• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Newsお知らせ

一覧へ
2019年7月13日(土)13:00~18:00

シンポジウム「日本のアフリカ研究を総覧する」(TICAD7パートナー事業・7月13日)開催のお知らせ

日本のアフリカ研究には、様々な分野で世界に誇るべき実績があります。では、アフリカのどこで、誰が、どんな研究をしているのでしょうか?シンポジウム「日本のアフリカ研究を総覧する」は、TICAD7でアフリカが注目される機会をとらえて、そんな疑問に少しでも答えようと企画されました。7月13日(土)の午後、ご自身も著名なアフリカ研究者である山極壽一京都大学総長の講演、12の大学・研究機関によるアフリカ研究の取り組み紹介、そしてアフリカ研究者と実務家によるパネルディスカッションを行います。 詳しくはチラシをご覧ください。また、プログラムの詳細は本ウェブサイトやSNSで随時アップデートしていきます。 皆さん、ふるってご参加ください。 【5/22追記】弘前大学も登壇してくださることになりましたので、ポスターを改訂いたしました。 TICAD7パートナー事業シンポジウム「日本のアフリカ研究を総覧する Landscape of African Studies in Japan」 ◆日時:2019年7月13日(土)13:00〜18:00 ◆会場:上智大学四谷キャンパス10号館講堂 ◆プログラム: 挨拶・趣旨説明基調講演:山極壽一京都大学総長   日本のアフリカ研究機関による研究活動の紹介 秋田大学、九州大学、京都大学、国立民族学博物館、 上智大学、筑波大学、東京大学、東京医科歯科大学、 東京外国語大学、長崎大学、弘前大学 日本貿易振興機構アジア経済研究所、北海道大学総括ディスカッション    「SDGsの時代におけるアフリカ研究」  パネリスト:日本アフリカ学会、        日本・アフリカ大学連携ネットワーク、        外務省、JICA、        アフリカ日本協議会、豊田通商 ◆参加費無料・参加登録不要 ◆主催:京都大学アフリカ地域研究資料センター、上智大学アジア文化研究所、東京大学アフリカ地域研究センター、東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター ◆後援:日本アフリカ学会、日本・アフリカ大学連携ネットワーク ◆問い合わせ先:上智大学アジア文化研究所(i-asiancsophia.ac.jp)
シンポジウム「日本のアフリカ研究を総覧する」(TICAD7パートナー事業・7月13日)開催のお知らせ
2019年6月1日(土)14:00~15:30

大石講師が、人と犬のつきあい方に関する特別講座で講演します

大石高典講師が、2019年6月1日(土)に行なわれる、わんダフルネイチャーヴィレッジの特別講座「犬から見た人との共生、犬の動物行動学」で講演します。 カメルーンの狩猟採集民バカ・ピグミーについて長年、調査をしており、バカ・ピグミーと犬との関わりについても研究している大石講師が、帝京科学大学アニマルサイエンス学科の薮田慎司教授とともに、世界各地の犬の生活、人との関係を写真や映像を交えながら紹介します。 お申し込みは電話、FAX、WEBにて受け付けております。わんダフルネイチャーヴィレッジ会員の方は2019年4月1日(月)より、一般の方は2019年4月8日(月)より、受け付け開始です。詳しいお申し込み方法はペー下部をご覧ください。 ◆わんダフルネイチャーヴィレッジ特別講座「犬から見た人との共生、犬の動物行動学」 ◆日時:2019年6月1日(土)14:00~15:30 ◆場所:わんダフルネイチャーヴィレッジ内「森の公会堂」*アクセスはこちらよりご覧ください(東京サマーランドのバス停から園内シャトルバスで5分)。 ◆講師:大石高典(東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター・講師)、薮田慎司(帝京科学大学アニマルサイエンス学科・教授) ◆受講料:無料*ただし、わんダフルネイチャーヴィレッジ入園料(おとな800円/人、こども400円/人、犬800円/頭)が必要となります。 ◆定員:50名 ◆お申し込み受付開始日:会員の方 2019年4月1日(月)、一般の方 2019年4月8日(月) ◆お申し込み方法:①お電話の場合042-558-5861までお電話ください。 ②FAXの場合こちらより受講申込書をダウンロードのうえ、必要事項をご記入いただき、042-559-2703へご送信ください。 ③WEBの場合まだ、WEBからの予約はできません(2019年4月2日現在)が、こちらよりご予約可能になる予定です。 ◆コーディネーター:川原晋(首都大学東京都市環境学部・教授)、保坂哲朗(広島大学大学院国際協力研究科・准教授) ◆協力:勉誠出版株式会社 ◆共催:わんダフルネイチャーヴィレッジ、首都大学東京オープンユニバーシティ、東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター、帝京科学大学フィールドミュージアムOPEN AIR LAB
大石講師が、人と犬のつきあい方に関する特別講座で講演します
2019年5月20日(月)15:00~17:00

