卒論演習2019

学部レベルコーパス言語学基本文献

概論書として目を通すべきもの:

Lancaster 系列:

  • Lancaster 大学の系統は概ね corpus linguistics = methodology という考え方で、Birmingham 系列とは90年代までは大きくアプローチが異なっていた。
  • 以下の3冊は時代ごとの新しい分野への言及が違うが、根本はその対立を踏まえたり、乗り越えたりする視点で書かれている。

Birmingham 系列

  • John Sinclair を中心とした Birmingham school は、lexis と grammar の区分を廃し、実際の言語使用の文脈に基づく言語理論の構築を目指した。Lancaster が文法などのタグ付与を重視するのに対して、タグを排除した text 中心の分析を重視する。この思想は、Sinclair の後、Susan Hunston らに継承されていく。
  • Sinclair の主著と補助的な参考文献
  • Sinclair の後は応用言語学分野ではSusan Hunston が中心:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-07 (日) 18:03:21 (137d)