• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Eventsイベント

一覧へ
2021年9月7&10日
18:00 - 19:30(JST)

第61回「書籍刊行記念セミナー African Land Reform under Economic Liberalisation: States, Chiefs, and Rural Communities(武内進一編、Springer)」

10月に書籍African Land Reform under Economic Liberalisation: States, Chiefs, and Rural Communities(武内進一編、Springer)が刊行されます。第61回ASCセミナーでは同書の出版直前企画として、執筆者が各章の解説をするとともに、書籍全体を通じての気づきを議論します。 ❖演 題:書籍刊行記念セミナー African Land Reform under Economic Liberalisation:States, Chiefs, and Rural Communities(武内進一編、Springer) ❖日 時:2021年9月7日(火)&10日(金) 18:00 - 19:30(JST)/9:00 - 10:30(GMT) ❖場 所:Zoomでのオンライン開催 ❖使用言語:英語 ❖参加費:無料 ❖参加をご希望の方はこちらより事前にお申し込みください。定員:300名。申し込み〆切:2021年9月5日(日)。定員に達ししだい締め切らせていただきます。Zoom情報は9月6日(月)に登録メールアドレス宛てにお送りします。どちらかの日程のみの参加でも構いません。 ❖共催:日本アフリカ学会関東支部、科研費 基盤研究(B)「アフリカ農村部における資源管理と政治権力」(課題番号:18H03439)、科研費 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))「アフリカの農村資源管理と国家―ガーナとルワンダの比較研究」(課題番号:19KK0031) ❖プログラム: 1日目 2021年9月7日(火) 18:00 - 19:30(JST)/9:00 - 10:30(GMT) 武内 進一(東京外国語大学/アジア経済研究所)Introduction: Drastic rural changes in the age of land reform コジョ・アマノール(ガーナ大学)Land administration, chiefs, and governance in Ghana 網中 昭世(アジア経済研究所)Politics of land resource management in Mozambique ピーター・ナー(ガーナ大学)Traversing state, agribusinesses, and farmers' land discourse in Kenyan commercial intensive agriculture 2日目 2021年9月10日(月) 18:00 - 19:30(JST)/9:00 - 10:30(GMT) ホーマン・チトンゲ(ケープタウン大学)'We owned this land before the state was established': The state, traditional authorities, and land policy in Africa 佐藤 千鶴子(アジア経済研究所)Land tenure reform in three former settler colonies in southern Africa テショメ・イマナ(アディスアベバ大学)Post-Cold War Ethiopian land policy and state power in land commercialisation 武内 進一(東京外国語大学/アジア経済研究所)Land law reform and complex state-building process in Rwanda 【書籍情報】 ◆タイトル:African Land Reform Under Economic Liberalisation: States, Chiefs, and Rural Communities ◆発行元:Springer ◆発行日:2021年10月(予定) ◆発行媒体:ハードカバー(¥7,149)、ソフトカバー(¥5,719)、オンライン(オープンアクセス) 詳細はこちらよりどうぞ。 【報 告】 第61回セミナーは、予定通り9月7日・10日の2日間にわたりオンラインで開催され、7日の参加者は最大で50人、10日の参加者は最大で35人でした。 7日に、編者の武内から書籍全体についての説明が行われた後、執筆者それぞれが各章について発表しました。両日とも、セミナーの後に、日本のアフリカ研究者やアフリカからの参加者を交えた活発なディスカッションが行われました。
第61回「書籍刊行記念セミナー African Land Reform under Economic Liberalisation: States, Chiefs, and Rural Communities(武内進一編、Springer)」
2021年7月20日(火)
17:40~19:10(JST)

第60回「The Fallist Movements' Antecedents and Legacies: Political Change and Transitional Justice in Post-Apartheid South Africa」