ハンプワイエ博士が京都大学のセミナーで講演します

当センターの客員教授として日本に滞在中のゴドフリー・ハンプワイエ博士が、京都大学のセミナーで講演します。これは、京都大学アフリカ地域研究資料センターと当センターが共同主催して不定期に開催している京大-東京外大アフリカ研究交流セミナー(KU-TUFSセミナー)の第10回となります。 本セミナーでは、ハンプワイエ博士がザンビアの実例を取り上げながら、都市・都市周辺農業(UPA)の重要性を考察します。 ◆講演者:ゴドフリー・ハンプワイエ博士     (現代アフリカ地域研究センター・客員教授/ザンビア大学自然科学部地理・環境学科・上級講師 ◆演 題:Significance, and Institutional Support to Urban and Peri-Urban Agriculture in Africa: Evidence from Zambia ◆要 旨:Urban and Peri-Urban Agriculture (UPA) has a long history in Africa. It predates the independence of most African countries. Given the social and economic conditions in many African cities, UPA has become one of the anti-poverty tools for the urban poor. However, this activity has not been receiving the required support from, especially government institutions; both at local and central government levels. This presentation therefore delves into the importance and constraints of UPA in four Zambian cities of Kabwe, Kitwe, Lusaka and Ndola considering the economic restructuring the country underwent in the 1990s. ◆日時:2019年5月20日(月)15:00~17:00 ◆場所:京都大学稲盛財団記念館3階セミナー室(318号室) ◆使用言語:英語 ◆参加費:無料 ◆事前申し込み:不要(どなたでも参加できます) ◆共同主催:京都大学アフリカ地域研究資料センター、東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター
ハンプワイエ博士が京都大学のセミナーで講演します
2019年4月25日(木)17:40~19:10

中国-ザンビア関係を考察するセミナーを開催します

現代アフリカ地域研究センターでは、日本アフリカ学会関東支部との共催で第33 回ASC セミナーを開催します。講師を務めるのはゴドフリー・ハンプワイエ博士。同博士はザンビア大学自然科学学部地理・環境学科の上級講師で、現在、当センターの客員教授として日本に滞在中です。 中国は、ザンビアを含むアフリカ各国の独立や発展を支援してきました。しかし1990 年代後半以降、中国の経済活動が活発化するなかで、ザンビアでは反中感情の高まりが観察されるようになりました。ハンプワイエ博士は、なぜ中国の企業が暴力的な抗議デモの標的にされるのかを考察します。 ◆講演者:ゴドフリー・ハンプワイエ博士    (現代アフリカ地域研究センター・客員教授/ザンビア大学自然科学部地理・環境学科・上級講師) ◆演 題:China Zambia Relations: What Went Wrong, When and Why? ◆要 旨:China's engagement with Africa and other developing countries has a long history. China supported many countries in Africa to fight for their political freedom from the colonisers. Similarly, Zambia received the same kind of support from China before her independence in 1964. After independence, the good relations with China continued but now became more political and focused on development assistance. This culminated in the building of Tanzania Zambia Railway in the mid-1970s. However, in the late 1990s, the kind of relation between the two countries became more economic as China invested in privatised mines and other sectors following the economic restructuring programmes undertaken by Zambia. Consequently, there have been a number of anti-Chinese sentiments by the Zambia public, especially opposition politicians, and those employed in Chinese owned companies on account of poor working conditions, low salaries and poor safety measures. This has often resulted into violent protests. The presentation will interrogate, among others, why Chinese companies have been targeted. ◆日時:2019年4月25日(木)17:40~19:10 ◆場所:東京外国語大学研究講義棟105教室 ◆使用言語:英語 ◆参加費:無料 ◆事前申し込み:不要(どなたでも参加できます) ◆共催:東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター、日本アフリカ学会関東支部
中国-ザンビア関係を考察するセミナーを開催します

