HOME > 研究会・プロジェクト情報

第1回 TUFS歴史・地域研究セミナー (2018.7.3)

塚田浩幸(本学博士課程)
「18 世紀大西洋世界におけるポカホンタスの神話化」
コメント 芹生尚子(本学教員)

2018年7月3日 17:40~(1時間程度を予定)
東京外国語大学 海外事情研究所(427)

詳細はこちらをご覧ください

所員研究会 (2018.6.6)

上原こずえ
「戦後沖縄における民衆運動の越境と反開発思想」

2018年6月6日 14:20-
東京外国語大学 海外事情研究所(427)

詳細はこちらをご覧ください

公開ワークショップ (2018.5.28)

『「満洲国」における朝鮮人集団移民部落の形成と実態~植民地朝鮮原州からの集団移民募集と送出過程を中心に~』
講演者:孫春日(ソン・チュニル)(延辺大学 教授)

2018年5月28日,17:45-
東京外国語大学 海外事情研究所(427)
通訳あり、入場無料、出入り自由

共催:海外事情研究所
主催:科学研究費補助金 基盤研究(B)「日本/朝鮮・中国東北からみた「満洲」の記憶と痕跡~輻輳する民族・階級・ジェンダー~(課題番号:16H03325)」(代表者:金富子)

詳細はこちらをご覧ください

講演会 (2018.5.16)

クリスティ・ピキケーロ
『軍事啓蒙—フランスにおける心性と越境するその遺産』

2018年5月16日,16:10-17:40
東京外国語大学 海外事情研究所(427)

共催:海外事情研究所
科研費・基盤研究(B)グローバル化と「共感の共同体」−19世紀後半から20世紀後半を中心に−(17KT0031)
科研費・基盤研究(C)近世フランスの軍隊社会に関する基礎的研究(18K01023)

詳細はこちらをご覧ください

科研研究会 (2018.3.28)

科研研究会「入試問題を歴史教育に活かす」

2018年3月28日(水) 東京外国語大学 研究講義棟115教室

報告(1)
 「論述入試問題を利用した高校世界史の講習について」
   報告者 :津野田興一(東京都立駒場高等学校)
   コメント:石尾和彦(石川県立金沢泉丘高等学校)
        小島昌吾(鹿児島県立出水高等学校)
        美那川雄一(静岡県立御殿場高等学校)

報告(2)
 「東京外大「世界史」入試問題と歴史用語精選」
   報告者 :鈴木茂(東京外国語大学)
   コメント:綾如永(北海道函館中部高等学校)
        牛嶋秀政(熊本県立大津高等学校)
        小野久雄(岩手県立盛岡第一高等学校)

※ 参加ご希望の方は、資料・会場準備の関係上、3月27日(火)までに
  事務局(海外事情研究所 ifa@tufs.ac.jp)までご連絡ください。

主催:科研基盤(B)(16H03463)
「高大連携による歴史教育の実践的研究」
共催:東京外国語大学海外事情研究所

詳細はこちらをご覧ください

講演会 (2018.3.15)

宗教からみた「満洲国」の記憶~キリスト教の抵抗と妥協~

講演者:渡辺祐子(明治学院大学教養教育センター教授)司会者:倉田明子(本学准教授)

日時:2018年3月15日(木)14時~
場所:東京外国語大学研究講義棟 海外事情研究所(427)

科学研究費補助金基盤研究(B)「日本/朝鮮・中国東北からみた「満洲」の記憶と痕跡~輻輳する民族・階級・ジェンダー~(課題番号:16H03325)」(代表者:金富子)

詳細はこちらをご覧ください

特別研究員研究会 (2018.3.14)

清水祐美子

「19世紀フランスにおける『民間信仰』研究のアプローチ―ヴァン・ジュネップの質問表に見る―」

日時:2018年3月14日(水)11 : 40 ~ 12 : 40
場所:東京外国語大学研究講義棟 海外事情研究所会議室(427)

詳細はこちらをご覧ください

特別研究員研究会 (2018.2.28)

包宝海

「内モンゴルにおけるトクトホの歴史叙述と記憶」

日時:2018年2月28日(水)11 : 40 ~ 12 : 40
場所:東京外国語大学研究講義棟 海外事情研究所会議室(427)

詳細はこちらをご覧ください

特別研究員研究会 (2018.2.21)

飯倉江里衣

「満洲国軍朝鮮人の植民地解放前後史―日本植民地下の軍事経験と韓国軍への連続性」

日時:2018年2月21日(水)11 : 40 ~ 12 : 40
場所:東京外国語大学研究講義棟 海外事情研究所会議室(427)

詳細はこちらをご覧ください

国際ワークショップ (2018.2.17)

国際ワークショップ 境界地域ボーダーランドにおける歴史と記憶―アルペン・アドリア地域を中心に

2018年2月17日(土) 東京外国語大学海外事情研究所(研究講義棟427)

