• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

ASCセミナー

最新の10件

第32回ASCセミナー「Boko haram insurgency in northern Cameroon and Nigeria」ウスマン・アダマ博士(マルア大学<カメルーン>/上級講師、国立民族学博物館/客員フェロー)

日時 2019年2月12日 17:40-19:10
場所 東京外国語大学 研究講義棟322教室
講師 ウスマン・アダマ博士(マルア大学<カメルーン>/上級講師、国立民族学博物館/客員フェロー)
テーマ Boko haram insurgency in northern Cameroon and Nigeria
要約 ナイジェリア北部等をおもな活動拠点とするボコ・ハラムについては、今日もなお国際社会の耳目を集め続けている。本セミナーにおいて、アダマ博士は、ボコ・ハラムのリーダーシップや人員の雇用等について解説し、事例としてナイジェリア・カメルーン国境における同組織の活動を取り上げ、そのダイナミ...

個別ページへ

第31回ASCセミナー「The Truth Behind Self-Assessed Financial Literacy and Retirement Planning」ベンジャミン・アモア博士(東京外国語大学/特別招へい講師、セントラル大学<ガーナ>/講師)

日時 2019年2月5日(火) 16:00~17:30
場所 東京外国語大学 研究講義棟105教室
講師 ベンジャミン・アモア博士(東京外国語大学/特別招へい講師、セントラル大学<ガーナ>/講師)
テーマ The Truth Behind Self-Assessed Financial Literacy and Retirement Planning
要約 ガーナをはじめ、多くの国で公的年金制度の運用や政府の負担額の増大が指摘されています。本セミナーではまず、制度維持のためには個人の金融リテラシーが重要である点に触れたのち、ガーナにおける個人の金融リテラシーの実態に関する調査結果が提示されました。結果から、個人の金融リテラシーの自己...

個別ページへ

第30回ASCセミナー「A system of knowledge in action: The Logical Process and Cognitive interpretation of Zulu divination」チャン・ヨンギュ博士(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科/客員教授、韓国外国語大学アフリカ研究所/所長)

日時 2019年1月24日
場所 東京外国語大学 研究講義棟 104教室
講師 チャン・ヨンギュ博士 (京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科/客員教授、韓国外国語大学アフリカ研究所/所長)
テーマ A system of knowledge in action: The Logical Process and Cognitive interpretation of Zulu divination
要約 本セミナーの講師は、客員教授として京都大学に来訪中のチャン・ヨンギュ博士(韓国外国語大学)であり、冒頭、韓国のアフリカ研究の現状について簡単に説明があった。チャン博士は、宗教人類学における妖術研究の先行研究に言及しつつ、ズールーの人々の行う卜占がいかに論理的なものとなっているか分...

個別ページへ

第29回ASCセミナー「Negotiating power and agency in Ghana's Asian nexus」ナーボレ・サッキーフィオ博士(オハイオ州立マイアミ大学教養学部国際・異文化研究学科/助教授)

日時 2019年1月15日(火) 17:40~19:10
場所 東京外国語大学研究講義棟104教室
講師 ナーボレ・サッキーフィオ博士 (オハイオ州立マイアミ大学教養学部国際・異文化研究学科/助教授)
テーマ Negotiating power and agency in Ghana's Asian nexus
要約 本セミナーでは、ガーナと日本そして中国の経済関係に着目し、ガーナの持続可能な発展についての考察がなされました。報告ではまず、日本と中国の対ガーナ政策の比較をおこなうことで、ガーナの主体性確保の視点から考察が加えられました。また、ガーナの持続的な発展を考えるとき、統制のとれた官僚主...

個別ページへ

第28回ASCセミナー「New Development of Security Governance in Africa」山口正大(国際連合マリ多元統合安定化ミッション/DDR担当官)、今井ひなた(東京外国語大学大学院総合国際学研究科/博士後期課程)

日時 2019年1月9日(水)16:00~17:30
場所 東京外国語大学 研究講義棟 111教室
講師 山口正大(国際連合マリ多元統合安定化ミッション/DDR担当官)、今井ひなた(東京外国語大学大学院総合国際学研究科/博士後期課程)
テーマ New Development of Security Governance in Africa
要約 第28回ASCセミナーでは、国連マリ多元統合安定化ミッションでDDR担当官を務める山口正大氏と、本学大学院総合国際学研究科の博士後期課程に在籍する今井ひなた氏を講師としてお迎えしました。まず、山口氏のご発表(「UN Peacekeeping Operations in 'new'...

