英語学研究 | 英語教育学演習

基本情報

  • 開講時限:金曜4時限
  • 対象:大学院博士後期課程
  • 通年,4単位

内容

後期

  • 目的:
    • 言語習得理論とコーパスからの頻度・確率情報の融合を考える
    • 確率文法,コンピューター心理言語学系の最新動向を把握する
  • テキスト:
    • Bod, R., Hay,J. & Jannedy, S. (eds.)(2003)Probabilistic Linguistics (MIT Press)
  • 少し難解な部分が多いので、1章を2週にわけて行いたい
  • ハンドアウトを用意してレポートしてもらう
  • Wiki にできればレポートの概要をアップする

言語教育論メモ

レポートのページ

  • 方法:
    • 後期は原則、日本語で行う
    • 内容の解釈をじっくりやる
    • 学習者コーパスにどのように適用できるか考察を深めたい
  • 課題:

前期

  • McEnery?, Xiao & Tono (2006) をもとにコーパス言語学の方法論を学ぶ
  • 自分のテキスト・データを加工できる最低限の基礎知識を身につける
  • コーパスを用いた研究手法を概観する

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-10 (木) 22:57:50 (3569d)