言語教育学演習

JEFLL Corpus で語彙的コロケーションの分析を行う

本日のポイント

  • 単語と単語の結び付きをどのように調査するか、を知る
  • コロケーションという概念とその抽出方法を知る
  • JEFLL をもとに、学年ごとの語彙的コロケーションの発達に関して考察する

タスク1:be 動詞のクラスター情報を取り出す

  • be 動詞の使用の様子を観察してみよう:
  • be 動詞の用例を抽出する(活用形に注意すること)
  • be を含む連鎖情報を抽出する方法(語彙集計)
    • どのような表現や構造が観察できるか話し合ってみる
  • 練習:分担を決めて、学年ごとの be 動詞の特徴分析を行ってみよう
    • 学年ごとに連鎖情報を抽出
    • 上位20個をリストアップし、相互比較する
      • be 動詞の使用状況は学年を追うごとにどんな変化があるだろうか?

タスク2:同様の分析を共起テーブルで行う

  • make を中心語で共起表を作成してみよう
  • 品詞で絞り込む
    • 構造のパターンを推定できるか?
  • コロケーション統計の大まかな意味
  • 頻度:単純な頻度
  • T-score :偶然かどうかを検定
  • Log-log:結び付きの強度と頻度のバランス
  • MI-score:低頻度語を特に強調
  • SCN の共起表の欠点は?
  • ネイティブ・スピーカーのコロケーション・パタンと比べてみる

タスク3:チームに分かれて動詞を決めて JEFLL vs. BNC を調べて観察してみる

  • 来週は休講なので、チームで調べた結果をもとに簡単な報告を wiki に書き込む
  • それぞれの動詞のコロケーションを取り出す仕方を話し合う
    • 名詞・形容詞などのコロケーションの品詞も決める
  • take: Aydana, Miyamoto
  • give: Soya, Hashimoto
  • get: Doi, Yashiro, Kitami
  • have:Ibuki, Ogasawara

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-26 (木) 14:36:25 (3400d)