コーパス言語学概説 前期 水 2

  • 本授業が該当する授業科目名:
    • 博士後期:言語基礎論 前後期 各2 単位
    • 博士前期:言語文化研究基礎論 前後期 各2 単位
  • 担当教員
    • 投野 由紀夫(ランカスター大学 PhD 専門:コーパス言語学、第2言語語彙習得、辞書学)内線5431
  • 教室:206

後期

  • 授業の目標
    • コーパスを用いた言語研究の具体的事例を,特にその言語処理分析方法に注目して方法論を学び,かつそれを応用したケース・スタディで手法の習得を目指す。
  • 授業の概要
    • コーパスを用いた英語・日本語処理の基礎および統計手法のヴァリエーションを学ぶ。後半はケース・スタディとして自分のテーマを決めて分析を行った結果を発表する。
  • 授業の計画
 第1回	コース全体のガイダンスと基礎講義,テキストの紹介と分担
     前期の残り:CBLS C1(モクジュンスさん), C2(光井さん)
 第2回	言語統計の基礎
     前期の残り:CBLS C3 & C5
 第3回	仮説検定
 第4回	相関分析
 第5回	回帰分析
 第6回	判別分析
 第7回	クラスター分析
 第8回	主成分分析
 第9回	因子分析
 第10回	コレスポンデンス分析
 第11回	個人研究と発表(1)
 第12回	個人研究と発表(2)
 第13回	個人研究と発表(3)
 第14回	個人研究と発表(4)
 第15回	個人研究と発表(5)

後期スケジュール

  • 11/9
    • スロベニアの e-lexicography の学会発表のため休講
  • 11/16
    • 4章 相関分析
      • 鳥越
  • 12/7
    • 6章 判別分析
      • 恩田
  • 12/14
    • 7章 クラスター分析
      • 光井
  • 12/21
    • 8章 主成分分析
      • ニシャ
  • 1/11
    • 9章 因子分析
      • モク
  • 1/18
    • 10章 コレスポンデンス分析
      • 金田
  • 1/25
    • Guest speaker: Huaqing Hong (NIE, Singapore)
  • 2/1
  • 2/8
    • 金曜日振替のため授業なし
 

 
  • 成績の評価
    • 出席20%,参加(プレゼン)30%,個人研究発表とレポート提出(50%)
  • 受講上の注意
    • 前期の投野担当の「言語文化研究基礎論」を受講していることが望ましい。
  • テキスト・教材
    • 石川慎一郎・前田忠彦・山崎誠(編著)『言語研究のための統計入門』(くろしお出版)

前期

  • 授業の目標
    • コーパス言語学の基礎的な知識と検索の基本を身につける。特にコーパス研究の手法を言語学の諸分野へ適用する方法について学ぶ。
  • 授業の概要
    • テキストの主要部分のまとめの発表およびツール講習を中心に行う。
  • 授業の計画
 第1回	コーパス言語学の全体像,テキストの紹介と分担,ツール講習の準備
 第2回	コーパス言語学の基礎;実習(1):コンコーダンサーの基礎(AntConc)
 第3回	代表性,バランス,標本抽出;実習(2):さまざまなクエリー方法(正規表現 etc.) 
 第4回	マークアップとアノテーション;実習(3):品詞・構文情報を活かした検索方法
 第5回	パラレル&多言語コーパス;実習(4):パラレルコーパスの実際 (ParaConc)
 第6回	コーパスの種類(1);実習(5): 主要な web コーパス(1) (COCA, BNCWeb, PIE, etc.)
 第7回	コーパスの種類(2); 実習(6):主要な webコーパス(2)(Sketch Engine)
 第8回	コーパスの自作(1); 実習(7): Web BootCat によるコーパス自作(1)
 第9回	コーパスの自作(2); 実習(8): Web BootCat によるコーパス自作(2)
 第10回	コーパスと応用言語学の諸分野(1); 実習(9):分析ツール類の紹介(MLTP, Seagull-Stat, R)
 第11回	コーパスと応用言語学の諸分野(2); 実習(10):分析ツール類の紹介(ChaKi)
 第12回	具体的な研究事例:(a) 辞書学, (b) 文法研究
 第13回	具体的な研究事例:(c) 第2言語習得 (d) 語用論 
 第14回	具体的な研究事例:(e) 会話分析 (f) ジャンル分析,文体論
 第15回	まとめと展望

前期スケジュール

  • 4/13
  • ガイダンス
  • 4/20
  • 4/27
  • 5/11
  • 5/18
  • 5/25
  • Chapter A7 利用できるコーパスの種類 (小山内) (スライドPDF) ※統計のセクションは飛ばします
  • 6/8
  • COCA, BNCWeb, PIE などの紹介
  • 6/15
  • Sketch Engine の紹介(BootCat? 除く)
  • 6/22
  • DIY Corpora (モクジュンス) (スライドPDF)
  • コーパスの自作の方法(エディタ類の紹介+BootCat?
  • 6/29
    • 長い章ですがざっと見ておきます
    • Corpora and Applied Linguistics (レポーター残り4名;一人10分程度 )
      • 10.2 - 10.5 (パラメシワラン)
      • 10.6 - 10.7 (安)
      • 10.8 - 10.9 (恩田) (スライドPDF)
      • 10.10 - 10.12 (峰)
      • 10.12 - 10.15 (小山内)
  • 7/13
    • 補講の調整
    • 前期のまとめ:コーパスと言語研究(自分の研究の興味・関心と結び付ける)
  • 9月30日(予定) 206教室で2時限〜4時限の予定
    • 補講期間に補講を行う
    • セクションC-1(辞書学) (モクジュンス)
    • セクションC-2(文法・語法) (光井)
    • セクションC-3(言語習得)
    • セクションC-5(言語使用域)
  • 10月12日
    • セクションC-6(英-中 パラレルコーパス)(恩田)

ワークシート

その他備考など

  • 成績の評価
    • 出席・参加30%,テキストのまとめの発表30%,課題の提出40%
  • 受講上の注意
    • コンピューター室での実習が半分,講義が半分となる。
    • パソコンに開発・分析環境を整えたいので,ラップトップの持参が望ましい。
    • テキストは英語なので最低限,英語文献を読む英語力が必要。
  • テキスト・教材
    • McEnery?, T., R. Xiao and Y. Tono (2006) Corpus-Based Language Studies: An Advanced Resource Book (Routledge Applied Linguistics)
      • 各自でアマゾンなどで購入すること
    • 最初の2章分のPDFを以下に貼り付けておくので、注文を早急にして入手お願いします:
  • メーリングリスト
    • 2011-tono-wed2@tufs.ac.jp (大文字@を小文字に変えてご利用ください)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-10 (火) 16:00:41 (2108d)