キャリア形成支援プログラム

careerdesign_top01.pngのサムネイル画像

キャリアをデザインする多彩な授業科目

国際的に活躍したい

▶︎ 特に外交官を志望する学生に推奨

授業科目名授業の概要
現代外交論A 30年近い外交の現場での経験を持つ元外交官の教員が、外交の基本から、今日の日本外交の課題に至るまで、専門的に解説。その上で、今日本人は何をすべきかについて受講生とともに討論。講義の一部は、外務省の現役外交官をゲスト講演者として招いて行う。
現代外交演習 30年近い外交の現場での経験を持つ外交官出身の実務教員のもとで、現代国際社会の直面する様々な問題について一緒に考え、外交の役割や日本外交の課題(日本と日本人は何をすべきか)について議論。題材として日本外交を取り上げ、日本の立場から様々な国際政治・外交の問題を考察する。

 

メディアに関心を持っている

▶︎ マスコミへの就職やジャーナリストを志望する学生に推奨

授業科目名授業の概要

世界のマスメディアと報道について考える(毎日新聞提携講義)

毎日新聞記者によるリレー講義

報道・メディアの現場を知る(読売新聞提携講義)

日本の新聞やメディアをめぐる事情を現場サイドからテーマごとに概観するとともに、新聞社の第一線で働く者の取り組みや意識を伝え、現代社会におけるメディアの役割や課題を考える。また、新聞記事の作成体験等の基礎的な文章演習を通じ、「発信する力」を意識したメディア・リテラシーの向上を図る。

メディアの現在と未来を考える(朝日新聞提携講義)

朝日新聞社の記者を、リレー形式で講師として招く。テーマは、政治、社会、経済、国際など幅広く設定。調査報道やオピニオン面からの問題提起、世論調査についても学ぶ機会を設ける。適宜、グループワークや議論も採り入れる。

 

経営者・起業家から学ぶ

▶︎ ビジネスエリート、経営者、起業家を志す学生に推奨

授業科目名授業の概要
グローバルビジネスを学ぶ 一流企業の経営者や著名な起業家によるリレー講義。ビジネスの世界の現実、経済の仕組み、企業活動の実態、企業経営や起業の方法、経営者の役割とリーダーシップ、ビジネスエリートに必要な資質と心構えなどを学ぶ。

 

社会で活躍する卒業生

▶︎ 社会で活躍する卒業生によるリレー講義

授業科目名授業の概要
地球社会に生きる-社会人からのメッセージ 国内外のさまざまな分野で活躍されている12名の本学の卒業生を講師にお招きし、それぞれの現場での体験、そこから得られた知見等を語っていただく。毎回、講師のお話(1時間)の後、質疑応答、ディスカッション等を行う。

 

働き方イメージ・職業について考える

授業科目名授業の概要
キャリアデザイン論 現代社会における労働や生活などに関する基礎知識を学び、「人材育成」に着目した企業研究を行う。
キャリアデザイン論 自分を活かせる働き方のイメージをつかむ。キャリアに関する理論を学び、ワークシートの作成などを通して、自己の過去キャリアを省察し、未来キャリアをみつめ、現在すべきことを検討する。
進路指導論 (1)進路指導(・キャリア教育)の基本的な理論や内容は、講義を中心に行う。(2)現代青少年を取り巻く社会環境や学校教育システムについても、複眼的に捉えることができるよう、発表やディスカッションの機会も積極的に取り入れる。(3)演習的な活動により進路指導の課題を見出し、具体的な方策についても実践的に検討しながら授業を進める。

 

公務員をめざす

本学の学生の中には、国家・地方公務員になって社会に貢献したいという高い志を持った人が多く、毎年外務省専門職や国家公務員総合職、地元の地方上級職等に就く卒業生が多くいます。

公務員になるためにはまず、採用試験に合格しなくてはなりません。採用試験にも、総合職、一般職、専門職等様々な種類があり、早いうちに目標を設定して準備する必要があります。

【国家公務員総合職試験(法律区分)に対応した授業科目の例】

  • 憲法を読み解く:憲法

  • 法学入門:民法総論

  • 法学:行政法(行政法総論)

  • 法学:債権法

  • 法学:物権法

  • 法学:刑法入門

  • 法学:憲法演習講義

  • 国際法:国際法、国際紛争処理

  • 経済学:財政学入門

  • 経済学:経済事情 ※JETROとの提携

 

外交官をめざす課外講座

外交官・国家公務員総合職プログラム

本学では、外務省専門職試験や国家公務員総合職試験を受験する本学学生のための正課外の補習プログラムを設けています。

専門科目の受験勉強に関しては、大学が委託した予備校(TAC 早稲田セミナー)の行う補習授業(DVD版)を活用します。予備校で通常受けられる授業とほぼ同じ内容のものを大学の中で好きな時間に受けられます。

大学および東京外語会(本学同窓会)の支援により、通常の予備校の学費よりかなり廉価の受講料で受講できます。学部3年時以上の学生が主な対象。

詳細:外交官・国家公務員総合職プログラム

お問合せ先:グローバル・キャリア・センターにお問い合わせください。


ページ先頭へ