• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Africa Today今日のアフリカ

今日のアフリカ

DRコンゴ、チセケディ新大統領の就任式

2019/01/25/Fri

1月24日、チセケディ新大統領の就任式が挙行された。独立から58年目にして、コンゴは初めて選挙を経た平和裏の政権交代を実現した。就任演説にあたってチセケディはカビラ前大統領からコンゴ国旗の柄のたすきを受け取り、数千人の聴衆の前で和解を訴えた。就任式にはアフリカから17か国の元首が招待されたが、実際に来訪したのはケニヤのウフル・ケニヤッタだけで、その他は外相などが代理で出席した。米国やフランスなども現地の大使が出席した。孤立とまでは言えないが、外交的に少々寂しい船出であったことは否めない。
 選挙をめぐる混沌とした状況が長期間続いているが、ここまで比較的少ない犠牲で乗り切ってきたことは評価できる。コンゴの「安定」を優先する姿勢は、政権側と国際社会とに共有されていたと言えるだろう。選挙不正の追及をファユルは止めていないし、カビラの後継者として選挙に臨み落選したシャダリもファユルに同調する動きを見せるなど、状況は予断を許さないが、前政権派が実質的権力を保持したことで、当面の政治的安定性は高まった。
 大統領就任式の次は議会が開かれ、首相が指名される。カビラ政権期の実力者の指名が取り沙汰されているが、内閣が任命されれば新たな権力分布が見えてくるだろう。