Africa Today今日のアフリカ

一覧へ
2019/05/14/Tue

中国の2つのサミット

4月25~27日に第2回一帯一路サミットが北京で開催された。ルモンド紙によれば、アフリカ54か国のうち同サミットに参加しなかったのは15か国だけだったという(5月8日付)。債務の罠との指摘があるが、ルモンド紙の中国専門コラムニスト(Sébastien Le Belzic)は、中国はアフリカ債務のかなりの部分を減免していると述べている。2000年~2018年に、72件の債務(総額22億ドル)が、ザンビア、ガーナ、スーダン、ジンバブウェなど約30か国で帳消しにされたという。 同紙によれば、一帯一路サミットの1週間後、第2回中国アフリカ軍事サミットが開催され、アフリカ45か国から軍の代表などが参加した。最初の軍事サミット開催が2018年6月だから、2年足らずのうちに第2回を開催したことになる。アフリカからの参加者は、人民解放軍の施設を見学するため天津、北京などの都市を訪問した。 中国が意図的にアフリカを債務の罠に引き摺り込んでいるというのは単純な見方だが、中国が善意だけでアフリカ外交を行っているわけでもない。軍事サミットは、中国のアフリカ外交が軍事面も重視していることを物語る。中国はアフリカのPKOでも重要なプレイヤーになっているが、アフリカの軍との関係強化や武器の売却もサミットの重要な目的になっている。

Activities活動記録

一覧へ

シュクル、府中市くらやみ祭に参加する

2019年5月4日(土・祝)
2019年5月4日、ご寄附者のひとりで府中市在住の中野一孝さんにご招待いただき、シュクルはロドリグとゴドフリー・ハンプワイエ博士と共に府中市のくらやみ祭に参加しました。お祭り体験に関する詳しい記事はこちらをご覧ください。 シュクルはこれまでに学んだ日本語で中野さんたちと話しながら、お祭りの雰囲気を楽しんでくれました。本人による体験記をご覧ください。 展示されていたおみこしの前で Kurayami Festival took place May 3rd to 5th, 2019 at Tokyo, Fuchu City. I attended the festival on May 4 on the second day of the festival. I was with Icishatse Elie Rodrigue from Burundi and Godfrey Hampwaye from Zambia. Also, I was together with three Japanese, Midorikawa-san from African Studies Center - TUFS and Nakano-san together with his sister. Before we went to the shrine, were given the costumes for the festival by Nakano-san for free and it was a gift too. At first, we went to the shrine for sightseeing and see how people pray. On the road goes to shrine, there were a lot of street shops, where people sold different things especially food staff and many people were buying. It was so crowded. After we came from the shrine, we waited around two hours for the main event to take place, which was kind of parade. There were different groups which were doing different drum performances. The main purpose of drum performance was to purify the roads where the portable shrines are carried. The different groups were having different drum melody, dressing code in term of color and dance. It was really nice to see and hear the different melodies from different groups. Also apart from Japanese people, there were other foreigners who come to see the festival and there was someone from city hall in charge of the foreign tourists who was explaining about the festival in English. I like how they provided the Brochures in English to help the foreigners to understand about the Kurayami Festival. The most thing I like is the idea of taking gods from the shrine for one night rest. It was new to me but at the same time surprising as a foreigner. In general, the Kurayami Festival was a really nice experience for me. In the essence of learning about Japanese traditional culture. Again, I like how the young Japanese participated in the festival, this showed me that even if this Kurayami Festival is an old traditional practice of Japanese but still in this modern days is still very important to Japanese people regardless the age. I really, I appreciate how the old Japanese people integrated the Japenese Youth in performing the different rituals in this festival and shows that there is long sustainability for Kurayami Festival. This is good to keep for the country's history.I would like to finish this report by thanking everyone who contributed something so that I was able to attend the Kurayami Festival. Especially thanks to Nakano-san for his invitation and support. It was a great moment for me in term of learning but at the same time having fun.
招へい研究者・留学生
シュクル、府中市くらやみ祭に参加する

