• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Activities活動記録

  • Home
  • 活動記録
  • ASCセミナー
  • 第2回 エチオピア・ガモ高地の食糧安全保障:農業介入と小農の経験知(ゲタネ・メハリ アディスアベバ大学助教授)

ASCセミナー

第2回 エチオピア・ガモ高地の食糧安全保障:農業介入と小農の経験知(ゲタネ・メハリ アディスアベバ大学助教授)

日時 2017年6月14日(水)17時40分-19時10分
場所 東京外国語大学 研究講義棟224教室
講師 ゲタネ・メハリ博士(アディスアベバ大学社会科学部社会人類学科・助教授)
テーマ エチオピア・ガモ高地の食料安全保障:農業介入と小農の経験知(Fighting food insecurity in the Gamo Highlands of Ethiopia: Agricultural intervention modalities and smallholders' determination to craft experience-based solutions)
要約

20世紀中期以降のエチオピアで行われた食糧安全保障政策の概要や、政権変化に伴う農業政策の変遷につきゲタネ博士から説明された。ガモ高原に暮らす小規模農家が外部の進言に拘わらずライムギ(現地語Bashkela)を栽培し続けていることに注目し、その背景を分析的に報告した。

IMG_1016.JPG