第I部 映画上映と解説 11:00-13:00
映画上映:『ピラン/ピラーノ』
解説:山崎信一

第II部 報告とパネルディスカッション 14:00-17:00
報告:ボルート・クラビヤン 「東西間の記憶のボーダーランド:20世紀のアドリア海北部地域」
パネル・ディスカッション:ボルート・クラビヤン、鈴木鉄忠、逆井聡人、鈴木珠美 司会:小田原琳

主催:科研基盤(B)「近現代アルペン―アドリア・ボーダーランドにおける国境編成と住民論理のポリティクス」
共催:東京外国語大学海外事情研究所

詳細はこちらをご覧ください

特別研究員研究会 (2018.1.31)

KARKI Purna Bahadur

Enhancing Freedoms through Peace Building: Finding Roles, Actors and Theories Towards Nepalese Determination

日時:2018年1月31日(水)11 : 40 ~ 12 : 40
場所:東京外国語大学研究講義棟 海外事情研究所会議室(427)

詳細はこちらをご覧ください

特別研究員研究会 (2018.1.24)

上澤伸子

「バングラデシュのガロ社会における女性の生計戦略」

鈴木健太

「1980年代末ユーゴスラヴィア政治における対立の展開とナショナリズム―セルビアとスロヴェニアの競合と急進化」

日時:2018年1月31日(水)
上澤報告:11:40~12:40
鈴木報告:12:50~13:50
場所:東京外国語大学研究講義棟 海外事情研究所会議室(427)

詳細はこちらをご覧ください

ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ・国際共同研究 (2018.1.18)

Colonial Eyes on Indigenous Peoples: Discourses, Representations, Practices
先住民をめぐる言説・表象・プラクティス

Time and Date: Thursday, January 18, 2018, 13:00~17:00
2018年1月18日(木)13〜17時

Place: Institute for Global Area Studies, Room Number 427, Tokyo University of Foreign Studies
東京外国語大学海外事情研究所(427)

Speakers:

Alice NASH, University of Massachusetts Amherst
“Survivance: A Different Paradigm for Native American & Indigenous Studies”

Slivia FALCONIERI, CNRS, Institut des Mondes Africains
“Thinking about Citizenship through the Body: « Native » and « Metis » in the French Empire, from Late 19th Century to 1946”

Carmen BELMONTE, Bibliotheca Hertziana, Max-Planck-Institut für Kunstgeschichte
“Fictive Realities: The Practice of Human Display in Italian National Exibitions”

Moderators / Commentators: Naoko SERIU, Rin ODAWARA, Tokyo University of Foreign Studies

Language: English
使用言語:英語

No reservation required / Admission free
予約不要・入場無料

お問い合わせ: rodawara@tufs.ac.jp(Odawara 小田原)

CAASユニット&海外事情研究所 特別研究会 (2018.1.15)

Timon Screech (SOAS)
"From the Gate to the Railing: Changing Iconographies of Power in Meiji Japan"

コメント:伊東剛史

日時:2018年1月15日(月)17:45~19:00
場所:海外事情研究所(講義棟427)
使用言語:英語;質疑応答は日英

海外事情研究所 所員研究会 (2018.1.10)

日下部尚徳(国際協力論、バングラデシュ現代社会論)

「バングラデシュからみたロヒンギャ問題」

2017年8月25日におきた武装勢力によるミャンマー警察・軍関連施設襲撃事件のあと、60万人以上のロヒンギャが国境を越えバングラデシュで難民とし て生活を送っている。バングラデシュ政府は当初、イスラーム武装勢力に対する懸念から、ミャンマー政府を擁護する立場をとった。その背景には、 昨年の民間人20人が殺害されたダッカ襲撃テロ事件以降、イスラーム武装勢力掃討作戦を実施しているバングラデシュ政府にとって、 ミャンマー政府および軍部との協力関係が不可欠であったことや、最終的な難民の送還を念頭に置き、ミャンマー政府と良好な関係を維持したいという思惑があったと考 えられる。バングラデシュでは過去に二度、大規模なロヒンギャ難民の流入があったが、本発表ではこれら過去の事例も踏まえつつ、 周辺国からロヒンギャが孤立する要因について分析を試みたい。

日時:1月10日(水)12:40~14:10
場所:海外事情研究所(研究抗議棟427)
主催:東京外国語大学海外事情研究所

2017年の活動

こちらをご覧ください。

2016年の活動

こちらをご覧ください。

2015年の活動

こちらをご覧ください。

2014年の活動

こちらをご覧ください。

2013年の活動

こちらをご覧ください。

2012年の活動

こちらをご覧ください。

2011年の活動

こちらをご覧ください。

2010年の活動

こちらをご覧ください。

2009年の活動

こちらをご覧ください。

2008年の活動

こちらをご覧ください。

2007年の活動

こちらをご覧ください。

2006年の活動

こちらをご覧ください。

▲ページトップに戻る