国際社会学部の教育

グローバルな視点で問題を考え、解決できる実践的な能力を備える

国際社会学部の教育

国際社会学部では、世界のさまざまな地域の複雑な仕組みを分析し、理解する能力を持ち、グローバルな視点から問題を考え、解決することができる実践的な能力を備えた人材を養成します。

現代の国際社会の成り立ちや、世界のさまざまな国と地域で生じている問題とその本質を理解するためには、適切な方法を身につける必要があります。国際社会学部では、諸地域の政治・経済・社会とその歴史についての知識を深めるとともに、社会科学と関連する諸分野の方法論を体系的に学びます。そのようにして得た知識と方法論をもとに、グローバル化の急速な進展の中で生じている紛争や対立、地球環境の悪化やエネルギー問題、地域間・階層間の格差と貧困など、現代世界で生じている諸問題の根源を洞察し、問題解決の道筋を示すことのできる分析力と行動力を養います。

学びの特徴

  1. 世界諸地域の政治・経済・社会と歴史的背景に関する専門知識を深める
  2. 紛争・災害・貧困・難民等、現代世界が直面する諸問題を社会科学的手法で分析し、問題の本質を洞察し、問題解決に資する能力を養う
  3. 現地社会と協働し問題解決にあたる姿勢を育成する

カリキュラムの特徴

入学後、最初は「世界教養プログラム」と呼ばれる3学部共通のカリキュラムで、入学時に選択した地域とその地域言語に関わる基礎的な内容や教養科目を学びます。その後、3年次からは学部のコースに進学し、専修科目としておかれている専門教育を受けることになります。「地域社会研究コース」の授業はおもに地域別の構成、「現代世界論コース」は「ジェンダー論」などの課題別の授業と学問分野別の授業による構成、「国際関係コース」はおもに社会科学の学問分野別の授業編成になっています。

専攻地域

国際社会学部では入学したときに決まる「地域」が、所属の単位となります。また複数の言語の用いられている地域については、入学時に配属の「言語」が決まり、1、2年次にはその言語を学びます。1方、1、2年次には、コースの導入科目、概論科目の履修を通じて、専門分野として何を学ぶのかを決めていきます。3年次からはコースに進学します。講義科目の他、指導教員の本ゼミなどを履修し、4年次には卒業論文、卒業研究にとりくみます。

[2019年度入学より]

PAGE TOP