FrontPage

512M0530 専門特殊研究 2 単位

修士論文演習 前期 火 5

  • 指導教員:投野 由紀夫
  • 教室:研究室
  • 授業の目標
    • 応用言語学における修士論文作成の実際をマスターする。自分で関心のある分野に関して研究テーマを精査し、先行研究をまとめ問題点を整理、その中から研究課題を絞り込む技術を身につける。さらに研究設問を適切に設定し、それに答えるための研究方法のヴァリエーションを身につける。
  • 授業の概要
    • 前期は研究テーマを各自で分野の先行文献を整理しながらしぼりこむ。同時に研究方法に関する基礎的な知識を身につける。
  • 授業の計画
 第1回	修士論文作成の基本的なプロセス
 第2回	研究とは
 第3回	研究方法のヴァリエーション
 第4回	文献調査(1)
 第5回	文献調査(2)
 第6回	研究テーマの発表(1)
 第7回	研究テーマの発表(2)
 第8回	研究方法:観察法、面接法,質問紙法
 第9回	研究方法:その他の質的調査法
 第10回	研究方法:実験・準実験法
 第11回	研究方法と統計
 第12回	研究デザインの発表(1)
 第13回	研究デザインの発表(2)
 第14回	研究デザインの発表(3)
 第15回	研究デザインの発表(4)
  • 成績の評価
    • 出席20% 参加・発表 30% 文献調査25% リサーチ・プロポーザル 25%
  • 受講上の注意
    • 英語論文を読める英語力を前提とする。
    • 発表とディスカッションを積極的に行う(英語で行うこともある)。
  • テキスト・教材
    • Paltridge, B. & Phakiti, A. (eds.) (2010) Continuum Companion to Research Methods in Applied Linguistics. London: Continuum.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-25 (月) 13:14:41 (2312d)