English

大学HOME

学外からデータベースを利用する ~VPNサービス~

 学習・研究のために当館で契約している【オンラインジャーナル・データベース】(以下、DB)を、自宅など学外からでも利用できる「VPNサービス」を用意しています(2012年4月スタート)。

 VPN(Virtual Private Network)サービスは、Webブラウザを使用して、学外から学内ネットワークに接続できるサービスです。これに接続すると、学内のPCでアクセスしている時と同じように、「学内限定アクセス」のDBを利用することができます(学内者のみ)。
なお、VPNサービスが利用できるのは以下の端末に限られます。
※Android端末ではVPNを利用出来ません。


  ○Windows :Windows 10
  ○Mac OS :10.9以上 / 11 Big Sur
  ○iOS :iPhone / iPad / iPod touch

 各端末での専用ソフトのインストール方法は、以下のマニュアルをご確認ください。

VPNサービス接続方法

 詳細マニュアルはこちら
 東京外国語大学総合情報コラボレーションセンターのサイトからマニュアルを確認できます。

 ≪VPN接続についての問い合わせ先≫
 総合情報コラボレーションセンター(ICC): icc-service[at]tufs.ac.jp 

学外からのデータベースの利用方法

 1) 上記詳細マニュアルを見て、「Cisco AnyConnect VPN Client」をインストールします。

 2) 「Cisco AnyConnect VPN Client」を起動した状態で、
    図書館HPの【オンラインジャーナル・DB】ページから希望のDBにアクセスします。

  ★ オンラインジャーナル・DBの一覧:
    http://www.tufs.ac.jp/common/library/guide/list/online.html

 3) 利用が終わったら、「Cisco AnyConnect VPN Client」の接続を切ります。

 ≪データベース利用方法についての問い合わせ先≫
 附属図書館サービス係: tosho-service[at]tufs.ac.jp または
 附属図書館2Fカウンター(平日10-17時)