博論・修論・卒論・ゼミ論の題目リスト

博士論文

修士論文

氏名執筆年タイトル (英文)タイトル (和文)発表会資料研究室保管
金光翔一2017認知意味論的手法を用いたコーパスに基づく英語前置詞研究: ネイティブとノンネイティブコーパスを用いてPDF
川本渚凡2017The Criteria of "Good" Illustrative Examples in Learner's Dictionaries: From the Perspective of Japanese EFL Learner's Actual Use of Dictionary Examples in L2 Writing学習者辞典の「良い」用例の条件とは: ライティングにおける日本人英語学習者の用例使用の観点からPDF
コウ​・​レイガ2017CEFRレベルに基づく動詞 - 名詞コロケーションに関するコーパス研究PDF
盒桐加2016コーパス分析に基づくCEFR基準特性としての関係代名詞に関する研究: 学習者・コースブックコーパスを用いてPDF
Zhaoxuan Lee2015A Corpus-based Study of the Use of Gerundial and Infinitival Verbal-complements by Native Speaker and EFL learners
宮崎光2015Corpus-based Studies on the Effective Presentation and Instruction of the Verb MAKE: Comparing Native Corpora against Learner and Textbook Corpora基本動詞MAKEの効果的な提示と指導について:母語話者コーパスと学習者・教科書コーパスを比較して
Zhang Yunan2015A CORPUS-BASED ANALYSIS OF LEXICAL COLLOCATIONS IN EFL TEXTBOOKS
Kosuke Doi2012Extracting Criterial Features for CEFR Levels Using Corpus-Based Lexical and Grammatical Profiling

卒業論文

氏名執筆年タイトル (英文)タイトル (和文)発表会資料研究室保管
濱嵜灯2017コーパスを活用した英語無生物主語構文の分析: 日本語への翻訳の方略のためにPDF
山崎加奈2017中学校英語検定教科書語彙のコーパス分析: 母語話者コーパスとCEFR-J Wordlistとの比較を通じて
安宅優希2016コーパスによりフィリピン語の借用語研究 -意味分野の観点から-PDF
北出望2016A Comparative Study of English Verbs of Causation between Native Speakers and English-learners: from the Perspective of FrameNet?英語学習者と母語話者間の因果関係英語動詞用法比較 - FrameNet?の観点から -PDF
新川美咲2016Pragmatic Analysis of Request Dialogues in Junior High School English TextbooksPDF
中島詩菜2016Refining Data-Driven Learning Materials through a Survey of Pre-Service EFL Teacher Trainees新任前英語教育実習生への調査によるデータ駆動型学習教材の改善PDF
石川将也2015A Comparison of Vocabulary in Secondary School Textbooks and University Entrance Examinations: Is the vocabulary learned through textbooks enough for the exam?中高英語教科書語彙と大学入試問題語彙の比較分析
冨士健太2014学習指導要領改訂に伴う高等学校英語教科書使用語彙の分析
岡島玲香2013「日比パラレルコーパスの作成と活用案」ー フィリピンミュージックの歌詞に見る、」フィリピン語同士接辞の使い分け ー
金高悠子2013On the distinction between "Must" and "Have to": A corpus-based Study
合田弘人2013Studies on Corpus Interface for Learners of English* Interviews with Japanese University Students
Kosuke Doi2010A Corpus-Based Research on the Development Sequence of L2 English Tense-Aspect System
Ayaka Miyamoto2010Comparison of the Usage of Modal Auxiliaries of English between Native Speakers, German EFL textbooks and Japanese EFL Textbooks: A Corpus-based Approach

ゼミ論

氏名題目発表会資料
江口美優2017語彙学習の向上に向けた補助教材作成 ーAntConc??を用いてPDF
冨田真由2017JEFLLコーパスを用いたライティング指導教材の作成
ローレンス・ニューベリーペイトン2016NICEにおける日本人英語学習者による法助動詞の使用傾向についてPDF
濱嵜 灯2016TEDコーパスを使ったプレゼンにおける効果的な英語表現の抽出PDF
道原雄斗2016butとthoughの使い方の混同についてPDF
山崎加奈2016NICE JLE Corpusストーリーてリングタスクに基づいた学習者の特徴抽出とスピーキング指導への応用PDF

研究生レポート

氏名題目発表会資料
イン・メイ2017A corpus-based study on the distinction between "once" and "as soon as"PDF
トウ・ショウトウ2017A Comparative Study of Vocabulary Size, Variation and Difficulty Between Junior High School Textbooks in Japan and ChinaPDF

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-07 (火) 15:34:11 (227d)