• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Eventsイベント

一覧へ
2023年3月6、7日

UG-TUFS共同セミナー2023(ガーナ大学と東京外国語大学の共同セミナー)

開催概要 主題:State and Rural Resource Management in Africa(アフリカにおける国家と農村資源管理) 開催日:2023年3月6日(月)、7日(火) 会場:ガーナ大学アフリカ研究所(レゴン・キャンパス) プレミーティング 日時: 第1回 2022年7月22日(金) 9:00~10:30(協定世界時)/18:00~19:30(日本標準時) 第2回 2022年12月16日(金) 9:00~10:30(協定世界時)/18:00~19:30(日本標準時) 会場:オンライン(非公開) 主催者挨拶 東京外国語大学現代アフリカ地域研究センターは、アフリカ諸国の研究・教育機関との学術ネットワークを構築・強化するためさまざまな取り組みを行ってきました。共同セミナーは、その重要な一環です。2018年にはプレトリア大学(南アフリカ)との、2020年にはプロテスタント人文社会科学大学(ルワンダ)との共同セミナーを開催しました。そして2023年3月には、ガーナ大学アフリカ研究所との共同セミナーを予定しています。 今回の共同セミナーには3つの目的があります。第一に、さまざまな国の研究者と意見を交わし、研究成果の発表を促進することです。アフリカ農村における資源管理は、長年私たちが重点を置いてきたトピックです。共同セミナーで発表されたペーパーの一部は、『ASC-TUFS Working Papers』シリーズに収録されます。また、武内進一(編)『African Land Reform Under Economic Liberalisation: States, Chiefs, and Rural Communities』(Springer、2022年)などの書籍の刊行にもつながっています。 第二の目的は、学術ネットワークの強化です。プレトリア大学との共同セミナーでは6カ国から22名の研究者が、プロテスタント人文・社会科学大学との共同セミナーでは8カ国から24名の研究者が参加しました。これまでに構築した学術ネットワークを通じて、豊かで多様な成果が生まれています。 第三に、若手研究者の育成です。プレトリア大学での第一回共同セミナーより、私たちは博士後期課程の大学院生やポスドク研究者を数多く招いて、口頭発表やディスカッション、論文投稿の機会を提供してきました。 ガーナでの共同セミナーの主要テーマは、アフリカにおける国家と農村資源管理です。私たちの研究関心の核となるのは、農村資源管理のダイナミクスとアフリカ各国での比較研究です。近年のアフリカ政治経済の変容と発展を考慮すれば、このテーマは極めて重要です。ただし、共同セミナーでの発表はこのテーマに限定しません。 次回の共同セミナーが参加者全員にとって有益な議論とネットワーク構築の場となり、よい研究成果につながれば幸甚です。 東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター・センター長武内進一 参加者所属機関(仮) ガーナ大学 東京外国語大学 愛知大学 国際林業研究センター(CIFOR) エドゥアルド・モンドラーネ大学 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所(IDE-JETRO) プロテスタント人文社会科学大学(PIASS) ケープタウン大学 共催:ガーナ大学アフリカ研究所、東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター、科研費 国際共同研究強化(B)「アフリカの農村資源管理と国家―ガーナとルワンダの比較研究」(課題番号:19KK0031)、科研費 基盤研究(A)「アフリカ国家論の再構築―農村からの視点」(課題番号:21H04390)
その他のイベント
UG-TUFS共同セミナー2023(ガーナ大学と東京外国語大学の共同セミナー)
2023年2月6日(月)18時~19時30分(日本標準時)

トークイベント:アフリカと日本、2つの社会を生きること、描くことについて

PDFはこちら ルワンダのプロテスタント人文・社会科学大学から東京外国語大学に留学中のアーティストPaul Kani Bahoya氏と、日本にいるアフリカ系の人々やご自身のアフリカ経験を基に絵を描くアーティスト吉國元氏が、アフリカと日本の二つの社会を生き、描くことについて話します。 下記お申込みの上、ふるってご参加ください。転送も歓迎です。 お申込み:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc8AP1QTPElzpa7fPa8J-y0wPyHx9u3eg-1XIqeRckB38ghtQ/viewform 日時:2023年2月6日(月)18時~19時30分(日本標準時)会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 303号室 言語:英語 料金:無料
その他のイベント
トークイベント:アフリカと日本、2つの社会を生きること、描くことについて
2023年2月3日(金)
4:00~5:30pm(日本標準時)

