• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Newsお知らせ

お知らせ

最新の10件

坂井真紀子氏による「アフリカの朝ごはん」講座

2018年2月17日(土)

センター教員の坂井真紀子氏が、朝日カルチャーセンター横浜教室「アフリカの朝ごはん」で講師を務めます。 一日をスタートするための大切なエネルギーである朝ごはん。アフリカの朝ごはんを食材で見ると、サバンナの穀物圏、湿地帯のお米圏、熱帯雨林のいも・バナナ圏に分けることができます。 本講...

個別ページへ

国際日本学研究院との共催シンポジウム開催

2018年1月29日(月)

東京外国語大学 大学院国際日本学研究院と当センターの共催シンポジウムを、2018年1月29日に開催します。 シンポジウム・タイトルは「日本―アフリカ関係を通したグローバル資本主義の批判的検討:土地、空間、近代性」。当センターからは、武内進一センター長が基調報告をおこない、センタ...

個別ページへ

東京農工大と共催でミニ・シンポジウムを開催します

2017年12月23日(土)

12月23日、東京農工大学(TUAT)農学府国際環境農学専攻(IEAS)と当センターの共催で、シンポジウム「熱帯アフリカ地域における生物資源(Regional Biological Resources in Tropical Africa)」を開催します。 本シンポジウムでは、...

個別ページへ

第9回ASCセミナー「南スーダン 西バハル・エル・ガザル州の現状と課題」開催決定

2017年12月14日(木)

第9回ASCセミナーを12月14日に開催します。 第4回の「南スーダンの現状と国際社会の関与」(現代アフリカ地域研究センター特任研究員・松波康男氏)、第5回の「南スーダン危機における和平プロセスと今後の展望」(UNMISS政務官・坪井麻記氏)に続き、取り上げるのは南スーダン。本...

個別ページへ

ブリコラージュ・セミナー開催

2017年12月18日(月)

12月に行われる東京外国語大学「アフリカンウィークス2017」の企画の一環として、高崎経済大学の黒崎龍悟氏を講師にお迎えして第10回ASCセミナーを開催します。 アフリカはおカネやモノのない貧しいところだと考えられがちですが、人々は身の回りの素材をうまく組み合わせながら生活必需品...

個別ページへ

武内センター長が公開シンポで報告します

2017年12月16日(土)

武内センター長が、12月16日に行われる日本心理学会公開シンポジウム「紛争問題を考える2~紛争地域に探る和解プロセス」で発表します。 紛争研究に携わる研究者たちが登壇し、紛争の多面的様相と当事者たちの心理&行動について解説するこの公開シンポジウム。武内氏は「民族紛争と和解:ルワン...

個別ページへ

カメルーンから来日中のソンワ氏が京大で講演します

2017年12月15日(金)

11月3日のキックオフ・シンポジウムでも報告し、2018年1月31日までの3か月間、当センターに客員教授として招へい中のドゥニ・ジャン・ソンワ氏が、第4回KU-TUFSセミナーの講師を務めます。 報告タイトルは、「カメルーンにおけるカカオ・アグロフォレスト運営とREDDプラスの...

個別ページへ

「テザ 慟哭の大地」特別上映&講演会

2017年12月10日(日)

「アフリカンウィークス2017」の企画の1つとして、エチオピア映画「テザ 慟哭の大地」を上映します。 2011年に日本でも劇場公開され、第65回ヴェネチア国際映画祭で金オゼッラ賞(脚本)&審査員特別賞&SIGNIS賞を受賞した本作。監督を務めたのはエチオピア出身で、アフリカ系移住...

個別ページへ

坂井真紀子氏がアフリカ協会のイベントにパネリストとして登壇します

2017年12月9日(土)

センター教員の坂井真紀子氏が、一般社団法人アフリカ協会主催の「アフリカから学ぶ」講座第4回「アフリカの若者の今:脱出願望、希望、SNSについて」に、パネリストとして参加します。 グローバル化の中、著しい変容を遂げるアフリカの都市において、若者たちは今や社会・文化変動の主人公となっ...

個別ページへ

大石高典氏が「京都で世界を旅しよう!2017」で講師を務めます

2017年12月9日(土)

センター教員の大石高典氏が、子ども・親子向け ワークショップ 『京都で世界を旅しよう!2017 地球たんけんたい⑥』で講師の1人を務めます。 人、地域により多様な、自然や動物の捉え方、そして関係の作り方。このワークショップは、地球環境問題を、日本のまちの中だけで考えず、様々な「人...

個別ページへ