• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Newsお知らせ

一覧へ
2019年12月20日(金) 18:00~

マダガスカルの音楽のルーツをたどるロードムービー

2019年12月20日(金)に、TUFS Cinemaでロードムービー『ギターマダガスカル』を上映します。 本作は、世界的に著名な現地のミュージシャンたちがマダガスカル音楽のルーツをたどる旅を追ったロードムービーです。上映後には、マダガスカルが好きで本作の制作に着手したという亀井岳監督、写真家の堀内孝氏、そしてマダガスカルもフィールドとする言語学者である本学の箕浦信勝准教授によるトークショーを行います。 入場は無料、お申し込みは不要(定員501名)ですが、ご入場は先着順となります。 ◆日時:2019年12月20日(金) 18:00上映開始(開場17:30) ◆場所:東京外国語大学アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール ◆プログラム:⦿映画『ギターマダガスカル』本編上映 ⦿トーク- 亀井 岳 (『ギターマダガスカル』制作監督)- 堀内 孝 (写真家)- 箕浦 信勝 (東京外国語大学大学院総合国際学研究院)- 司会:深澤 秀夫 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所) ◆スタッフ&キャスト: 監督・脚本 亀井岳撮影監督 古木洋平編集 橋本健太郎出演 トミノ、ババ、テタ、デ・ガリ、ミカ ほか ◆あらすじ: 奇跡の島で奏でられる、死者と生者をつなぐ音楽─ 知られざるルーツに迫る未踏のロードムービー インド洋に浮かぶ"奇跡の島"マダガスカル。固有の生態系と文化を持つこの島では、雄大な自然と人、そして先祖との霊的な交流のなかで独自の伝統が紡がれてきた。そんなマダガスカルで生まれた音楽には、聴く者を魅了する豊かなメロディと、島での日常に根ざした特別なグルーヴ感が溢れている。この映画は、トミノ、ババ、テタ、デ・ガリといった世界的にも著名な現地ミュージシャンたちが、マダガスカル音楽のルーツを辿るロードムービー。ある者は壊れた楽器を携え故郷を目指し、ある者は死者と対話する儀式からインスピレーションを得る...。異なる故郷をルーツに持つ4人の旅に導かれた物語は、やがて私たち日本人がまったく知らなかったマダガスカルを、そして彼らの驚くべき死生観をも浮かび上がらせる。 2014/日本/マダガスカル語/カラー/HD/106分/製作・配給・宣伝:FLYING IMAGE ◆主催:東京外国語大学TUFS Cinema ◆後援:東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター ◆協力:東京外国語大学多言語多文化共生センター
マダガスカルの音楽のルーツをたどるロードムービー
2019年12月5日(木) 17:40~19:10

コンゴ盆地におけるブッシュミートとエボラの問題を考察するセミナー

現代アフリカ地域研究センターでは、日本アフリカ学会関東支部、アフリカンウィークス2019実行委員会との共催で第44回ASCセミナーを開催します。今回、お招きするのは、 ニューヨーク・ブロンクス動物園に本部を置く国際野生生物保全NGO、Wildlife Conservation Society(WCS)に所属する西原智昭博士。 長年、コンゴ共和国を拠点に自然保護の研究と実践に従事する西原博士が、ブッシュミート(野生動物の肉)食を通して「食文化」とは何かを論じます。また、「エボラ・ウイルスは野生動物を介して広がる」という仮説に基づいて、エボラとの関わり方をブッシュミート問題と共に考察します。 ◆演題:アフリカ・コンゴ盆地におけるブッシュミートとエボラの問題〜食文化と森林・野生生物保全との観点から議論する ◆講演者:西原 智昭 博士     (WCS国際野生生物保全協会・自然環境保全研究員) ◆要旨:アフリカ・コンゴ盆地の熱帯林地域に住む地域住民・先住民族の主要タンパク源は、古来より野生動物の獣肉(ブッシュミート)である。野生生物の保護を主張する多くの団体は、そうしたアフリカ人の食習慣を「野蛮」で「残酷」と称し誹謗の対象としてきた。しかしながら、昔ながらの生業としてのブッシュミート食と商業として発達したブッシュミート・ビジネスとは区別しなければならない。「食文化」とは何かを見直す必要があると同時に、ブッシュミート・ビジネスを加速化した根本的な要因をも見逃してはならない。一方、2019年7月にWHOにより「緊急事態宣言」の対象となったエボラ出血熱は、同じコンゴ盆地の森林地帯を起点にこれまで何度か発生してきた。現在の有力な仮説では、エボラはそのウイルスと共生する野生動物をもとに広がり、その抗体を持たない人間を含む動物が死に至るとされている。野生動物を食するコンゴ盆地の住人にとっては、エボラは食の安全保障の問題とも関わってくる。致死率が高くいまやこの地域の外にもウイルスが広まる可能性のある今、人類はエボラ・ウイルスとどう関わっていくのか、ブッシュミート問題とともに考察したい。 ◆日時:2019年12月5日(木) 17:40~19:10 ◆場所: 東京外国語大学 研究講義棟104教室 ◆使用言語:日本語 ◆参加費:無料 ◆事前申し込み:不要(どなたでも参加できます) ◆共催:日本アフリカ学会関東支部、アフリカンウィークス2019実行委員会
コンゴ盆地におけるブッシュミートとエボラの問題を考察するセミナー
2019年11月29日(金) 17:00~19:30

