東京外国語大学
世界の地域情報

世界の地域情報

地域の情報

世界とっておき情報―四半世紀ぶりにアスンシオンを訪れて

2017年8月13日に成田を発ち、我が研究地域であるボリビアに10日ほど滞在した後、四半世紀ぶりにパラグアイのアスンシオンを訪れた。企業の駐在員として家族帯同で生活していたチリのサンチャゴから旅行で訪れた1992年以来である。当時は、パラグアイ観光というよりも、日系移住者が多いだけにサンチャゴでは食べられない美味しい日本料理と、日本のODAで建設された道路を一路東に向かった先のイグアスの滝がお目当てであった。その後、一度も足を運ぶ機会がなかったが、サンチャゴで家族ぐるみでお付き合いして頂いた知人が、退職後、奥様の故郷アスンシオンに住んでいるので久々にお会いするべく足を延ばしてみたのだ。

到着早々、知人ご一家が、アサドと呼ばれる炭火バーベキューで歓待してくれた。料理人を志している息子さんが腕を振るってくれた。現地の料理学校でも最近、日本の和食料理人たちの努力でUNESCOに認められた日本が世界に誇る「うま味」を教えはじめたらしい。既に洋食ではキャリアを積み、近々、日本の料理店で和食を修業予定とのこと。面白い料理人が誕生してくれそうだ。実際、彼が味付けしてくれた炭火バーベキューは、どの部位も塩加減が絶妙で訪問初日からベルトの穴がきつくなってしまった。

25年前のアスンシオンには、コロニアル風ののどかな田舎町という印象しかなかったが、ここ7-8年の目覚ましい経済成長の結果、中心街には、ブランドもののショップが建ち並び、ニューヨークの一角或いは、東京で言えば代官山あたりの風情を感じさせるほど変貌していた。とは言え、経済成長を支えるのは、ブラジルとの巨大公共事業であったイタイプ水力発電所が生む電力のブラジルへの売電収入と、かつての同国最大の密輸入港プエルト・ストロエスネル(現在のシウダー・デル・エステ)を中心とする密輸がらみの収入の二本柱だとの声もある。裏経済を排除しきれないとすれば、それも中南米の一つの顔だろう。しかし経済成長の結果、市民生活は、豊かになり幸福そうに見えた。

アスンシオン市内の一等地のショッピング・アーケードとスーパーに入ってみたが、店によっては、日本よりも洒落ている。並ぶ商品も日本に劣らずセンスの良いパッケージに納まっている。本来、農牧業の国だけに肉類、果物、野菜類も驚くほど新鮮だった。この経済成長を背景に現在パラグアイ政府は、更なる経済発展のために外国企業を誘致しようと法人税率の低減や海外から進出した製造業のために原材料輸入税免除などの優遇制度を設けている。日本企業も自動車用ワイヤハーネスのメーカーや造船メーカー等が進出(一部はブラジルから移転)している。更に日本企業を誘致するべく日本大使館、JICA、JETROがセミナーを開いたり、日本企業のミッションを招いたりして尽力している。しかし、スペイン語の壁、日本からの距離、そしてまだ人材開発が日本企業の望む水準に達していない等の問題が立ちふさがり、思うような企業誘致には至っていないようだ。7000人を超える日系人社会は存在すれど、地球の反対側パラグアイは、やはり遠い国なのだ。そして教育の質向上を基礎にした人材開発が如何に大切であるか。そんなことを考えながら帰国の途についた。

東京外国語大学 大学院総合国際学研究科
世界言語社会専攻
博士前期課程2年 上崎 雅也

世界とっておき情報―メキシコ独立記念日、国民の思い

今から5年前にスペイン語と出会い、ラテンアメリカの魅力に取りつかれてから初めてやってきたメキシコ合衆国。私にとってラテンアメリカ初の滞在国である。これまでこの国、この地域に関する資料は多く目にしてきたものの、やはり百聞は一見に如かずと思う点が多い。

メキシコに来て約1カ月が経つ9月16日。この日はこの国にとって重要な日である。メキシコ独立記念日だ。2~3週間ほど前から町は緑、白、赤で装飾が施され、道端ではメキシコの国旗や三色のアクセサリー等が販売され始める。私の通う学校でもメキシコカラーに飾り付けがなされ、中庭ではメキシコの伝統料理や民芸品が販売されていた。

