東京外国語大学の魅力

合格体験記シリーズ 第1弾!学校推薦型選抜と前期試験

こんにちは!国際社会学部ロシア地域専攻3年のあいこです。

暑い日が続き、いよいよ夏が来ると感じるようになりましたね!
さて、今回から数回にわたって「合格体験記シリーズ」と称して外大生に大学受験の経験を皆さんにご紹介しようと思います。これから大学受験を迎える皆さんの参考になれば幸いです。

(記載されている内容(勉強方法など)個人の意見ですので、ご了承ください。)

記念すべき第1回は私の部活の後輩である、言語文化学部ドイツ語専攻1年のあやこさんです!

<基本情報>


学部・専攻語(地域):ドイツ語

受けた外大受験の試験種類(前期、後期、公募推薦):学校推薦型選抜、前期

合格した外大受験の試験種類(前期、後期、公募推薦):前期

他に受けた大学(試験種類も併せて):
合格→私立大学外国語学部英語学科TEAP利用入試、私立大学外国語学部英語学科、ドイツ語学科、一般選抜、私立大学国際日本学部一般3教科、私立大学文学部一般選抜
不合格→

共通試験で受験した科目と点数:国語(167)、英語(R97)、(L 84)、数学1A(60)、化学基礎(42)、生物基礎(47)、日本史B(97)

外大の二次試験で受験した科目:英語、日本史

得意科目:英語

苦手科目:数学

高校について:千葉県の私立中高一貫

部活(引退時期も併せて):高3の6月(実質的に高2の2月末)

現役or浪人:現役

<受験勉強のスケジュール(①以外は高3について)>

①~高3

定期考査の勉強をしっかりして、宿題はやる。中2〜高2まで数学の補習で個別指導塾に通う。高3の新学期に外大を第一志望にして、共通テストで受ける科目も決めました。

②~夏休み

高3の春休みに映像授業特化型の大手塾の無償講座を受け、6月から外大その他国際系学部に特化した塾に入塾。

③夏休み

塾で外大形式の英語、江戸時代の総復習。コロナの影響で夏休みが短くなり、がっつり自習というよりは学校の夏期講習や塾の授業を受け、あまり普段と変わりませんでした。

④秋~共通試験前

10月から学校推薦型選抜の勉強を始めました。
推薦型は11/4が書類提出締め切りで、面接と小論文の試験が12/5でした。
まず書類は1000字の志望理由書と2000字の活動報告書です。
あと成績書類やTEAP、英検資格の証明書が厳封の状態で必要なので早めに準備しておきましょう。
志望理由書は、将来の夢→そのために外大で学びたい、みたいに書くのが定型です。
私は塾で先生に見てもらいながら書き、最後には校閲をしてもらいました。
活動報告書では、主に自身のカナダ、アメリカ短期留学経験に絞って書きました。
また、ドイツ人の子をホームステイで受け入れた経験を書き、ドイツ語に興味を持ったきっかけの一つとしました。
面接はこれをもとに行われるので、面接で言いたいことと一貫した内容にしましょう。
あと恐らく書類提出をすると大体面接・小論文に進めるので
一次の結果が出る前から小論文と面接の練習を始める必要があります。
小論文は数年分の過去問があったので、1回書いて添削、2回目とやりました。
書類や小論文は一人の先生に見てもらうのがいいのですが、面接はたくさんの先生に見てもらうと、
色々な角度から質問されるので、対応力を上げることができます。
外大では最初に志望理由の要約を話すので、その練習もしました。
推薦オススメの人→1将来の明確な目標がある。
         2どうしても外大で〇〇語がやりたい。
         3留学歴や受賞歴がある。
         4小論文や面接が得意。
推薦オススメしない人→1将来の夢や目標がまだない。
           2外大なら何語でもいい。
           3前期の勉強に専念したい。
面接で聞かれたこと→1志望理由書の要約
          2これからの高校での英語の授業のあり方
          3どうしてドイツ語なのか
          4ドイツ語の通訳になりたいと言っているが、ドイツ人と日本人間では英語で十分→ドイツ語でしかできない状況は具体的にどういう場面か

私が不合格だった理由は動機不足と準備不足だと思います。
自分の夢や目標、学びたいことに対して熱量があり、そのことについて具体的に細かく考えることができることが大切だと思います。
私はドイツが大好き!でもなく、本当に通訳になりたい!というわけでもなく、
外大にただ入りたい!というのが一番だったので、志望理由が薄っぺらくなったのかなと思います。
また2番と4番の質問で受け答えが上手くできず、
具体的な場面や自身の経験から答えられるようにするとよかったと思いました。
また面接対策でドイツの環境問題対策の本を読んで、選択科目でない世界史について多少勉強しましたが、
そういった教養を問う質問は一切なかったので、とにかく自分の志望理由の裏づけをしっかりした方が良いと思います。
また10月から対策を始めたのが遅かったです。
少なくとも夏休みから考え、先生に相談して書類や小論文対策を始めるのがいいと思います。
11月中に外大2008〜2011+共通テスト勉強、12月から共通テスト問題集と模試のみ