ルワンダの大学からの留学生との交流会を行います

2019年11月29日(金)に、ルワンダにあるプロテスタント人文・社会科学大学(PIASS)から来ている交換留学生、ヘレン・アリネトゥ・ミカンダさんとオクタブ・ガヒルウェ・カベラさんとの交流会を開催します。2人が日本で学ぶ夢を実現する手助けをしてくださった、クラウドファンディングのご寄附者の皆さんへ報告を行うためです。同時に、日本人学生や日本で学ぶ他の留学生たちがお互いの国や地域について直接、学びあえる機会にもしていただきたいと思っています。 ◆現代アフリカ地域研究センター クラウドファンディング・プロジェクト「紛争を乗り越えて。ルワンダの大学から日本へ留学生を招こう」達成企画 ルワンダ留学生交流会2019 ◆日時:2019年11月29日(金) 17:00~19:30 ◆場所: 東京外国語大学府中キャンパス ◆言語:日本語・英語(通訳あり) ◆プログラム: 《第一部》(於 研究講義棟107教室) 17:00 - 17:05 第一部開会の挨拶(武内進一センター長) 17:05 - 17:15 PIASS への留学経験を持つ日本人学生による留学体験談(飯野真子、梅津知花<東京外国語大学3 年>) 17:15 - 17:25 日本での留学生活について(オクタブ・ガヒルウェ・カベラ<PIASS>) 17:25 - 17:35  日本での留学生活について(ヘレン・アリネトゥ・ミカンダ<PIASS>) 17:35 - 17:45 質疑応答 17:45 - 17:50 第一部閉会の挨拶(佐々木和之<PIASS 上級講師>) 17:50 - 17:55 フォトセッション ≪第二部≫(於 アゴラ・グローバル1階カフェスペース) 18:00 - 18:05 第二部開会の挨拶(松隈潤副学長) 18:05 - 19:30 フリートーク ※途中、昨年度のPIASSからの留学生、ロドリグとシュクルからのメッセージを紹介します。 アフリカに関心のある学生の皆さん、日本で学ぶアフリカ出身の留学生の皆さん、交流会に興味がありましたら、当センターまでメール(africanstudies-centertufs.ac.jp)でご連絡ください。
ルワンダの大学からの留学生との交流会を行います
2019年11月19日(火)14:00~18:00