前夜、メキシコシティの中心地ソカロや、私の住む観光地区コヨアカンでは真夜中まで屋台が立ち並び、移動遊園地が設置され、野外コンサートが行われ、数え切れないほどの人で町は大賑わいとなる。サルサの演奏が始まるとすかさず踊り出し、有名な民謡が演奏されると老若男女問わず口ずさむ。陽気な夜の始まりだ。皆、思い思いの独立記念を祝った衣装に身を包み、深夜を今か今かと待ち望む。

午後11時、ソカロではメキシコ大統領が、またメキシコシティの各地区ではそれぞれの首長が簡単な挨拶の後、鐘を鳴らし、「メキシコ万歳」と叫ぶ。その掛け声に合わせ、広場に集まった人たちも一緒に「VIVA !(万歳)」と叫び出す。次に独立に携わった数々の人の名前とともに、「万歳」と繰り返す。広場は数分間、万歳の掛け声の嵐に包まれる。これは1810年9月16日の早朝、司祭イダルゴがドロレスの教会の鐘を鳴らし、スペイン人の追放を訴え、「メキシコ万歳」と発声したことで有名な「ドロレスの叫び」に由来する。万歳がおさまると、国歌の大合唱だ。子供たちも元気いっぱいに国歌を歌い出す。歌が終わると、拍手喝采となり、間もなく夜空に花火が打ち上がった。メキシコカラーの花火がこれでもかと言わんばかりに夜空を染める。広場に集まった人は皆、曲に合わせて上がる花火を見つめて自国の独立記念を祝う。

独立記念日当日の9月16日。中心地ソカロでは朝から報道陣が集まり、軍事パレードが執り行われる。予想以上に規模の大きいパレードに正直私は驚いた。家に居ながらテレビで生中継を楽しんだのだが、日本では見ることのない軍事パレードのパフォーマンスに釘付けになった。私は3年ほど前にフランスに1年間滞在した経験があり、7月14日の革命記念日にシャンゼリゼ通りで行われた軍事パレードもテレビで見たのだが、映像を通した印象では、フランスよりもメキシコのパレードの方が規模や迫力、軍事パレードにかける思いが大きく感じられた。

メキシコに到着してまだ間もないが、時折この国の人々は愛国心が強いと思わせられることがある。理由はまだ今の私にはうまく説明できないが、この1年でさらに「メキシコ」とはどんな国なのか肌で感じながら過ごしていきたい。土着の文化を持ちながらも、植民時代を経験し、独立を迎え、発展し、数多くの人種が混ざり合い、国際社会において大きな存在感を示すまでとなったこの国を知ることは、これからの社会を考える上で必ずや大きなカギとなると信じている。


東京外国語大学 大学院総合国際学研究科
世界言語社会専攻
博士前期課程2年  八角(やすみ) 香

世界とっておき情報―キューバの「もったいない精神」

私は観光のためキューバを訪問した際、キューバ人の家に立ち寄り、自動車を使い続ける執念の一端に触れることができた。知り合いに日本で学ぶキューバ人留学生がいて、滞在中、偶然その親族を訪ねるチャンスに恵まれた。その家が自動車の所有者だったのだ。

ハバナ郊外の自宅を訪ねると、親族夫婦が歓待してくれた。夫の自慢はルノーの小型車だった。マイカーは誰でも持てるものではない。彼は日本から来た珍客を呼び寄せると、ボンネットを開けて、自分がいかに手間をかけてルノーを維持し続けてきたかを説明してくれた。彼自身が修理する技術を持っており、オリジナルのパーツが使えなくなったら、ロシア・東欧製などに少しずつ置き換えているが、それでもまだオリジナルがたくさん残っていると話していた。まるで我が子をいつくしむように大切に使っている様子がうかがえた。
連続してどのくらいの時間を走ることができるかを尋ねると、正直に「20分くらい」と答えてくれた。長めに走るときは20分走ってはエンジンを止めてクールダウンし、また20分走るのだという。近場であれば買い物や通勤に十分使えるそうだ。交通渋滞がほとんど発生しないため、たとえ20分の走行時間であっても、東京の感覚からすればそこそこの距離を走ることができると思われる。

話を交わしながら、ここ半世紀以上、キューバ国内の自動車を維持してきた人々の思いが伝わってくるようで、私は強い感動を覚えた。「アメリカ合衆国の人々にはとても真似できない技ですね」と声をかけると、彼は大きくうなずいた。「彼らは使えるものでも古くなるとすぐ捨てちゃうからね」。