第 76 回「Refugees and the Dynamics of Peace Building in Africa」

◆講演者:フランク・アヒンビシブウェ氏(現代アフリカ地域研究センター ・ 客員准教授、ムバララ科学技術大学学術研究学部都市計画・ガバナンス研究科 ・ 上級講師) ◆演題:Refugees and the Dynamics of Peace Building in Africa ◆要旨:The public seminar examines the relationship between refugees and the regional dynamics of peace building in Africa. The talk highlights the importance of peace building efforts focusing on refugees and other regional dynamics of conflict, given the links between refugee movements and regional insecurity. ◆日時:2023年2月3日(金) 4:00~5:30pm(日本標準時)/7:00~8:30am(グリニッジ標準時) ◆場所:対面(東京外国語大学 研究講義棟 114 教室)& オンライン(zoomミーティング) ◆使用言語:英語 ◆参加費:無料 ◆参加をご希望の方は、こちらより事前にお申し込みください。。定員:対面30名、オンライン300名。申し込み〆切:2023年2月1日(水)。定員に達ししだい締め切らせていただきます。Zoom情報はセミナー当日午前中までに登録メールアドレス宛てにお送りします。 ◆共催:日本アフリカ学会関東支部
ASCセミナー
第 76 回「Refugees and the Dynamics of  Peace Building in Africa」
2023年1月26日(木)5:40 - 7:10 pm(日本標準時)

第75回「Indigenous Knowledge of Forest Management among the Gedeo of Southern Ethiopia」

◆講演者: タケレ・メリド 氏(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科/アディスアベバ大学エチオピア研究所) ◆演 題:Indigenous Knowledge of Forest Management among the Gedeo of Southern Ethiopia ◆要 旨: In different parts of Africa in general and Ethiopia in particular, people maintained immense indigenous ecological knowledge and its management often distinctive to them. Forest management is one of the knowledge systems rural communities have accumulated. This presentation is concerned with indigenous knowledge of forest management among the Gedeo people of southern Ethiopia. Specifically, it deals with their livelihood strategies, which mainly considers the healthy circumstances of their forest resource and major factors that enabled them to manage their tree species. Among these, also the congeniality between the festivity of individual's rite of passage and planting/substituting varieties of tree species in each rite of passage is one of the cultural practices that the Gedeo perform. Then, it deals with challenges they often face with in order to continue maintaining the balance of their biophysical environment. Relevant data were obtained from both primary and secondary sources. Key informant and in-depth interviews, especially with community elders and members; focus group discussions with local residents and observation were data sources obtained from three kebeles (local level administration) of Wenago woreda (district). ◆日 時:2023年1月26日(木)17:40~19:10(日本標準時)/8:40~10:10(グリニッジ標準時)◆場 所:対面(東京外国語大学研究講義棟114教室)&オンライン(Zoomミーティング) ◆使用言語:英語◆参加費:無料 ◆参加をご希望の方は、こちらより事前にお申し込みください。。定員:対面30名、オンライン300名。申し込み〆切:2023年1月24日(火)。定員に達ししだい締め切らせていただきます。Zoom情報はセミナー当日午前中までに登録メールアドレス宛てにお送りします。 ◆共同主催:東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター、京都大学アフリカ地域研究資料センター ◆共催:日本アフリカ学会関東支部 【報 告】 第75回ASCセミナーは、ハイブリッド方式で実施し、39人(対面7人、オンライン32人)が参加しました。 発表者がゲデオにおける森林保全のマネージメントを多角的に発表した後、質疑応答でその実態について更に深く論じられました。
ASCセミナー
第75回「Indigenous Knowledge of Forest Management among the Gedeo of Southern Ethiopia」

Africa Today今日のアフリカ

一覧へ
2023/02/04/Sat

コンゴ東部でM23をめぐる紛争続く

 1月26日、M23は北キヴ州マシシ県のキチャンガ(Kitchanga)を制圧した。昨年10月末に本格的な攻撃を再開したM23は、ウガンダ国境の街ルチュルからゴマに向けて南下し、コンゴ軍との間で戦闘が続いてきた。12月初めの虐殺事件を契機に、M23、そしてルワンダへの圧力が高まり、M23は占領地からの撤退を表明したのだが、それ以降ゴマ西方のマシシ方面での軍事的プレゼンスを強めている。コンゴ軍の攻撃に反撃する形で、キチャンガを制圧したと報じられている(3日付ルモンド)。  M23をめぐる紛争については、アンゴラのロウレンソ大統領がアフリカ連合(AU)および南部アフリカ開発共同体(SADC)から委任を受けて仲介役を務めており、同時にケニヤッタ元ケニア大統領が東アフリカ共同体(EAC)のファシリテーターとして調停にあたっている。昨年7月、ロウレンソがチセケディとカガメを首都ルアンダに招き、和平に向けた合意を得たが、停戦は続かなかった。9月以降、ケニアのイニシャティブでコンゴ東部にEAC軍が展開されたが、抑止力としては機能していない。  この間、コンゴとルワンダの関係は悪化を続けている。M23の攻勢はルワンダの支援によるものだというコンゴ側の主張と、コンゴの国内問題だというルワンダ側の主張が平行線をたどっており、チセケディとカガメは相互に非難を繰り返すだけで、直接対話もできなくなっている。  国際社会のスタンスは、ルワンダにM23への支援を止めるよう求めるものだ。それに対してカガメ大統領は、M23はコンゴ国内の問題であり、問題はコンゴのガバナンスだと繰り返し、国際社会へのいらだちを隠していない。ルワンダが何らかの形でM23への支援を行っていることは、国連専門家委員会が認めるところである。一方、コンゴ側のガバナンスに深刻な問題があること、そして紛争の中で民兵組織を利用してきたこともまた事実である。ルワンダを締め上げれば問題が解決するわけではない。こうした状況下、戦闘の意思と能力を持つM23に引きずられる形で、紛争が拡大している。 (武内進一)

