学部・大学院

HOME > 学部・大学院 > 世界教養プログラム

このページを印刷する

世界教養プログラム

「世界教養プログラム」とは、グローバル化時代を生きるために必要な基礎的教養を身につける言語文化学部・国際社会学部共通のカリキュラムです。
地域言語科目・GLIP英語科目・教養外国語科目からなる「言語科目」、「地域科目」、「教養科目」に分類されます。特に1・2年次には「世界教養プログラム」を中心に履修しますが、3・4年次にも「世界教養プログラム」での学習は続きます。

地域言語科目・地域基礎科目

1・2年次には、入学時に選択した「地域」と「言語」に従い、地域基礎科目と地域言語科目を学びます。地域言語の学習は3・4年次にも続きます。

地域基礎
北西ヨーロッパ
ラテンアメリカ
南アジア
中央ヨーロッパ
日本
西アジア・北アフリカ
西南ヨーロッパ
東アジア
アフリカ
ロシア
中央アジア
オセアニア
北アメリカ
東南アジア
地域言語
英語
イタリア語
日本語
マレーシア語
カンボジア語
アラビア語
ドイツ語
スペイン語
中国語
フィリピン語
ビルマ語
ペルシア語
ポーランド語
ポルトガル語
朝鮮語
タイ語
ウルデゥー語
トルコ語
チェコ語
ロシア語
モンゴル語
ラオス語
ヒンディー語
フランス語
ウズベク語
インドネシア語
ベトナム語
ベンガル語



GLIP英語科目・教養外国語科目

■GLIP英語科目は、GLIP(グローバル人材育成言語教育プログラム)の一部です。ここでは英語の運用能力を高める授業が行われます。次の3つのカテゴリーからなっています。

・Interactive English
・Academic English
・Career English

■教養外国語科目としては、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、朝鮮語、アラビア語を学ぶことができます。

教養科目

■基礎科目(学術リテラシー・基礎演習)
文章をしっかり読み込んでレポートや論文を書くための基礎力を養います。

■スポーツ・身体文化科目

■世界教養科目
世界市民としての教養を磨くための授業群です。「くらしと社会制度」、「くらしと健康」、「憲法を読み解く」、「地球社会と共生」、「キャリアデザイン論」、「ことばの不思議」、「ことばとコミュニケーション」、「文化のおもしろさ」、「世界の文化」、「国際社会をひもとく」、「地域の視点から」、「人間と環境」、「こころの科学」、「世界の中の日本」からなっています。
  世界教養科目のうち、一部の授業は英語で行われます。これらの授業はGLIP(グローバル人材育成言語教育プログラム)の一部をなしています。

世界教養プログラムのイメージ