• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Newsお知らせ

一覧へ
2018年6月21日(木)

大石高典講師のゼミの企画でマタギ密着ドキュメンタリー上映

当センターに所属する大石高典講師のゼミが中心となって、マタギに密着したドキュメンタリーの上映会を2018年6月21日に開催します。これは、映画を通じて世界各国の文化や問題に触れてもらおうと東京外国語大学が不定期で開催しているTUFS Cinemaの企画の一環です。 今回は、TUFS Cinema獣★肉食系上映会と題し、「小国春熊猟2016」を上映します。山形国際ドキュメンタリー映画祭2017でも上映された本作は、3.11による放射能汚染のために2016年4月まで熊猟を制限されていた山形県小国の熊と山衆(マタギ)に、研究者である林剛平氏が密着した記録映画。小国は、山形県の西南端に位置する人口8000人程度の町で、面積の9割以上を森林が占め、現在もマタギによる狩猟の習俗が残っています。春の狩猟が終わると、射止めた熊の冥福を祈りながら猟の収穫を山の神に感謝する「熊まつり」の儀式が毎年5月4日に開かれ、この伝統は300年余りにわたって受け継がれています。 入場料は無料、事前申し込みは不要です。定員は501名で先着順となります。上映後には、林剛平監督と本学学生によるフリートークを行ないます。 ◆上映作品:小国春熊猟2016 ◆日時:2018年6月21日(木)開映18:00(開場17:30) ◆会場:東京外国語大学 アゴラ・グローバル1F プロメテウス・ホール ◆プログラム:- 映画「小国春熊猟2016」本編上映(124分)- フリートーク(50分) 林剛平監督(歓藍社/日本学術振興会特別研究員)×岡添桃子(本学国際社会学部西南ヨーロッパ地域専攻) 司会:大石高典(ASC講師) ◆入場:無料/先着順/申し込み不要(定員501名) ◆主催:東京外国語大学 ◆協力:歓藍社、山形県小国町猟友会沖庭班、3 がつ11 にちをわすれないためにセンター、ジビエ料理 アンザイ PDF版のチラシはこちらから。
大石高典講師のゼミの企画でマタギ密着ドキュメンタリー上映
2018年6月1日

展示解説開催のお知らせ(企画展「祈りでつながるイスラーム~エチオピア西部の信仰とその歴史~」)

2018 年4 月23 日(月) より、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所1 階資料展示室において開催しております企画展「祈りでつながるイスラーム~エチオピア西部の信仰とその歴史~」展は、2018 年5 月25 日(金) で閉幕いたします。 「展示内容についてさらに深く知りたい」というご要望にお応えして、閉幕後の6 月1 日に、展示担当者3 名による展示解説を行うことになりました。先着20 名様に、本企画展の解説パネルの内容をまとめた小冊子を差し上げます。みなさまふるってご参加ください。
展示解説開催のお知らせ(企画展「祈りでつながるイスラーム~エチオピア西部の信仰とその歴史~」)
2018年6月1日(金)16:00~17:30

ルワンダ復興に関するセミナー開催

現代アフリカ地域研究センターでは、2018年6月1日に第15回ASCセミナーを開催します。今回、講師としてお招きするのは、本年1月に開催された第11回ASCセミナーで「語れない傷、語らない癒し」と題して報告を行なった大竹モルナー裕子氏。 今回のセミナーでは「紛争を超え、世代を超えてゆく癒し」というテーマに焦点をあて、教会グループと共同貯蓄講を例に、コミュニティにおける癒しのかたちを紹介していただきます。 ◆報告タイトル:世代を超えてゆく癒し―北部ルワンダにおける紛争後コミュニティ復興と人道支援再考― ◆要旨:ルワンダは1994年にフツ族によるツチ族に対するジェノサイドが起きわずか3ヶ月間で80万人の命が失われたことで知られる。この歴史的ナラティブは、ツチ=被害者、フツ=加害者というラベルの下、ツチ系現政府の被害者性及び英雄性を語る主流ナラティブともなっている。しかし、この影に隠され、沈黙させられてきたフツ被害者たちも存在する。なかでもジェノサイド後に北部ルワンダでおきたフツ族の大量殺戮は、歴史から消され、国際的に顧みられずにきた。政治的に沈黙させられ、国際支援から排除されてきたフツ被害者のコミュニティが、どのように紛争の傷あとを生き、自らを癒してきたのか、そして彼らにとって本当に必要な支援とは何かを考える。特に,「紛争を超え,世代を超えてゆく癒し」というテーマに焦点をあて,教会グループと共同貯蓄講を例に,コミュニティにおける癒しのかたちを紹介する。 ◆講演者:大竹モルナー裕子氏(日本学術振興会海外特別研究員、オックスフォード大学医療人類学部客員フェロー) ◆講演者経歴:ロンドン大学衛生熱帯医学研究院博士課程卒。筑波大学人間学類心理学専攻卒。英国心理学会認定サイコロジスト。JICA青年海外協力隊のルワンダでの活動に対し日本国外務大臣より感謝状受領。北部ルワンダにおける紛争後コミュニティ・レジリエンスに関する研究で日本質的心理学会フロンティア奨励賞受賞。 ◆日時:2018年6月1日(金) 16:00~17:30 ◆場所:東京外国語大学 研究講義棟327教室 ◆使用言語:日本語 ◆参加費:無料 ◆事前申し込み:不要(どなたでも参加できます) PDF版のチラシはこちらから。
ルワンダ復興に関するセミナー開催
2018年6月1日