同じような精神を東南アジアで実感したことがある。フィリピンのジープニーと呼ばれる乗合自動車である。フィリピン人は第二次世界大戦後に米軍から払い下げられたジープを改造し、自国民好みの装飾を施して庶民に欠かせない交通の手段に発達させていった。フィリピン人は自動車修理・改造に熱心で、私は以前、ボディーが使えなくなった小型車からドアやフロントガラス、屋根を含む車体ほぼ全体を取り除き、エンジン部分だけをブリキ板で覆った粗末な自家用車に乗せてもらったこともある。

使える限りはものを捨てずに使い続けようとする精神。資源や物資が足りない国ではどこでも受け入れられる姿勢だろう。さきほどのルノー所有者に「Mottainai(もったいない)」という言葉の意味を説明すると、大いに共感してもらえた。


東京外国語大学 大学院総合国際学研究科
国際社会専攻
博士後期課程 松野 哲朗

世界とっておき情報―メキシコの日系人医師に歴史あり

日系人が神様のように見えた経験をした。メキシコ大学院大学(COLMEX)での資料収集を主目的に、メキシコ・シティを訪れた2017年2月のことである。土地特有の大気汚染、空気の乾燥、昼夜の寒暖差、高地ゆえの酸素不足に加え、何かよくないものを食べてしまったらしい。日に日に体調が悪化していくなか、数日間はアポ等を何とかこなしたものの、ある日、限界寸前に至った。のど、腹、頭など全身がどうかなってしまったようだった。

気がつけば民泊先の住人は仕事で出払っていて誰もいない。そこで、契約している保険会社に連絡を取って市内の診療所を紹介してもらった。這うようにして行ってみると、教えられた場所にあったのは看板も何もない民家で、中に入ると高齢の日系人医師が迎えてくれた。日本語がぺらぺらなのに驚く間もなく、からだの具合は限界に達し、自らの体調を説明しながら不覚にも意識を失ってしまった。

振り返ると、先生を訪ねるのがもう少し遅かったら、もっと厄介なことになっていたかもしれない。そのときは臀部に注射を打たれ、いくつかの薬を処方してもらっただけだったが、すぐに効果が出始め、2日後にはほぼ復調した。そして、残りの3週間近く、調査計画をほぼすべてこなすことができた。診断が的確だったのだろう。

後日、この経験をメキシコ通の元外交官に話したら、興味深い歴史的背景を教えてくれた。日本とメキシコ両国は戦前、「医師自由営業協定」(191728年)を結んでいたため、日本の免許を使ってメキシコで医業を営むことができた時期があった。当時、メキシコは革命期の内戦のあおりで、農村部が荒廃し、医師不足に悩んでいたことが協定締結の背景にあった。協定に基づいて海を渡った日本人医師の子孫が親の職業を受け継いでいった結果、メキシコには日系の医師・歯科医が多いという。元外交官ご自身もメキシコ駐在中に日系人医師に何度も世話になったとのことだった。

実は、私は診療所で先生の生い立ちを少し聞いていた。意識がもうろうとしていたため、不正確なところがあるかもしれないが、概略は以下の通りである。話を聞いたとき先生は84歳だった。メキシコ生まれである。戦前、まだ子供だったころ、親の実家がある九州に里帰りしたことがあった。しかし、メキシコに再び戻ろうとした直前、真珠湾攻撃により日米開戦に至り、帰国できなくなったという。先生はそのまま10代の大半を戦時下の日本で過ごした。日本語が達者なのはそのためだ。20歳前にメキシコ帰国がかない、そこから猛勉強して医師になったそうだ。父親が医師であったかどうかは尋ねなかったが、帰国してすぐに医学の勉強を始めたようなので、日系人に医師が多かったことと無関係ではないはずだ。

先生の診察手法は「徹底的に聞く」ことだった。こんな症状はあるか、あんな症状はあるかと畳みかけ、持病や過去の健康診断の結果も細かく質問することにより、原因を絞り込んでいく。当初は、民家風の診療所のうえ、先生が高齢だったため、的確な診察をしてもらえるのかと不安を覚えたのだが、今思うと大変失礼な思い違いだったと反省している。日系人の名医と出会えたことは幸運だった。


