• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Africa Today今日のアフリカ

今日のアフリカ

2017年09月

アフリカ現代美術

2017/09/30/Sat

9月22日、南アフリカのケープタウンに、アフリカ最大の現代アート美術館(Zeitz Museum of Contemporary Art Africa)が開館。10月5~8日にはロンドンで大規模なアフリカ現代美術フェア(1:54 Contemporary African Art Fair)が開催される。"Africa Rising" と題するFT記事

個別ページへ

ソマリア

2017/09/29/Fri

9月28日、ソマリアの首都モガディシュのハマルウェイネ市場付近で車両が爆発。少なくとも7人が死亡、数名が負傷した。同地区はこれまでもアル・シャバブの武装勢力による爆破攻撃などに悩まされてきた。なお、今次の爆発について犯行声明は出されていない(アルジャジーラ記事)

個別ページへ

ソマリランド、エチオピア

2017/09/28/Thu

9月25日の報道によれば、ソマリランドに長期にわたり居住しているオロモ人約3,000人が同国から強制退去させられた。エチオピア政府はこれを違法であると非難。今月初めからエチオピアではオロミア州東部とソマリ州(ソマリランド同様ソマリ人が多く居住)で州境をめぐるなどの戦闘が勃発しており、数百人の死者が発生している(ブルームバーグ記事)

個別ページへ

コンゴ民主共和国

2017/09/28/Thu

9月27日、ブルンジ国境の町ウヴィラで、政府軍とマイマイ・ヤクトゥンバ軍が交戦。MONUSCOが停戦を促して市内に展開。マイマイ・ヤクトゥンバは政府軍への統合を拒否して2007年に結成され、東部の活動領域からの政府軍放逐を目標としている。指導者のヤクトゥンバは、25日、カビラ政権打倒を目指すと宣言(ルモンド記事)

個別ページへ

世界銀行

2017/09/27/Wed

9月26日、世界銀行から『2018年世界開発報告』が刊行され、「グローバルな学習の危機」が指摘される。貧困国において就学率は近年顕著に上昇したものの、先進国との間で学習面での格差が縮まっていない。汚職や教師の質の問題により、学習環境が改善していないことが原因。一方で、中国やベトナムなど東アジア諸国では教育の質の向上に成功したと指摘している(FT)

個別ページへ

カメルーン

2017/09/27/Wed

9月27日に発表された報告書でヒューマン・ライツ・ウォッチは、カメルーン軍がボコハラムから逃れて越境してきたナイジェリア人住民に暴行を働き、約10万人を追い返していると告発。カメルーン政府が難民のノン・ルフールマン原則を破っていると非難。カメルーン政府側は、報告書には根拠がないと反論(ルモンド記事)

個別ページへ

南アフリカ

2017/09/27/Wed

9月27日、170万人の組合員を擁する最大労組のCOSATUが主要都市でデモ。ズマ大統領が退陣し、ラマポサ副大統領に職務を交代するよう要求。富豪のグプタ家とズマ大統領との不透明な関係が重大な疑惑を招いている(FT)

個別ページへ

ウガンダ

2017/09/27/Wed

9月27日、ウガンダ議会は大統領選挙立候補資格の年齢制限を撤廃する法案を可決。これに伴い議会では議員同士が乱闘となる混乱。立候補資格の年齢制限撤廃により、ムセヴェニ現大統領の次期大統領選挙への出馬が可能になる(FT)

個別ページへ

ルワンダ

2017/09/25/Mon

9月24日、ルワンダ警察はダイアン・ルウィガラの逮捕を公式に発表。国家安全保障の侵害と文書偽造を逮捕理由としている。ルウィガラは当局を公けに批判してきたことで知られ、8月の大統領選挙に立候補しようとしたが、選挙委員会により立候補資格を認められなかった(ルモンド記事)

個別ページへ

マリ

2017/09/25/Mon

同国北部で平和維持活動車両が襲撃された。国連マリ多元統合安定化ミッション(MINUSMA)によると3名が死亡。先月も同国北部の平和維持活動部隊本部が襲撃され7名が死亡した他、6月にも北部の国連基地付近で3名の要員が殺害されている(アルジャジーラ)

個別ページへ