現代アフリカ地域研究センターでは、日本アフリカ学会関東支部との共催で第60回ASCセミナーを開催します。スピーカーは、当センターで現在招へい中で、日本・アフリカ関係がご専門のスカーレット・コーネリッセン氏です。 2015~2016年、南アフリカ各地の大学で起きた「ローズ・マスト・フォール」等の学生運動。本セミナーでは、これらの運動発生につながったアパルトヘイト撤廃後の南アフリカ情勢を考察します。 ◆講演者:スカーレット・コーネリッセン氏     (ステレンボッシュ大学政治学科・教授、現代アフリカ地域研究センター・客員教授) ◆演題:The Fallist Movements' Antecedents and Legacies: Political Change and Transitional Justice in Post-Apartheid South Africa ◆要旨:In 2016, uprisings across South African university campuses, such as the #RhodesMustFall and #FeesMustFall protests, were largely interpreted in relation to the sets of demands they featured, that is as student-led movements for equitable access to education and for the general reform of the university system. There were elements to the Fallist movements, however - the call for substantive racial transformation and 'internal decolonisation' amongst others - that suggested that the movements represented a broader push for systemic political change. What drove this and what does it imply for the path that lies ahead for South Africa? This talk deals with this question by reflecting on the power-share arrangements and political configurations that arose out of the negotiated settlement of the 1990s and gave constitutive form to the country over the past 27 years. A central theme is that the recent social movements must be read as episodes in a long era of political transition. The movements not only reflect dissonance with the consensus that was forged with apartheid's demise, but are expressions of deeper-lying fragmentation. Yet what are the costs of upending the choices that were made 27 years ago, particularly considering the debates regarding post-apartheid justice that framed those choices? ◆日時:2021年7月20日(火) 17:40~19:10(JST) ◆場所:Zoomでのオンライン開催 ◆使用言語:英語 ◆参加費:無料 ◆参加をご希望の方は、こちらより事前にお申し込みください。定員:300名。申し込み〆切:2021年7月18日(日)。定員に達ししだい締め切らせていただきます。Zoom情報は7月19日(月・祝)に登録メールアドレス宛てにお送りします。 ◆共催:現代アフリカ地域研究センター、日本アフリカ学会関東支部 【報告】 セミナーは予定通りオンラインで開催され、参加者は最大で48人でした。 南アフリカにおける「Must Fall」運動に関するスカーレット氏の発表の後、日本のアフリカ研究者やアフリカからの参加者を交えた活発なディスカッションが行われました。
第60回「The Fallist Movements' Antecedents and Legacies: Political Change and Transitional Justice in Post-Apartheid South Africa」
2021年7月16日(金)
19:00~20:30(JST)

第59回「合評会:村橋 勲 著『南スーダンの独立・内戦・難民 希望と絶望のあいだ』(昭和堂、2021年)」

このたび、現代アフリカ地域研究センターとNPO法人FENICS、日本アフリカ学会関東支部の共催、また日本文化人類学会次世代ワーキング・グループの協力によってFENICSサロン×ASCセミナーを開催する運びとなりました。 FENICSサロンはフィールドワーカーの活動を発信する機会、ASCセミナーは現代アフリカ地域研究センターが、現代アフリカの諸問題に関する研究の拠点として現代アフリカに関わる研究・教育活動の促進とネットワークの構築のために開催している機会です。そして文化人類学会次世代支援WGは今期、コロナ禍でフィールドワークに行けない若手研究者にエールを送るべく「フィールドに行けない人類学(者)」シンポジウムを企画しており、本サロン/セミナーも活動の関連事業として位置づけています。 本セミナーでは、当センターの村橋勲特任研究員が、2021年2月に発表した単著『南スーダンの独立・内戦・難民 希望と絶望のあいだ』について解説します。 長い内戦の後、新しい国家の誕生とともに期待の膨らんだ南スーダンをフィールドにした著者。だが、間もなく新たなコンフリクトが次々と生じ、人類学者が調査のために滞在できる状態ではなくなった。自らもウガンダへ退避した経験* をし、フィールドの人々も隣国へ難民として逃げ出すことになった。その後、彼らを追って、ケニアやウガンダの難民キャンプに赴くことになる。調査開始時に想像していた民族誌の世界とは異なる、他国で「難民」になる人々の生活を描くことになった。 2021年2月、博士論文をもとに発表された本書について、ご本人からご紹介いただき、二人のフィールドの異なるコメンテーターも迎え参加者とともに議論したい。著者はアカデミアだけでなく、報道カメラマンとしての経歴ももつ。着眼点、フットワーク、追い続けるエネルギー。このコロナ禍、著者の切り開いてきた道筋に、刺激され力を得る若手研究者も多いはずである。 *FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ6巻『マスメディアとフィールドワーカー』(古今書院)に書かれている。 合評会:村橋 勲 著『南スーダンの独立・内戦・難民 希望と絶望のあいだ』(昭和堂、2021年) 司会:椎野 若菜 氏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・准教授)挨拶:武内 進一 氏(東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター・センター長) 講演者:村橋 勲 氏(東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター・特任研究員) コメンテーター:久保 忠行 氏(大妻女子大学比較文化学部・准教授)        村尾 るみこ 氏(総合地球環境学研究所・研究員) ◆日 時:2021年7月16日(金)19:00~20:30(JST) ◆場 所:Zoomでのオンライン開催 ◆使用言語:日本語 ◆参加費:無料 ◆参加をご希望の方は、こちらより事前にお申し込みください。定員:300名。申し込み〆切:2021年7月14日(水)。定員に達ししだい締め切らせていただきます。Zoom情報は7月15日(木)に登録メールアドレス宛てにお送りします。 ◆共催:NPO法人FENICS、東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター、日本アフリカ学会関東支部 ◆協力:日本文化人類学会次世代支援WG =================== 【報告】 セミナーは定刻通り開催され、参加者は77人でした。村橋氏自身の発表に続き、コメンテーター久保氏と村尾氏よりそれぞれ異なる視点から指摘があり、活発な議論となりました。
第59回「合評会:村橋 勲 著『南スーダンの独立・内戦・難民 希望と絶望のあいだ』(昭和堂、2021年)」
2021年7月21日(水)
9:30~11:30

