることが確認された(朝日)

個別ページへ

コンゴ民主共和国

2017/12/22/Fri

20日、人権団体のFIDHがカサイの騒乱についての報告書を刊行。2016年8月に政府が慣習的権威「カムウィナ・ンサプ」を殺害したことで、同権威に服する人々が同じ名前を名乗って蜂起した。このルバ人主体の反乱に対して、政府は鎮圧のため軍、警察を投入するとともに、近隣のペンデ、チョクウェ、テテラといった民族から民兵を組織させ、ルバ人に無差別暴行を加えた。カビラ政権は、選挙を引き延ばすために意図的に治安の不安定を創り出している(ルモンド)

個別ページへ

南アフリカ

2017/12/22/Fri

21日、南ア中銀は、同機関の民間資本部分を購入するというANCの提案を批判。同提案は、ラマポサ新総裁が選出された20日の党大会で承認されていた。その際、政府が補償なしで土地を接収するとの決議も採択された。これらはもともとドゥラミニ・ズマ候補の主張であり、同候補陣営は選挙に敗れたものの政策を通すことに成功したと評価されている(FT)

個別ページへ

コンゴ民主共和国

2017/12/22/Fri

22日の報道によれば、米国財務省はイスラエル出身の実業家ダン・ゲルトラーDan Gertler氏を、コンゴ民主共和国における不正な鉱物資源取引を通じて数億ドルを得たことを理由として制裁対象者リストに加えた。ゲルトラー氏との取引を通じて、コンゴ政府は2010~12年の間だけで13億6千万ドルの歳入を失ったという。ゲルトラー氏の取引は、カビラ大統領を利するものだったと米国財務省は見ている(FT)

個別ページへ

南スーダン

2017/12/22/Fri

12月18日からアディスアベバで開催されていたハイレベルの和平協議で、紛争当事者らが敵対行為停止に合意し署名を交わした。他方、参加が噂されたマシャール前第一副大統領がキール大統領同様に不参加となったことなどからコミットメントを疑問視する声もある(STなど)

個別ページへ