• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Newsお知らせ

お知らせ

最新の10件

坂井真紀子氏による「アフリカの朝ごはん」講座

2018年2月17日(土)

センター教員の坂井真紀子氏が、朝日カルチャーセンター横浜教室「アフリカの朝ごはん」で講師を務めます。 一日をスタートするための大切なエネルギーである朝ごはん。アフリカの朝ごはんを食材で見ると、サバンナの穀物圏、湿地帯のお米圏、熱帯雨林のいも・バナナ圏に分けることができます。 本講...

個別ページへ

カメルーンのバカ・ピグミーと環境教育をテーマにした国際ワークショップ開催

2018年2月5日(月)

2018年2月5日に、当センターが共催する「カメルーンのバカ・ピグミーにおける環境教育の可能性」をテーマにした国際ワークショップをカメルーンにおいて開催いたします。 ◆日時:2018年2月5日(月) 8:00~15:30 ◆場所:Hôtel Résidence le Zurik...

個別ページへ

国際日本学研究院との共催シンポジウム開催

2018年1月29日(月)

東京外国語大学 大学院国際日本学研究院と当センターの共催シンポジウムを、2018年1月29日に開催します。 シンポジウム・タイトルは「日本―アフリカ関係を通したグローバル資本主義の批判的検討:土地、空間、近代性」。当センターからは、武内進一センター長が基調報告をおこない、センタ...

個別ページへ

デニス・ソンワ氏集中講義

2018年1月23日(火)~2018年1月26日(金)

当センターの招へい研究者であるデニス・ソンワ氏が、1月23日から26日にかけて集中講義をおこないます。当大学の学生でなくても受講可能です(登録不要。ただし単位は出ません)。参考書情報など、詳細はシラバスに記載されていますので、ご確認ください。 科目名: African Stud...

個別ページへ

【延期】第12回ASCセミナー開催延期のお知らせ

2018年1月22日(月)に開催を予定しておりました第12回ASCセミナー/第5回日本アフリカ学会関東支部例会「人の移動と物流を支えるゾンゴ・ネットワーク―ガーナにおける移民コミュニティ『ゾンゴ』を介した情報伝達と人びとの交流―」は、大雪が見込まれますため延期とさせていただきます...

個別ページへ

日本アフリカ学会関東支部との共催セミナー

2018年1月12日(金)

現代アフリカ地域研究センターの2018年第1弾のイベントとして、1月12日(金)に第11回ASCセミナーを開催します。本セミナーは、日本アフリカ学会関東支部との共催で、日本アフリカ学会関東支部2017年度第4回例会でもあります。 今回は、オックスフォード大学の医療人類学部で研究...

個別ページへ

東京農工大と共催でミニ・シンポジウムを開催します

2017年12月23日(土)

12月23日、東京農工大学(TUAT)農学府国際環境農学専攻(IEAS)と当センターの共催で、シンポジウム「熱帯アフリカ地域における生物資源(Regional Biological Resources in Tropical Africa)」を開催します。 本シンポジウムでは、...

個別ページへ

"種子"に着目した講演会開催

2017年12月21日(木)

センター教員の大石高典氏が担当教員を務める、東京外国語大学国際社会学部のゼミ有志が企画した特別授業「社会科学で考える種子と私たちの関わり―種子が消えれば、あなたも消える」が、2017年12月21日に行われます。講師を務めるのは、龍谷大学経済学部経済学研究科教授で、エチオピア、ナ...

個別ページへ

ブリコラージュ・セミナー開催

2017年12月18日(月)

12月に行われる東京外国語大学「アフリカンウィークス2017」の企画の一環として、高崎経済大学の黒崎龍悟氏を講師にお迎えして第10回ASCセミナーを開催します。 アフリカはおカネやモノのない貧しいところだと考えられがちですが、人々は身の回りの素材をうまく組み合わせながら生活必需品...

個別ページへ

武内センター長が公開シンポで報告します

2017年12月16日(土)

武内センター長が、12月16日に行われる日本心理学会公開シンポジウム「紛争問題を考える2~紛争地域に探る和解プロセス」で発表します。 紛争研究に携わる研究者たちが登壇し、紛争の多面的様相と当事者たちの心理&行動について解説するこの公開シンポジウム。武内氏は「民族紛争と和解:ルワン...

個別ページへ