第9回BLMセミナー「#MeTooとBLM」

東京外国語大学では、「Black Lives Matter 運動から学ぶこと―多⽂化共⽣、サステイナビリティについて考えるために―」と題し連続セミナーを開催しています。 第9回目のテーマは #MeTooとBLMです。 ◆講演者・講演タイトル: 小田原琳(大学院総合国際学研究院・准教授)「BLMと# Me Too」 BLM運動の実践者たちが人種とジェンダー、セクシュアリティ、階級と交差した問題提起(インターセクショナリティ)に細心の注意を払っていることは、意外に知られていません。講演では、BLMの共同創始者であるアリシア・ガーザ氏とパトリース・カラーズ氏の著作を軸に、私たちが問われていることを考えます。 大鳥由香子(世界言語社会教育センター・講師)「アメリカ社会における黒人の身体 女性と子どもを中心に」 アメリカ社会の黒人女性は、人種とジェンダー双方の差別に直面してきた存在です。講演では、10代の時にレイプで妊娠した子どもを殺害したことで服役し、刑務所内での教育を経て、歴史学者、活動家としての道を歩んでいる黒人女性ミシェル・ジョーンズ氏を取り上げ、黒人女性が歴史的な差別にどのように向き合ってきたのかを紹介します。 高内悠貴(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校歴史学部・博士課程) ◆日時:2021年7月21日(水)9:30~11:30※この回は米国とつなぐため、開催時間が通常と異なりますのでご注意ください。 ◆場所:Zoomでのオンライン開催 ◆使用言語:日本語 ◆参加費:無料 ◆事前申し込み:必要(本学学生優先。先着受付順。)こちらより事前のお申し込みをお願いいたします(7月19日(月)正午(日本時間)〆切)。※今回の事前登録フォームでは、第6回~9回の全4回分についてご登録いただくことが可能ですが、一度登録すると、直近の登録締めきり日を過ぎるまで、同じメールアドレスで追加登録ができませんのでご注意ください。※各回の登録締めきり後、一定期間、開催準備のためご登録停止期間を設けます。その間は登録いただけないことがございますので、どうぞご了承ください。 ◆共催:東京外国語大学多文化共生研究創生WG、現代アフリカ地域研究センター ◆問い合わせ先:BLM-seminartufs.ac.jp(連続セミナー担当)
第9回BLMセミナー「#MeTooとBLM」

