linkの記事リスト

2017年2月17日

アジア経済研究所のリポジトリとデジタルアーカブス

アジア経済研究所(アジ研)および同図書館は出版物をインターネット上で公開しています。途上国を研究対象とする学生には有用ではないでしょうか。受け売りになりますが、以下に紹介してみます。

  • アジア経済研究所 学術リポジトリ ARRIDE(Academic research Repository at the Institute of Developing Economics)

URL: https://ir.ide.go.jp/dspace/

ARRIDEではアジ研機関誌である「アジア経済」、「The developing Economies」の査読済み論文、また「現代の中東」の論文などの研究成果を全文で地域別、主題別、掲載紙別に閲覧できます。

  • アジア経済研究所出版物アーカイブ AIDE(Archive of IDE Publications)

URL: http://d-arch.ide.go.jp/aide/

アジ研がこれまで刊行してきた開発途上地域の経済・政治・社会に関する学術情報をウェブ公開。論文単位で全文検索と閲覧、PDFでのダウンロードができます。

  • アジア経済研究所 デジタルアーカイブス

アジ研図書館のデジタルアーカイブスは、これまでの研究所出版物、および図書館所蔵の貴重資料等について全文情報で公開・提供するものです。順次更新中。現在、以下のものが含まれています。

アジア各国の動向分析レポートの閲覧、重要日誌。レポートの全文検索、国家機構図・閣僚名簿を提供しています。

約540図書館が所蔵する台湾総督府、朝鮮総督府、旧満州、南洋庁、樺太庁などの関係機関刊行物の検索。GHQ接収の満鉄資料のダウンロードができます。

アジ研が国連大学より受託した人間と社会の開発プログラム「技術の移転・変容・開発-日本の経験」プロジェクトの成果を電子化・公開しています。戦後日本の発展過程を理解する参考に。

アジ研の調査記録等のために撮影した写真、スライドフィルムを電子画像化したものです。途上国の変化したもの、変わらないものを半世紀後の現在と比較することができます。

少数民族言語のデータベース

キリスト教系少数言語研究団体SIL公開しているウェブサイトです

https://www.ethnologue.com

少数民族言語の概況(話者人口、分布地域、言語系統、使用状況)をまとめてくれています。
書籍も出版されていますが、ウェブサイトの方が大変使いやすいのでお勧めです。