⑤共通試験後~二次試験前


共通試験後はもう入試が終わったような気分になり1週間くらい真面目に勉強しませんでした。
気持ちのリセットという面では少し休むのもいいと思いますが、
1週間くらい経ってすごく焦って後悔したので2、3日で十分と思います。
1日平均7時間計って勉強しました。
他の人より短い方だと思いますが、毎日9時間寝ることで、
眠くならずに効率よく集中して勉強できました。
過去問解く→解説読む→内容的にわからないものは調べる、
教科書や資料集で確認、付箋を貼る、書き込みをする→数日後に全体をざっと見直し
この時期は常に次の日程の私大の赤本をやり続けました。
よって外大対策はほぼ塾の授業と慶応が終わってからの10日間でした。

私大TEAP利用(2015〜2020)同私大一般選抜(2〜3年分+サンプル問題)、私大一般選抜(2018〜2020)、私大一般選抜(2011〜2020)、外大(2008〜2020)

<入試直前2ヶ月くらいの一日のスケジュール>

v_2021070201.png

<各教科の勉強法>

①外国語(英語、その他)


授業(カッティングエッジ)+予習と復習、復習では本文を音読、
アップグレード最後の一周を春休みに終わらせて、その後忘れたものをその都度を復習、
単語は鉄壁(寝る前毎日十分とか)+出る順パスたん準一級(高3の秋に推薦のために準一級取得)、
塾の授業は外大前期入試の第一問形式記述式を主に演習、速読、
パラグラフリーディング、読み飛ばしの仕方

②社会科(世界史、日本史、その他)


定期考査で毎回クラス一位を目指して、なるべく完璧に範囲を覚え切ろうとしていました。
空白にオレンジペンで書いて赤シート+授業のメモ。
実際、昭和初期から平成までは、授業が終わるのが共通テスト直前なので、総復習はできませんでした。
江戸時代は授業が全てオンラインだったので全く頭に入っていなくて、夏休みに総復習、その後も時間をかけて復習しました。
10月頃からセンターの過去問をやって、間違えたところを教科書やノートで復習しました。
共通テスト問題集は12月頃やり始め、直前までやってました。
歴史はセンターと共通テストで大きく違うので、模試や問題集で共通テスト形式に慣れるのが一番だと思います。
センターはそこまでやり込まなくても。外大二次や併願校に記述があったので、共通テスト後に記述を先生に提出して添削してもらいました。
外大の日本史は簡単な語句でも漢字で書かなくてはいけないので、
助か介か、三か造か、人名などちゃんと漢字で書けるようにしておくといいと思います。

③共通試験対策


国語は形式に慣れ、時間内に終わらせることが目標だったので
BenesseのLearn-S問題集を夏休みから秋にやり、最後の一問は直前にとっておきました。
現代文は授業、問題集、模試で形式や傾向に慣れるのがいいと思います。
古典は315を丸々覚えれば大体カバーできます。
漢文はらくらくマスターで覚えましたが、構文は本文中に出てきた途端気づけなくなるので、
授業や模試の演習形式とバランスよくやるのがいいと思います。
私は直前に漢文が全然できない!と焦り、センターの漢文だけを1日に6年分くらいやって慣れました。
国語全体のセンターの過去問はほぼやっていませんが、
このように苦手なところだけ集中的にたくさんできるので、便利でした。

<当日について>

①試験前にしていたことを教えてください(勉強面、精神面)


時間配分と名前、携帯の電源切ったか、シャー芯が入っているか。
私は私大の小論文で名前と番号を書き忘れました。
最後の科目で気が緩んだのと、受験した中でその大学だけ唯一、
試験前に名前を書く時間が設定されてなかったことが原因だと思います。
またコロナの影響で英語の試験時間が150分から90分に短縮されましたが、
どこが削られたのか発表がなかったため、色々な想定をしておきました。
外大では直前に名前を書く時間があったので、そこで解答用紙を隅々まで眺め、配分を考えました。
試験前や試験中はうまくいかなかったら、、、など不安な気持ちになりますが、
現実的に、時間配分や名前に気をつけてちゃんと最後まで書き終わることに集中することが大切だと思います。

②試験中に意識していたことがあれば教えてください


目の前の問題に集中して、時間に気をつけました。
わからないところは問題のページの角を折って、後回しにしました。
間違った解答欄に書いていないかもきをつけました。
記述は下書きして書き直すと時間が足りないので、
頭の中で整理したものを直に書き、多少短くても、不自然でもそのままにしました。
字数は削るより増やす方が楽なので、
最初から簡潔な解答を目指して足りないところを補う方がいいと思います。

③その他、当日についてアドバイスがあれば教えてください

共通テストの受験票を忘れないように。

<受験生に向けたメッセージ>

昨年はコロナで高校が休校し、休校が明けても学校でも家でも勉強して、
あまり人とも喋らず、毎日退屈で勉強が嫌になる時もありました。
でも第一志望に合格した今、何をしても楽しいです!
好きな勉強をして、友達と学食に行ったりプレゼンをしたり、
一人で大学を散歩したり、全部楽しくて嬉しいことばかりです。
受験生の皆さんも、つらい時、やる気の出ない時が多々あると思いますが、
第一志望の合格は今の頑張りにかかっています。
後悔のないように、どうかやる気を絞り出して最後まで勉強し続けてください。

v_2021070202.jpg

研究講義棟の裏の森です。
ここを散歩すると、私は外大の中を歩く外大生なんだな、
と実感して幸せな気持ちになります。
他にも図書館やカフェテリアといった素敵な場所がたくさんあります。


ページ先頭へ