日本ベンガルフォーラム

催し物

以下の催し物は終了しました!


第1回日本ベンガルフォーラム プログラム

於:東京外国語大学府中キャンパス 研究講義棟115号
10:00 開場
10:30~12:00 アクティビティ部門
『ベンガル×国際協力」
私たちはなぜバングラデシュに行ったのか、若者が見た国際協力の世界
12:00~13:00 昼休み
13:00~14:30 リサーチ部門
「南アジア民俗写真アーカイブ」
小西正捷先生を囲んで記念シンポジウム 14:30~15:00 休憩
15:00~16:00 カルチャー部門
「シャンティニケタンの礎―チャティムの樹」
西岡直樹氏へのインタビュー映像、タゴールソングの原点
進行・歌 奥田由香(東京外国語大学・ベンガル語講師)
17:00 閉場


どなたでもご参加いただけます。 (参加費無料)
お申し込みは下のフォームからお願いいたします。


各部門内容

・アクティビティ部門
「私たちはなぜバングラデシュに行ったのか、若者が見た国際協力の世界」


アクティビティ部門では、NGOやソーシャル・ビジネスの分野で活躍する方々をお招きし、ダイナミックな国際協力の現場についてお話しいただきます。

座談会登壇者 :竹内勇人(エクマットラ)、望月咲樹(株式会社 ユーグレナ)他
司会:日下部尚徳(東京外国語大学)


・リサーチ部門
「小西正捷先生の南アジア民俗写真アーカイブを囲んで」


リサーチ部門では、小西正捷先生の南アジア民俗写真アーカイブの公開に寄せてディスカッションを行います。

登壇者
臼田雅之 、澁谷俊樹 、上杉彰紀、 小西公大(ビデオ報告)
(敬称略)


・カルチャー部門
「シャンティニケタンの礎―チャティムの樹」

第一回フォーラムでは、タゴールの学園シャンティニケタンの原点に遡ります。教えの根幹はどこに、どのように受け継がれてきたのか、タゴールの歌を通して探ります。
そして、学園のシンボルであるチャティムの樹について、植物学者であり画家でもある西岡直樹さんのインタビュー映像をご覧頂きます。長年、シャンティニケタンの暮らしや環境を肌で感じ、表現してこられた西岡さんならではのお話をお楽しみください。

進行・歌 
奥田由香(東京外国語大学・ベンガル語講師)

第1回ベンガルフォーラムポスターはこちら!