大石高典氏が論考を執筆した『農業と経済 2018年6月号』が発売されます

大石高典氏が論考を執筆した『農業と経済 2018年6月号(vol.84 No.6)』(昭和堂)が、2018年6月1日に発行されます。同誌は「特集 食品衛生法の改正――行政はどうあるべきか/ジビエ利用の可能性――共生と資源管理」を特集しています。 大石氏は、「第2特集 ジビエ利用の可能性――共生と資源管理」の企画・編集、および同特集内の論考「野生鳥獣肉の持続的な消費――日本の課題をグローバルにとらえ返す」の執筆を担当しました。 価格は本体889円+税、現在、昭和堂のウェブサイトなどで予約を受け付け中です。ご興味のある方はぜひお手に取ってご覧くださいませ。
大石高典氏が論考を執筆した『農業と経済 2018年6月号』が発売されます

Activities活動記録

一覧へ

第14回ASCセミナー「Security Issues in the Sahel-Sahara region: An illustration through the Malian conflict」(アディブ・ベンシェリフ オタワ大学社会科学研究科)

本セミナーには、当学関係者をはじめとした大学・研究機関などから多くの参加者が集まりました。 セミナーでは、サヘル地域のテロリズム研究を専門とするベンシェリフ氏により、2012年に生じた西アフリカのマリ共和国北部の紛争を事例に、サヘル地域で相次ぐ武力勢力の衝突をどのように捉えるかの説明がなされました。同氏は、2012年に生じたマリ北部の紛争の理解には、植民地期の政策や1963~4年のトゥアレグの反乱にまで遡り、トゥアレグの人びとの政府に対する"記憶"がいかに形成されてきたのかを考える必要があることを指摘しました。また、トゥアレグ社会の政治秩序や周辺民族との関係といった要素も紛争と深く結びつくことから、サヘル地域の紛争を取り囲む社会空間を俯瞰的に分析することが重要であることが述べられました。質疑応答では、参加者から多くの質問が寄せられ、活発な議論がおこなわれました。
ASCセミナー
第14回ASCセミナー「Security Issues in the Sahel-Sahara region: An illustration through the Malian conflict」(アディブ・ベンシェリフ オタワ大学社会科学研究科)

苦悩に対処する社会装置としての儀礼に関する人類学的研究:エチオピアの事例から

本研究は、エチオピア・オロモ社会における苦悩への対処の社会的実践に注目するものである。同社会で「悩み持ち」と概念化されている、苦悩を抱えて生きる人々を取り上げ、当該社会にみられる儀礼の問題解決並びに治癒的側面に注目して、人々の苦悩への対処の実践のあり方を明らかとする。エチオピア・オロモ社会ではハドラと呼ばれる祈祷集会を定期的に開催する習慣がみられる。そこでは宗教、性別、年齢を問わず、苦悩を抱えた人々がそれを吐露し、他の参加者から祈祷を受けたり、精霊から助言を与えられたりする機会ともなっている。本研究は、人びとが自らの苦悩を解決するためにどのような方法をとるのか、そしてそれがどのような内容であり、どのような条件が揃えば儀礼に持ち込まれるのか、さらに儀礼では苦悩の原因の説明や解決の術がどのように与えられ、それがどのように個人に受け入れられたり疑われたりするのかについて明らかにし、当該社会の人々の苦悩を巡る実践について人類学的な観点から考察するものである。
研究プロジェクト