招へい者が京都大学のセミナーで報告します

2019年11月19日(火)に、当センターで招へい中のAmanor教授とTeshome博士、武内センター長が京都大学との共同セミナーで報告します。これは、京都大学アフリカ地域研究資料センターと当センターが共同主催して不定期に開催している京大-東京外大アフリカ研究交流セミナー(KU-TUFSセミナー)の第12回となります。 本セミナーでは「Consequences of Land Tenure Reform in Africa」と題し、土地保有権改革がもたらしたアフリカへの影響について、武内進一センター長がルワンダ、Teshome Emana博士がエチオピア、Kojo Amanor教授がガーナ、そして京都大学の大山修一准教授がザンビアのそれぞれの事例を報告し、考察します。 各報告の要旨はページ最下部でご覧いただけます。 ◆テーマ:Consequences of Land Tenure Reform in Africa ◆日時:2019年11月19日(火)14:00~18:00 ◆プログラム:14:00~14:45 Shinichi Takeuchi (Tokyo University of Foreign Studies / IDE-JETRO)        "Consequences of the Land Tenure Reform: The Case of Rwanda" 14:45~15:30 Teshome Emana (Addis Ababa University / Tokyo University of Foreign Studies)        "Urban Land Deal, Competing Perceptions, and Actors' Network in the Suburbs of Addis Ababa City, Ethiopia" 15:30~15:45 Break 15:45~16:30 Kojo Amanor (University of Ghana / Tokyo University of Foreign Studies)        "Community, State and Chiefs: Administrative Land Reform and Commodification in Ghana" 16:30~17:15 Shuichi Oyama (Kyoto University)        "The Chief 's Authority and Local Beneficiaries in the Customary Land under the Land-market Reform of 1995 Land Act in Zambia" 17:15~18:00 General Discussion ◆場所:京都大学稲盛財団記念館3階セミナー室(318号室) ◆使用言語:英語 ◆参加費:無料 ◆事前申し込み:不要(どなたでも参加できます) ◆共同主催:京都大学アフリカ地域研究資料センター、東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター
招へい者が京都大学のセミナーで報告します

Africa Today今日のアフリカ

一覧へ
2019/11/18/Mon

コンゴ東部の治安問題とチセケディ大統領の政権基盤

フランス国際放送(RFI)は、15日夜、コンゴ民主共和国東部ベニ近郊で14人の民間人が殺害されたと報じた(16日)。この地域では近年、民間人が何者かに虐殺される事件が多発しており、コンゴ政府や国連は、もともとウガンダの反政府武装勢力であったADF(Allied Democratic Force)の仕業とみて、ここ数か月は大規模な掃討作戦を進めていた。今回の事件は、これに対する報復とみられる。ADFによる治安悪化は、この地域でエボラの蔓延が収まらない原因の一つともなっており、コンゴ政府も国際社会も危機感を深めている。12日には、フランスで開催された平和フォーラムに参加したチセケディ大統領と会談したマクロン仏大統領は、コンゴ東部の武装勢力に対してフランスが軍事的支援を行うことを確約した(13日付ルモンド)。  この間チセケディは、積極的な外交を展開している。国内基盤が脆弱なチセケディにとって、外交は自らの政権基盤を強化するための重要なツールである。今年1月の就任以来、訪問国はすでに20か国に達したという。これにより、上述のフランスの支援や4年ぶりとなるIMFからの融資を引き出す成果はあった。一方、11月中旬には117人を連れてウガンダを訪問したとのことで、予算を浪費しているとの批判もある。コンゴの人権NGOのLuchaは10月、「共和国移動大統領フェリックス・チセケディは、本日コンゴ民主共和国を公式訪問した」と皮肉った。国内の問題にもっと目を向け、国内各地域を訪問してほしいという声は支持者内からも高まっている(11日付ルモンド)。  中央および各州の議会や行政がカビラ前大統領に近い勢力で占められている現在、チセケディ自身のパフォーマンスを発揮できる場は国内に乏しい。とはいえ、外遊を繰り返すだけでは、国内の支持者さえ離れてしまう可能性がある。政権基盤の弱い大統領のジレンマである。

