東京外国語大学
センターの目的・組織

センターの目的・組織

  • センターの目的・組織

本センターの目的

東京外国語大学は、「世界諸地域の言語・文化・社会に関する教育研究拠点」として、この度「社会・国際貢献情報センター」を、2013年(平成25年)10月1日に開設いたしました。東京外国語大学は、「世界知の蓄積」と「地球社会との協働」をめざしています。

そして今日、「世界知」を社会に活かす!をモットーに、東京外国語大学 社会・国際貢献情報センター(ICSIC)を開設しました。社会・国際貢献のために本学が「世界知のハブセンター」になることを宣言します。

世界諸地域の社会の中で、地域の言葉を使い、密度の濃いコミュニケーションを通じた得た世界知は、当該地域におけるさまざまな分野(経済、習慣、政治、宗教など)における「経験知」として、またそれらと日本(地域)を相対化(地域的・文化的鳥瞰分析)をすることによって得た「一般知」として、他地域のより一層の理解に、そして日本(地域)のために役立てることができます。

東京外国語大学 社会・国際貢献情報センター(ICSIC)は、こうした「世界知」の集積と整理、そして発信の機能を果たし、世界諸地域「世界知」活用のハブとして、日本のグローバル化の大きな力となることを目指します。企業の皆様にも積極的にご参加、ご利用、ご支援をいただければ幸いです。

組織

センター概要

所在地 〒183-8534
東京都府中市朝日町3-11-1
国立大学法人 東京外国語大学
研究講義棟3階 319室
名称 社会・国際貢献情報センター(ICSIC)  

構成員

                         2017.4.1現在
■センター長
和田 昌親(日本経済新聞社元常務取締役)
■副センター長
名井 良三(元アンゴラ大使、元ブラジル・ベレン総領事)
■センター員
奥村 邦夫(日本ペルー協会事務局長、日本チリー協会事務局長)
長崎 輝章(特命事項担当室・特任教授)
木村 晴茂(社会連携主幹)
■センター事務局
高坂 香(総務企画課広報係長)
岸田 雪恵(社会貢献マネジメント・オフィス特定専門職員)
■学内アドバイザー
青山 弘之(大学院総合国際学研究院・教授)
佐野 洋(大学院総合国際学研究院・教授)
鈴木 茂(大学院総合国際学研究院・教授)
宮田 敏之(大学院総合国際学研究院・教授)
真島 一郎(大学院総合国際学研究院・教授)

センター規程

国立大学法人東京外国語大学 社会・国際貢献情報センター規程