東京外国語大学 大学院総合国際学研究科
国際社会専攻
博士後期課程 松野 哲朗

知られざるトルコの大作家 アフメト・ハムディ・タンプナル

アフメト・ハムディ・タンプナル。20世紀トルコ文学を代表するこのビッグネームの名前を知る日本人、まして実際に作品を読んだことがある人は一体どれほどいるだろう?タンプナルは、トルコで日本文学史における夏目漱石(その作風・文体などは当然全く異とするが)のようなポジションにいる小説家、つまりはトルコ近代文学の父である。オスマン文学(漱石ならば、日本の古典文学)をその教養の出発点としつつ、漱石同様に、西洋文学から(漱石がディケンズをはじめ深くイギリス文学に傾倒していたのに対しタンプナルは特に、ボードレール、プルースト、バルザックなど、フランス文学を愛してやまなかった)大きな影響を受けて、栄華を極めたオスマン帝国崩壊後、猛烈な勢いで「近代化」「西洋化」を進める、共和国トルコを舞台に、「西」と「東」の文明の相克を描く、独自の文学世界を創造した。トルコ人初のノーベル賞作家となったオルハン・パムクも彼から多大な影響を受けたことを公言している。

現在私が研究対象としている、『時間調整機構(Saatleri Ayarlama Enstitüsü)』は1961年に出版された、タンプナルの事実上遺作となった長編小説だ。トルコ共和国内の時計を、それまでのイスラム暦から西洋時間に変えるため設立された「時間調整機構」(複雑な罰金システムを用いて西洋時間に合わない、国内全ての時計に罰金を課す作品内の架空の巨大官僚機構)を舞台に、建国間もないトルコの、オスマン以来の伝統と「近代化」の軋轢、「西洋」と「東洋」、イスラムの相克とその問題を、エンターテイメントとしても読める作品のうちに描き出している。
 彼のもう一つの代表作『心の平安』の英訳が出版されたのが2008年、『時間調整機構』の英訳が出たのが2013年であり、タンプナルはまだ、国際的な認知・評価自体が、始まって間もない。9月に藤原書店より『心の平安』の邦訳が出版され、日本でもようやく一般の読者も彼の作品を楽しむことが出来るようになった。この流れが続くことを心から期待したい。

東京外国語大学大学院総合研究科地域・国際研究専攻地域研究コース (現代トルコ文学研究)
博士前期課程 堀谷加佳留

外国大学での講師経験で考えたこと

1990年代末、ポルトガルの新リスボン大学(New Lisbon University) で1年間非常勤講師として教鞭をとった。担当は日本語・日本文化であった。ポルトガルでは13世紀創立の歴史あるコインブラ大学や1991年創立のリスボン大学が欧州でもよく知られるが、これに対し、新リスボン大学は新しい国立大学であり、ポルトガルを離れれば知名度も低かった。この大学から講師の話があった時は、新しい大学の支援という観点でも、日本事情の広報という観点からも、関心を持った。
しかし、やってみたいからといって、他に仕事があればすんなりOKを出せることにはならない。1回の講義ということであればあまり負担もないが、1年間、毎週大学に行かなければいけないとなると、話は簡単にはいかない。これをクリアするには結構時間がかかった。結局、仕事は週一回夕刻の時間休をとり、且つ、大学からは無給で引き受けた。大学のためのボランティア講師である。
大学で担当した学生は高学年生であった。3、4年生である。2~3年間の日本語の授業をとってきており、ある程度出来る学生たちであった。しかし「これなら楽!」というものでもなかった。ある程度しゃべることができる、文章も読むことができる、しかし、それと理解度は別であった。学生にとって、日本語は欧州言語とは根本的に異なるものであり、彼らにとって英語等ならSecond languageというレベルに持っていき易いが、日本語はそうはいかない。あくまでForeign languageである。学生が講師の言うことを理解する以上に、講師が学生のことを理解することが重要であった。
また、講師がnativeだからといっても教えるということは容易ではない。日本ではnativeによる英語授業が好まれる傾向にあるが、nativeよりも日本人講師の方がうまく指導できることもある。nativeの外国人よりもその国の講師の方が、学生の弱い点、強い点をよく識別できるからである。ポルトガルでの講義においても、日本語を理解するポルトガル人講師の方がいい授業をできたのではないかと思うこともあった。
講師がその国の言葉(ポルトガル語)を理解していることは有効であるが、その使い方もよく考えるべきである。実際、講義の中でポルトガル語を多用しすぎたということは大きな反省点である。あとから思えば、日本語の授業かポルトガル語の授業かわからないようなこともあったような気がする。
日本語を教えることで、学生の対日関心度を高めることはできたであろう。しかし、外国語を教えるという面に着目すれば、講師としては言語能力以上に学生を理解する力やメソッドを応用する力が求められるのではないかと考えるようになった。日本語は、普遍性という面では、欧州言語に比べて限定的なものとなる。コミュニケーションのための言語をひとつの言語のみに限定しない欧州複言語主義(Plurilingualism)の範囲には日本語は入らないであろう。学生は面白くないというだけで簡単に離れていく可能性もある。それだけに、教える側の学生に対する接し方は重要であり、責任も大きい。国際貢献やボランティアだとしても、ただ教えるというだけでなく、幅広い観点から物事を考えていくことが必要となろう。(社会・国際貢献分野)