News & Activitiesお知らせ・活動記録

セミナー案内:Dr. Florence K. Muhanguzi 'Rethinking Strategies for Ending Sexual Harassment in Higher Education in Institutions in Uganda'

2023年2月1日
1月28~29日に開催する国際シンポジウム「現代アフリカにおけるセクシュアリティ:伝統、教育、そして実践」(https://bit.ly/3G0Brx6)で招へいする、Speaker: Dr. Florence K. Muhanguzi(Makerere University)さんに別途、ウガンダの大学におけるセクシュアルハラスメントについて、"Rethinking Strategies for Ending Sexual Harassment in Higher Education in Institutions in Uganda" と題し2月1日17:00よりAA研にて調査に基づいたお話をいただきます。 下記お申込みの上、ふるってご参加ください。転送も歓迎です。 ウェブサイトはこちら:https://bit.ly/3W1Fjni お申込み:https://forms.gle/6jHtEg9i9UqgvttN8
お知らせ
セミナー案内:Dr. Florence K. Muhanguzi 'Rethinking Strategies for Ending Sexual Harassment in Higher Education in Institutions in Uganda'

セミナー案内:Dr. Stella Nyanzi 'Struggling against Homophobia in Uganda'

2023年1月31日
1月28~29日に開催する国際シンポジウム「現代アフリカにおけるセクシュアリティ:伝統、教育、そして実践」(https://bit.ly/3G0Brx6)で招へいする、ステラ・ニャンジ氏(医療人類学研究者、詩人、人権活動家、政治家)に別途、LGBTIA+のテーマで1月31日にお話しいただきます。ニャンジ氏は現在、ドイツペンクラブのWriters-in-Exile programでドイツで活動をしています。 報道写真出身で、東アフリカでも活動していた写真家の藤元敬二さんをディスカッサントとしてむかえます。 一昨夏に出版されたWakana Shiino and Christine Mbabazi Mpyangu (eds.) 'Contemporary Gender and Sexuality in Africa: African-Japanese Anthropological Approach'Langaa RPCID (August 26, 2021)(https://www.amazon.co.jp/Contemporary-Gender-Sexuality-Africa-African-Japanese/dp/9956552720)に藤元さんは寄稿しており、ステラ・ニャンジさんは前会長の窪田幸子氏とともに本書に向け推薦文を寄せてくださいました。 ふるってご参加ください。転送も歓迎です。 ウェブサイトはこちら:https://bit.ly/3XEnMD9
お知らせ
セミナー案内:Dr. Stella Nyanzi 'Struggling against Homophobia in Uganda'