ゴドフリーさん、府中市くらやみ祭に参加する

2019年5月4日(土・祝)
2019年5月4日、シュクルとロドリグの支援者のひとりである中野一孝さんにご招待いただき、府中市のくらやみ祭に参加しました。詳細についてはこちらからご覧いただけます。 ゴドフリーさんは初めての日本のお祭りを体験し、いろいろなものに興味津々で楽しんでくれました。以下、ゴドフリーさんによる感想になります。 長身のゴドフリーさんは烏帽子をかぶってさらに長身になり、人々の注目の的でした The Kurayami Festival event took place from 3rd to 5th May 2019 at Fuchu in Tokyo. Shukulu Murekatete, Elie Rodrigue Icishatse and I were privileged to be invited to attend this festival on Saturday, the 4th of May 2019 with the facilitation of Ms. Natsuko Midorikawa. Upon arrival at Fuchu, we were warmly received by a Mr. Nakano and later his sister also joined. Mr. Nakano dressed us in the rightful attire for the event. We then proceeded to the main arena; the main Shrine where we paid homage. The second activity that followed was witnessing the sounding of huge drums which as we were made to understand was meant to purify the roads in readiness for the passage of portable shrines. Later in the evening, we participated in pulling one of the carriages, and this attracted many on lookers who wondered in the first place how Africans could be dressed in that manner, and secondly how we would even be evolved in pulling a carriage. Our presence as foreign visitors at the festival was also noticed by one of the organizers from the municipality who took time to explain to us the significance of the festival. She was happy that we participated in the event and took some pictures with us, and promised to upload them on their website. Eventually, we left the festival in the night around 09.00 PM after being treated to a sumptuous meal by Mr. Nakano. I would like to conclude by stating that this festival was an exciting event in terms of cultural diversity across the world and will keep the attire which was given to us. It was indeed a Saturday well spent. Furthermore, I would like to thank Natsuko Midorikawa and Mr. Nakano for the wonderful hospitality at the festival.
招へい研究者・留学生
ゴドフリーさん、府中市くらやみ祭に参加する

ロシア科学アカデミーの若手研究者が来訪

2019年5月13日(月)
ロシア科学アカデミーアフリカ研究所の博士過程に在籍するアシヤ・ハリトヴァさんがセンターを訪問しました。 アフリカにおけるフランスの政策をテーマに博士論文を執筆中で、ギニア映画の変遷にも関心をもつアシヤさんはプライベートで来日し、日本で暮らすアフリカ研究者との交流を希望して当センターを訪れました。松波特任研究員、ザンビアから招へい中のハンプワイエ博士、そして本学の博士過程学生であるウガンダ出身のイアン・カルシガリラ氏、シエラレオネ出身のエマニュエル・カロン氏と幅広いトピックにおいて意見を交わしました。
センターの活動
ロシア科学アカデミーの若手研究者が来訪

井上直美【ポリシー・ブリーフ】「技術でアフリカの社会課題解決に貢献する――どのように現地ニーズに応じて技術を最適なものに変化させるか」

◆発表者:井上直美 ◆発行日:2019年5月13日 ◆発表媒体:『アジ研ポリシー・ブリーフ No.127』(アジア経済研究所) ◆発表タイトル:技術でアフリカの社会課題解決に貢献する――どのように現地ニーズに応じて技術を最適なものに変化させるか ◆概要: 日本企業がその技術でアフリカにおける社会課題の解決に貢献するには、保有する技術を現地ニーズに応じて最適なものに変化させる対応力が求められる。 現地ニーズ把握のためには国連機関とのパートナーシップが有効。日本の政府関係機関の支援が果たす役割は大きい。
研究成果