名井良三 (みょうい りょうぞう)
社会・国際貢献情報センター 副センター長

アフリカの紛争:ブルンジ紛争とAU(アフリカ連合)

1. 中東で混乱が起これば日本でもよく報じられるが、サブサハラ・アフリカとなると、多数の死傷者が出たとしても報道で目にすることは少ない。しかし、悲惨な事態は2016年に入っても現実に起こっている。ブルンジ で今起こっていることは、2016年のアフリカの中で最も懸念される紛争のひとつである。
2. アフリカ東部に位置するブルンジは過去の混乱から脱し和平の道を進んでいたかに見えていたものの、昨年来事態が一転し大きな政情不安に陥った。この状況を前にアフリカ連合(AU)は積極駅姿勢を示し、平和維持部隊派遣も具体化しつつあった。しかし、本年初めこのAUの動きにも変化が出始め部隊の派遣は見送られることとなった。ブルンジ側の予期せぬ強い反発に腰が引けた形になったのである。
過去、この地域ではどちらかと言えば隣国ルワンダが注目を浴びていた。ツチ族、フツ族の対立により大規模の死傷者が出た。しかし、このルワンダでは、今はそれを克服し、安定した政情の下で経済も良好な様相を示すようになった。世銀の"Doing Business"でもルワンダはアフリカ上位に位置するまでになった。対照的状況になったのが同じ地域のブルンジである。
ブルンジは、1962年の独立後、民族対立の構造の下で混乱し、それが今では異民族間の対立という枠を超えた混乱へと姿を変えてきている。昨年4月、ンクルンジザ大統領は3期目の大統領選出馬表明をした。憲法規定から外れる行為であり、これにより国内は再び混乱し始めた。大統領は野党ボイコットの中で選挙を強行し、混乱は収まらなくなった。今や大統領派と反大統領派の対立は顕著で、昨年以降、今年2月までの死者は数百人、近隣国への流出難民は20万人を超える。
これに対し、AUは介入の姿勢を見せた。アフリカの平和維持軍による事態の収拾を試みようとしたのである。正に「アフリカによるアフリカ問題の解決」がAUの方針でもある。しかし、当面はこの具体化はなくなった。紛争処理にも積極的に介入すべく過去のアフリカ統一機構(OAU)からAUに転換したはずであった。物事は簡単には進まない。これが国際政治というものであろう。
3. AUは、2002年に発足した。前身のOAUは「統一機構」との名を持ちつつも内政不干渉の下で紛争処理のためには効果的行動がとりにくい状況にあった。強い権限をもたせるべく新組織が構想され、これがAUとして身を結んだのである。AU創設の推進者は今は亡きカダフィ大佐である。彼は元々汎アラブ主義推進者であったが、AUの強い推進者として動いたことは彼の汎アフリカ主義への転向ともとれるものである。AUは、紛争解決、平和構築の分野における機能強化のため平和安全保障理事会が設けられ、平和維持部隊の派遣も可能となった。アフリカの問題に対しアフリカ自身の手で解決を導くよう歩み出したのである。
4. ブルンジの国家経済は、最貧国レベルではあるものの、近年国内が安定してきたもあり、5%前後という高い成長率を示してきた。経済成長のためにも政情安定は重要な要素となる。この国の不安定化は近隣諸国にも少なからず影響を与えるため、AUとしては地域の安定という面からも調整にあたりたいところである。今回のブルンジ問題に対し、AUは当面平和維持軍の派遣は見送るもののハイレベルの代表による対話による解決を模索することとなった。これは、強い介入から静かな介入へと姿勢を転換したことになる。
ただ、冒頭でAUの腰が引けたかの如く書いたが、見方を変えてみれば、今のAUの動きも決して過少評価すべきものではなく、アフリカ主導による動きのひとつとして見ることもできるかもしれない。少なくともそのように期待したい。(国際動向・国際事情分野)

名井良三 (みょうい りょうぞう)
社会・国際貢献情報センター 副センター長