【学部】秋学期・火曜4限「グローバルコミュニケーション研究入門B / 言語研究入門8:Introduction to Translation and Interpretation」の履修者抽選の実施について★履修登録許可者発表★(A lottery will be conducted to determine who can register for "Introduction to Translation and Interpretation" course)

(10月9日 記)

以下の授業について、抽選結果を学務情報システムログイン後の「学生向けお知らせ」画面に掲載しましたので、ご確認ください。以下の内容は、学生向けお知らせ画面に掲載したリストに関する説明となります。

秋学期火曜4限
グローバルコミュニケーション研究入門B / 言語研究入門8
担当教員:
履修コード:212003 / 19211010
----------
Fall quarter, Tuesday, 4th period
Introduction to Applied Language and Communication Studies B / Introduction to Language Studies 8
Instructor: Nami HIJIKATA
Class code: 212003 / 19211010

このリストは、火曜4限の「翻訳・通訳入門」(担当教員:土方奈美)の履修を許可された学生のリストです。このリストに学籍番号のない学生は、この授業を履修することはできません。履修を許可されていない学生が履修登録をしても、授業に参加することができず、成績評価の対象にはなりません。
----------
This is the list of the students who are allowed to register for “Introduction to Translation and Interpretation” (Instructor: Nami HIJIKATA) on Tuesday, 4th period. Please note that students whose ID are not on this list CANNOT take the course: If such students register for the course, they cannot attend the class nor earn credits.

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10月3日 記)

 上記講座は初回授業において、履修希望者が教室の収容人数を上回ったため、抽選にて履修者を決定します。 

 次週(10月8日)の授業の冒頭で抽選を実施するので、履修希望者は必ず参加してください。

 卒業・進級にこの講座の履修を必要とする学生を優先としますので、該当者は当日申し出てください。

 なお、グローバルコミュニケーションコースの導入科目は、今年度の秋学期、他に月曜日5限に櫻井勇介先生による「グローバルコミュニケーション研究入門B / 言語研究入門8:Introduction to Japanese Language Education in the Era of Globalization」も開講されています。

-------------

Due to the limited capacity of the classroom with appropriate equipment, I will conduct a lottery to decide who can sign up for the class.

The lottery will be conducted at the beginning of next lecture on October 8th, so make sure to come to the classroom on time.

Those who absolutely need to take this class to graduate or to advance to the next year will be given priority.

Note that there is another introductory subject for GC course on Monday (5th period), "Introduction to Japanese Language Education in the Era of Globalization."

PAGE TOP