個別ページへ

第27回ASCセミナー「New Media, New History?: Some reflections on Zulu and its afterlife in historical studies」ガイルーニサ・パレケール博士(プレトリア大学/上級講師、東京外国語大学/客員教授)

日時 2018年12月21日(金)17:40~19:10
場所 東京外国語大学 研究講義棟322教室
講師 ガイルーニサ・パレケール博士(東京外国語大学/客員教授、プレトリア大学/上級講師)
テーマ New Media, New History?: Some reflections on Zulu and its afterlife in historical studies
要約 本セミナーでパレケール博士は、大英帝国対ズールー王国の戦いを描いた英国製作の歴史スペクタクル『ズールー戦争』(1964)を取り上げ、南アフリカ国内の評価とは対照的にイギリスでは熱烈なファンを獲得し、テレビ放映やリバイバル上映が続けられているだけでなく、ファンサイトが作成されたりY...

個別ページへ

第26回ASCセミナー「Human Security, Peace Building and State-Building in Peace Missions: dilemmas and lessons learned from Africa」オーウェン・グリーン教授(ブラッドフォード大学/教授)

日時 2018年12月10日(月)
場所 東京外国語大学 研究講義棟211教室
講師 オーウェン・グリーン教授(ブラッドフォード大学/教授)
テーマ Human Security, Peace Building and State-Building in Peace Missions: dilemmas and lessons learned from Africa
要約 本セミナーでは、英国ブラッドフォード大学のグリーン教授に報告をしていただきました。同氏は国際安全保障と開発を専門としてこれまでの数多くの政府、地域・国際機関(UN、EU、OSCE、ECOWASなど)やNGOとも仕事をしており、それらの経験も踏まえた報告がなされました。報告のはじめ...

個別ページへ

第25回ASCセミナー「Inter-basin water transfer: From the Congo basin to Lake Chad: Challenges and opportunities」レイモン・ルンブエナモ博士 (キンシャサ大学/教授、熱帯林・土地管理に関わるUNESCO地域大学院大学(ERAIFT)/教授、世界銀行/資源管理専門家、元WWF地域局長)

日時 2018年12月6日(木)
場所 東京外国語大学 研究講義棟317教室
講師 レイモン・ルンブエナモ (キンシャサ大学/教授、熱帯林・土地管理に関わるUNESCO地域大学院大学(ERAIFT)/教授、世界銀行/資源管理専門家、元WWF地域局長)
テーマ Inter-basin water transfer: From the Congo basin to Lake Chad: Challenges and opportunities
要約 本セミナーでは、気候変動の影響を受けて縮小を続けるチャド湖の消滅を防ぐため、コンゴ盆地を流れるコンゴ川流域の水を移転するというWater transfer構想について、その妥当性を検討しました。コンゴ盆地から水を移転することに賛同する国は多い一方、コンゴ盆地の生態系への影響やチャ...

個別ページへ

第24回ASCセミナー「Issues and Challenges Facing Burundi: From the Perspective of Higher Education」サミュエル・イルング・ンジャウ(サミット・インターナショナル・インスティチュート/学長)

日時 2018年11月16日(金)
場所 東京外国語大学 研究講義棟322教室
講師 サミュエル・イルング・ンジャウ(サミット・インターナショナル・インスティチュート学長)
テーマ Issues and Challenges Facing Burundi: From the Perspective of Higher Education
要約 ブルンジで唯一英語を使用した教育実践を実施するSummit Internationl Instituteの学長、ンジャウ氏により、同国の高等教育の直面する課題と現状に関する報告がなされました。ンジャウ氏は、噛み砕いた平易なことばで、ときにユーモアを交えながら、英語教育や国際交流の...

個別ページへ

第23回ASCセミナー「Institutional Stability and Change in South African Politics: Introducing Temporal Exponentiality」マブート・ジェネラス・シャンガセ(プレトリア大学人文学部政治学科講師、東京外国語大学客員教授)

日時 2018年11月14日
場所 東京外国語大学 研究講義棟305教室
講師 マブート・ジェネラス・シャンガセ(プレトリア大学人文学部政治学科講師、東京外国語大学客員教授)
テーマ Institutional Stability and Change in South African Politics: Introducing Temporal Exponentiality
要約 「南アフリカ政治の制度的安定性と変化」と題する今回の報告では、2007~2017年の南アフリカに着目し、ズマ政権期からラマポサ政権期に至る南ア政治の動態を政治学の新しい概念"temporal exponentiality"を用いて考察した。セミナーには、当学のPCSの留学生や研究...

個別ページへ

アーカイブ

2019年

2018年

2017年