Activities活動記録

一覧へ

大石高典【書籍】『アフリカで学ぶ文化人類学』

◆編著:松本 尚之、佐川 徹、石田 慎一郎、大石 高典、橋本 栄莉 ◆刊行日:2019年11月25日 ◆書籍名:アフリカで学ぶ文化人類学(昭和堂) ◆目次: [序 章]民族誌を読む、アフリカで学ぶ      (石田慎一郎・橋本栄莉・佐川徹・大石高典・松本尚之) [第1章]環境と生業      -変動する自然を生きる(大石高典) [第2章]経済と社会      -経済を人類の地平で見るとはいかなる試みか(佐久間寛) [第3章]都市と移民      -移動から世界を問い直す(松本尚之) [第4章]親族と結婚      -「家族」という怪物(橋本栄莉) [第5章]法と政治      -争論の民族誌から法の人類学へ(石田慎一郎) [第6章]民族と国民      -柔軟な関係性と付加型のアイデンテイティ(佐川徹) [第7章]神話と宗教      -世界の秘密を解き明かす知と技法(橋本栄莉) [第8章]歴史と同時代性      -ロ頭伝承研究と歴史叙述のフロンティア(中尾世治) [第9章]呪術と科学      -科学が進歩しても、呪術はなくならない?(梅屋 潔) [第10章]難民と日常性      -異郷の地で生きるための想像/創造力(内藤直樹・佐川 徹) [第11章]開発と支援      -実践と研究のフィールドワーク(関谷雄一)
研究成果
大石高典【書籍】『アフリカで学ぶ文化人類学』

駐日マラウイ公使来訪

2019年11月13日
2019年11月13日、在日マラウイ大使館よりベントレー・ナマサス駐日公使がお越しになり、南部アフリカ開発共同体(SADC)大使によるリレー講義で講師を務められた後、当センターを訪問されました。公使は、同講義における学生の積極性を評価され、来年のリレー講義への抱負を述べられるなどしたのち、武内センター長と、両国の交流に関する意見交換を行いました。
センターの活動
駐日マラウイ公使来訪

第43回ASCセミナー「アフリカを読み解く鍵~日本に何が出来るか~」岡村 善文 氏特命全権大使(アフリカ開発会議<TICAD>担当、国連安保理改革担当、人権担当兼国際平和貢献担当)、政府代表(平和と安定に関する国際協力担当)

本セミナーでは、岡村善文TICAD担当特命全権大使にお話しいただきました。岡村大使は、駐コートジボワール特命全権大使、アフリカ部長、国連次席大使など、アフリカに関する豊富なご経験をお持ちです。講演では、アフリカが直面する課題を大きく整理した後、紛争問題に焦点を絞り、日本の新たな政策NAPSA(New Approach for the Peace and Stability in Africa)について説明してくださいました。 NAPSAは、ムベキ元南ア大統領やオバサンジョ元ナイジェリア大統領など5人のアフリカの賢人政治家を日本に招き、岡村大使を中心とするチームが対話を重ねつつ取りまとめたものです。NAPSAは、具体的に7分野での取組みを進めようとしています。すなわち、①国民統合、②ローカルオーナーシップとリーダーシップ、③制度構築、④農民と市民、⑤伝統的な価値と体系、⑥反テロリズム・組織犯罪、⑦経済政策で、これらは人道援助のような即効性はないものの、紛争解決に不可欠な根源的要因です。NAPSAは、こうした問題に対応するためのアフリカ諸国の取組みを日本が率先して支援する姿勢を打ち出したものと言えます。 英語での講演だったため、会場には本学のアフリカ人留学生が多数参加し、講演終了後も大使と熱心に議論する姿が見られました。
ASCセミナー
第43回ASCセミナー「アフリカを読み解く鍵~日本に何が出来るか~」岡村 善文 氏特命全権大使(アフリカ開発会議<TICAD>担当、国連安保理改革担当、人権担当兼国際平和貢献担当)、政府代表(平和と安定に関する国際協力担当)

駐日マダガスカル王国大使館臨時代理大使来訪

2019年11月6日(水)
2019年11月6日(水)、駐日マダガスカル王国大使館よりゾ・ランドリアンジャフィ臨時代理大使 (公使参事官)とハリス・ヴェロニク・トゥトゥザフィ文化経済参事官が当学にお越しになり、南部アフリカ開発共同体(SADC)大使によるリレー講義で講師を務められた後、当センターを訪問されました。 武内センター長は当学がアフリカ研究に長い歴史を持つこと、マダガスカル研究者もいることを説明。12月20日(金)にはTUFS Cinemaで『ギターマダガスカル』が上映されることを伝えると、ランドリアンジャフィ臨時代理大使は大変、関心を持っていらっしゃいました。
センターの活動
駐日マダガスカル王国大使館臨時代理大使来訪