Africa Today今日のアフリカ

一覧へ
2021/09/18/Sat

エチオピアにAGOA適用除外の可能性

 17日、アメリカのバイデン政権は、アフリカの角地域に対する制裁措置に関する行政命令を発出した。これにより、エチオピア政府、エリトリア政府、TPLF、アムハラ地方政府を対象にエチオピア紛争に責任を負う者への制裁措置が発動される。  同日付ファイナンシャルタイムズ(FT)によれば、この制裁措置によって、エチオピアが「アフリカ成長機会法」(AGOA)から排除される可能性が高まった。AGOAは米国の国内法で、適格と認められたサブサハラアフリカ諸国で生産された幅広い製品に、無関税での対米輸出を認めている。対象となる製品は7,000品目近くに上るが、とりわけ衣料品への効果が大きいことが指摘されている。一方、適格と認められるためには、市場経済化政策や法の支配、民主化や人権尊重などの政策を履行することが求められる(詳しくは、福西隆弘「開発政策としての優遇アクセスの成果と課題----マダガスカルに対する経済制裁を例に」『アフリカレポート』2013年を参照)。  エチオピアは2000年のAGOA成立以来適用を受けているが、この枠組みを利用して対米輸出を大きく伸ばしてきた。2020年にはAGOAの枠組みで2億4500万ドルの輸出がなされ、対米総輸出の40%以上を占めた。  先月末、米通商代表のキャサリン・タイは、アビィ・エチオピア首相の通商経済アドバイザーのマモ・ミレトゥ(Mamo Mihretu)とビデオ会談した際、エチオピア紛争に伴う人道問題について問題提起を行い、対応がなされなければチオピアをAGOAの適用対象から除外する可能性について言及した。そうした事態になれば、繊維、皮革産業を中心にエチオピアが大打撃を受けることは確実である。FT紙は、Calvin Klein やTommy Hilfigerといった、エチオピアから原材料を調達する西側企業も影響を受けると予測している。  マモはFT紙の取材に答えて、AGOAによって数万人の雇用が製造業部門に創出されており、その8割は若い女性だとして、AGOAから排除されればこれらの女性が雇用を失うと述べている。  AGOAは米国の国内法であるから、米国の一存で優遇措置を停止し、エチオピアに甚大な打撃を与えることができる。しかし、それがアビィ政権をティグライ紛争の終結に向かわせるかどうかは、全く不透明である。この内戦がアビィ政権にとって存亡の危機に関わることを考えれば、その見込みはむしろ小さいのではないだろうか。

News & Activitiesお知らせ・活動記録

コーネリッセン教授が帰国しました

2021年9月1日
2021年5月より客員教授として招へいしておりましたステレンボッシュ大学のスカーレット・コーネリッセン教授が2021年9月1日に日本を発ちました。元々は9月末まで日本に滞在する予定でしたが、母校と母国の状況が芳しくないため滞在期間を1か月間、短縮することとなりました。 コーネリッセン教授には、国際社会学部国際関係コースの専門科目として「Japan and its international cooperation with Africa」を、大学院総合国際学研究院では「Asia-Africa Relations」をテーマにそれぞれ授業を受け持っていただきました。コロナ禍で来日時期を遅らせざるをえず、4~5月は南アフリカから、または隔離期間中の滞在先から、オンラインで授業を行ってくださいました。ご自身の授業以外でも、センター教員の担当授業でゲスト講師をしたり、大学の世界展開力事業(アフリカ)のプログラムに協力していただいたり、本学の教育に多大に貢献していただきました。 来日経験が豊富で、武内センター長とも旧知の仲であるコーネリッセン教授は、多くの日本人アフリカ研究者ともつながりをもっており、今回の滞日中もカンファレンスに呼ばれるなど精力的に活躍されていました。11月に開催予定の当センター設立5周年記念シンポジウムでもご登壇いただきますし、今後も当センターの活動、日本のアフリカ研究に関わり続けていただくことは間違いありません。
コーネリッセン教授が帰国しました

クウェク・アンピア客員教授が着任しました

2021年9月1日
コーネリッセン教授と入れ違いで、リーズ大学のクウェク・アンピア客員教授が本日、着任しました。アンピア教授はガーナにルーツをお持ちで、長年、日本研究、特に日本の政治経済の研究を行ってらっしゃいます。国際基督教大学で学士号を取得しており、滞日経験も豊富で日本食も大好きでらっしゃいます。 本日から1月末までの5か月間、客員教授として本学の教育、研究にご尽力いただきます。教育面では、10月より始まる秋学期に国際社会学部国際関係コースの専門科目と大学院総合国際学研究院の科目の授業を受け持っていただきます。この他にも、ASCセミナーでの講演や11月に開催予定の当センター設立5周年記念シンポジウムでの報告も行っていただく予定です。 コーネリッセン教授同様に、アンピア教授も来日後14日間の隔離期間を経て8月下旬にようやく対面できました。元々は2020年度に招へい予定でしたがコロナ禍で断念。現在もまだまだ大変な状況が続いていますが、そのような中で来日していただけたことに感謝いたします。
クウェク・アンピア客員教授が着任しました

留学促進ミュージックビデオにジャスタスとアンリが出演

北海道大学アフリカルサカオフィス/日本留学海外拠点連携推進事業が製作した、サブサハラ地域から日本への留学促進を目的とするミュージックビデオに、PIASSから交換留学で来ていたジャスタスとアンリが出演しました。 企画の詳細については大学の世界展開力事業(アフリカ)の公式ウェブサイト内のこちらからご覧ください。
活動記録