AA研セミナー案内「現代アフリカにおけるセクシャリティ」

2023年1月28~29日
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所にて、1月末より「現代アフリカにおけるセクシュアリティ:伝統、教育、そして実践」と題した国際シンポジウムをTUFiSCo(フィールドサイエンスコモンズ)創設第一回目として開催します。LGBTI+や生理パッドの運動で知られるステラ・ニャンジ氏(ドイツ ペンクラブ)、ほかジェンダー・セクシュアリティ研究のフローレンス ムハングジィ チョヘイルウェ氏(マケレレ大学)、テンダイ・ムテンベザ氏(ケープタウン大学)3名のアフリカ人研究者を招へいし、国内の中堅、若手のアフリカ研究者とともにハイブリッドにて開催します。 28日の一日目は 'Traditional Sexual Knowledge Today' 、29日の二日目は 'Menstrual Hygiene Management(MHM) and Sexual Education in Africa'と題しています。 事前登録の上、ふるってご参加ください。 Website: https://bit.ly/3G0Brx6 【TUFiSCo*-ILCAA International Symposium】 Sexuality in Contemporary Africa: Tradition, Education and Practices 現代アフリカにおけるセクシュアリティ: 伝統、教育、そして実践 <Theme Abstract> Despite the international development organizations' efforts toward mitigation of learner single motherhood, early pregnancies, and HIV prevalence among societies in Africa, these issues have remained persistently incremental in the last one decade and more recently worsened during COVID-19 pandemic. Menstrual poverty and related WASH problems remain systemic. What explains this trend? Prior to colonial invasion, sexuality was central to every society whereby the family was the educational pivot. The events that followed colonial occupation repositioned the sexuality values toward 'presumed modernity'. The transitioning from the traditional to the 'presumed modern' practices has mutated into dynamic between-ness. In this symposium, we ethnographically interrogate this between-ness and associated complications. We tackle the sensitivities of sexuality in some societies and address the cultural, religious, and political dimensions of sexual education and practices. We identify the existential gaps in the sexual education in the life cycle of a 'presumed modern African' society. ◆Date: 28th -29th January 2023 ◆Venue: Room 303, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa(ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies(TUFS) and ZOOM ◆Access: http://www.aa.tufs.ac.jp/en/about/access ◆Language: English ◆Admission: Free ◆Jointly Organized by The TUFS Field Science Commons (TUFiSCo), African Studies Center-TUFS, Field Science Center-ILCAA, and Grant-in-Aid for Scientific Research (B) (Principal Investigator: Wakana Shiino) 22H00769, 'Volcanic Dynamics of Sexualities, Marriage and Singleness in Contemporary East African Societies'. ◆Pre-registration is required. Please scan the QR code for registration by January 25, 2023. https://forms.gle/VgX9MuSNJepcDMCM8 【Program】 10:30 Opening Remarks 10:35~10:45 Introduction Dr. Wakana Shiino (Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa(ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies(TUFS)) <The 1st day: Traditional Sexual Knowledge Today > 10:45~11:20 1) Ms. Etuwete Shiningayamwe (Ph.D. Student, TUFS) 'Challenges Facing Schoolteachers in Preventing and Managing Learner Pregnancy: The Case of Rural Namibia' 11:20~11:55 2) Mr. Tendai Mutembedza (Ph.D. candidate, University of Cape town) 'Centering Sexuality in Men and Communities' Constructions of Early Marriage Practices in Zimbabwe.' 11:55~13:15   Lunch time 13:15~13:55 3) Dr. Wakana Shiino (Associate Professor, ILCAA, TUFS) Transmission of Sexual Knowledge - Tradition and Intergenerational Disconnection in Rural Kenya +Ms. Lynnet Achieng Ogallo (Primary School Teacher) 13:55~14:05   Break Time 14:05~14:40 4) Dr. Florence Muhanguzi Kyoheirwe (Makerere University) The Dilemmas of Communicating Sexuality Knowledge to the Young People in Uganda: Parents and Teachers Speak Out. 14:40~15:15 5) Dr. Tom Ondicho (Associate Professor, University of Nairobi/ Visiting Professor, ILCAA, TUFS) The Influence of Sexual Health Education on HIV Risky Sexual Behaviours and Practices among Kenyan University Students. 15:15~15:30    Break Time 15:30~16:05 6) Ms. Kaori Miyachi (Visiting researcher, Saga University) FGM/C and Education in the Present: How Have Anti-FGM Activities Brought Changes in Kenya? 16:05~16:40 7) Ms. Eri Koda (P.h.D. student, Ritsumeikan University) Having Sugar Daddies and Sugar Mummies: Ambivalent Attitudes towards Youth Sexual Relationships in Urban Ghana. 16:40~16:50  Break Time 16:50~17:30 Discussion Commentator: Prof. Yukio Miyawaki (Osaka Metropolitan University) <The 2nd Day: Menstrual Hygiene Management(MHM) and Sexual Education in Africa> 13:00~13:35 8) Dr. Viola Nilah Nyakato (Senior Lecturer, Mbarara University of Science and Technology (MUST), Uganda) : virtual attendance 'The Family Structure has Changed: Explaining the Need for a Cultural Shift towards Parents' upper Hand in Sexuality education in Uganda' 13:35~14:15 9) Dr. Ian Karusigarira (National Graduate Institute for Policy Studies:GRIPS) In between Traditions: Interrogating MHM Education as an Inclusive Approach in Uganda. +Ms. Beatrice Kyogabirwe (High School teacher) 14:15~14:30  Break Time 14:30~15:05 10) Dr. Stella Nyanzi (PEN Germany) 'Politicisation of Organising against Period Poverty in Uganda: a Case Study of #Pads4GirlsUG' 15:05~15:40 11) Mr. Vela Night Okindo (Trans Empowerment Initiative: TEI) : virtual attendance Dignifying Mensuration in Transgender Men. 15:40~16:15 12) Prof. Elli Sugita (Osaka University) Walls Standing in the Way of Menstrual Equity: A Case Study from Japan. 16:15~16:30 Break Time 16:30~17:30 Discussion   Commentator: Dr. Soichiro Shiraishi (Hirosaki University)
お知らせ
AA研セミナー案内「現代アフリカにおけるセクシャリティ」