【博士後期課程在籍の方へ:公募のご案内】

イスラエル大使館から、下記及び別添のとおり科学、社会科学、人文科学分野の博士研究員がイスラエルの大学で研究を行うためのフェローシッププログラムについて、案内がありました。
条件及び応募手続き詳細は添付資料(1)添付資料(2)をご覧ください。

また、本件に関するご質問等がございましたら、イスラエル大使館へ直接ご連絡願います。

TEL:03-3264-0392
EMAIL:science〔at〕tokyo.mfa.gov.il

※〔at〕は@(半角)に変換してください。(以下、同じ)

======================================================

*English follows Japanese

関係各位

平素はお世話になっております。

イスラエルの高等教育協議会(IASH)とイスラエル科学・人文アカデミー(ISF)は、科学、社会科学、人文科学の分野における国際的な博士研究員が、イスラエルの大学で研究を行うための新しいエクセレンスフェローシッププログラムの公募を開始すると発表しました。

当大使館では、日本の大学の幅広いネットワークにお伝えし、日本の優れた博士研究員にとって本フェローシップが有益となることを願っています。近年イスラエルは革新的な最先端研究とスタートアップの国として広く知られています。本フェローシップは日本の研究者の皆様に、イスラエル国内9大学(※)において一流の科学者や学者と協力し、グローバルな可能性と視野を広げる手段を提供できるものであると確信しています。

添付資料は、フェローシップの支援内容、申請資格、ガイドライン、選考プロセスなどの詳細と申請フォームです。申請は、フェローシップの求めるマッチング支援額の提供を約束した候補者の受入大学を通じて行われますのでご注意ください。

受入大学による申請期限は2021年2月1日です。

関連する教授陣・研究者等へ情報共有をお願いできれば幸いです。
申請担当は詳細にある通りバトシェヴァ・ショール(batsheva〔at〕academy.ac.il) です。
当部でもできる限りサポートいたしますので、ご不明な点がございましたら
science〔at〕tokyo.mfa.gov.il / 03-3264-0392へご連絡ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

駐日イスラエル大使館
文化・科学技術担当官 アリエ・ロゼン

//////////////////////////////////////////
科学技術担当官補佐 小田 聡子
Satoko 'Sati' Oda
EMBASSY OF ISRAEL
3 Nibancho, Chiyoda-ku
Tokyo 102-0084 JAPAN
TEL +81 3 3264 0392
Email science〔at〕tokyo.mfa.gov.il
Email japanisrael.scinet〔at〕gmail.com

※イスラエルの9大学
Ariel University
Bar-Ilan University
Ben-Gurion University
Hebrew University of Jerusalem
Open University of Israel
Technion-Israel Institute of Technology
Tel Aviv University
University of Haifa
Weizmann Institute of Science


To whom it may concern,

Greetings to you from the Embassy of Israel in Tokyo.

The Council for Higher Education in Israel and the Israel Academy of Sciences and Humanities have recently announced a call for applications for their new excellence fellowship program for international postdoctoral researchers in science, social science and humanities to conduct research in one of Israel’s universities.

We would like to extend this fellowship opportunity to a wide network of universities in Japan in order to reach excellent Japanese postdoctoral researchers to benefit from it.
Israel has become known for its innovative cutting-edge research as well as a startup nation in recent years. We believe that this fellowship can offer Japanese researchers a means to expand their global potentials and horizons working with leading scientists and scholars in one of nine universities (*) in Israel.

The attached PDFs are the announcement letter that detail about the funding, eligibility, guidelines, selection process, etc. as well as the application form. It is important to note that the application must be through the candidate’s host university, which has committed to provide the required matching for the fellowship.

The application deadline by host universities is 1st February 2021.

We kindly ask you to pass this information to relevant faculties, researchers, and so on.
As the letter says, the designated contact is Ms. Batsheva Shor (batsheva@academy.ac.il) .
Our office is also happy to assist you in any way we can, so please feel free to contact us at science@tokyo.mfa.gov.il or 03-3264-0392 at any time.

Respectfully,
Arieh Rosen
Culture & Science Affairs Attache
EMBASSY OF ISRAEL

//////////////////////////////////////////
科学技術担当官補佐 小田 聡子
Satoko 'Sati' Oda
EMBASSY OF ISRAEL
3 Nibancho, Chiyoda-ku
Tokyo 102-0084 JAPAN
TEL +81 3 3264 0392
Email science〔at〕@tokyo.mfa.gov.il
Email japanisrael.scinet〔at〕@gmail.com


*9 Universities in Israel
Ariel University
Bar-Ilan University
Ben-Gurion University
Hebrew University of Jerusalem
Open University of Israel
Technion-Israel Institute of Technology
Tel Aviv University
University of Haifa
Weizmann Institute of Science

PAGE TOP