東京外国語大学の魅力

実は受験生にも関係あり?!外大生のゼミ選択について

Hu jambo! (こんにちは!) 国際社会学部2年アフリカ地域専攻のあすぴーです。

春学期も残すところあと2週間くらいとなり、毎日課題に追われているところですが(泣)、
実はこの間まで、国際社会学部の2年生にとってとても大切なイベントがありました。

ゼミ選択と言って、3年生から卒業まで所属することになる研究室を決めるものです!
受験生の皆さんにとっては、ゼミ選択なんてずーーーーっと先のことに感じられるかもしれませんが、
実は、ゼミは受験生の皆さんにとっても、とても大切だったりします。

今回のブログでは私のゼミ選択を月ごとに振り返りながら、
受験生の皆さんにもきっと役に立つことをお伝えしようと思います。

① 4月「え!? もう始まるの!?」

見出しにも書いたように、ゼミ選択の一連の流れがスタートするのは、授業が始まったなんと2日後!
春休みでボケまくってしまった頭でなんとか授業についていこうとしていた時に、
ゼミのことも考える必要があり、その時のことはあまり覚えていないくらい大変でした。(笑)

一番始めは国際社会学部の2年生全体に向けた説明会があり、そこでゼミ決定までのスケジュールが発表されます。
そして2週間後からは、国際社会学部にある3つのコース(地域研究コース、現代世界論コース、国際関係コース)から、
それぞれのコース説明会が始まります。

国際社会学部の学生にとっては、ゼミを選ぶ=コースを選ぶことなので、このコース説明会もとても大切なものです。
さらに、1週間かけて行われるコース説明会と並行してゼミの意向調査があります!
ここが4月最後の1週間でしたが、入学した時とは自分の興味関心がなんとなく変わりつつあったので、
必死にゼミ案内にかじりついてやりたい研究ができそうなゼミを探していました。

② 5月 「とにかくスケジュール管理!!」

GWが明けると、ゼミ選択も佳境に入ってきます。5月に始まるのは個別のゼミ説明会です。
2年生を募集する全てのゼミの教授がそれぞれ説明会を開いてくれるので、
学生は興味のあるゼミの説明会に参加する必要があります。

説明会は開始時間やオンラインor対面などの実施形態がゼミごとに異なるので、
とにかく公開された日程をよく読んで、スケジュール管理が命です!

私はゼミだけでなく、コースもまだ迷っていたので、
手帳が赤ペンで真っ赤になるくらいたくさんの説明会に出席していました。
本当に、大学生になってから1番スケジュール管理能力が試された時だったなと、個人的に感じています...。



③ 6月 「どれだけ迷っても最後は1つ」

6月はゼミ選択の集大成とも言える時期です。

個別のゼミ説明会が終わると、だいたい1週間くらい間があって、第1次ゼミ希望届を出す段階になります。
多くの学生はここで希望を出したゼミに所属することになるので、私は毎日寝不足になるくらい悩んでいました(笑)。
友達の中には、入学から決めていたゼミがある人や興味がずっとブレていない人もいて、
すんなり第1希望を決められる人も少なくなかったですが、私のように興味の幅が広くてすごく悩んだ学生もいたのではないかと思います。


どんなに迷っていても1回目に希望を出せるゼミは1つだけなので、5月に発表された意向調査の結果も参考にしながら希望ゼミを決めていくことになります。
ここから先は学生によって予定が変わってきます。

第1希望のゼミに通った人は6月中旬くらいに所属が決定して終わりですが、
定員よりも多くの応募があったゼミの学生は、面接や課題提出による選抜があります。

多くはないですが、毎年一定数のゼミで選抜が行われるそうです。選抜に落ちてしまった場合は第2次ゼミ希望届を提出します。
このような一連のゼミ選択の行程が終わるのはだいたい6月下旬から7月にかけてだそうです。


ここまで、私のゼミ選択の流れをお伝えしてきました!
「一体これのどこが受験生に関係あるんだ...。」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、お気づきになりましたでしょうか?

実は外大生の中には入学した時から決めていたゼミがある人がいるのです!
大学に通っていないうちからなんでゼミなんて知ってるの?と疑問に感じた方へ、
実はゼミ案内は受験生のうちから見ることができます!
外大HPの在学生向けのページからアクセス可能ですが、こちらからも飛べます


実は今回私がゼミ選択についてブログを書こうと思ったのも、受験生の皆さんとの交流がきっかけでした。

TUFSアンバサダーが行っている在学生相談会にきてくださる受験生の皆さんの中には、
言語文化学部と国際社会学部とどちらを受験すればいいか迷っているという相談をしてくださる方が多くいます。
確かに学部だけのおおまかな説明だけではわかりづらいですよね...。

そんな時に役立つのがゼミ案内なのです。

ゼミ案内ではそれぞれの学部で研究できることが、
さらに細かく説明されているので、より具体的にイメージを掴むことができます。
自分の関心があるテーマを研究されている教授がいる学部を選べば、
学部選択で失敗してしまうこともなくなるのではないでしょうか。

私がたくさん迷って悩んで国際社会学部の受験を決めたように、受験する学部選択に悩んでいる皆さんへ、
悩みを解消するためにゼミという視点から考えてみるという方法があることも知っていただけたら嬉しいです!
それでもまだモヤモヤするなぁという方は、ぜひTUFSアンバサダーの在学生相談会で直接お悩みを相談してみてくださいね!


v_2021063001.jpg

ゼミ選択に関係する写真がなかったので、私が初めて大学に行った昨年秋の写真を載せておきます(笑)


ここまで、あすぴーがお伝えしました!Kwaheri~!(さようなら!)


ページ先頭へ