東京外国語大学の魅力

1年生から始める インターンシップのすゝめ

¡Hola! (こんにちは!) 国際社会学部イベリア地域専攻のさくらです。
3月も今日で終わりですね。
日に日に暖かさが増してきて、新学期に向けての準備が捗る頃だと思います。

さて、今回は大学生になるとよく耳にするようになる、
「インターンシップ」(以下「インターン」)についてお話しようと思います。
実際に企業に入り社員の一員として働くインターンは、3、4年生の就活の時期に始める人が多いのですが、
ここでは1、2年生から始める長期インターンについてご紹介します!
大学生活は勉強やサークル、バイトだけじゃない!
大学生活を充実させる一つの選択肢として考えてもらえたらと思います!


長期インターンってどんなことするの?

長期インターンは、就活時に行う短期インターンとは内容や目的が異なります。
私は、
①自分の興味を見つけ、将来の自分の方向性を定めるため
②社会人としてのマナーを身につけるため(ビジネスメールなど)

このような理由で長期インターンをしています。
私の場合、取材や記事執筆といった仕事に興味があり、
その条件で見つけた会社でインターンをさせていただいています。
(このブログ執筆も自分の興味にぴったりのものなので、
一つ勉強だと思って毎回書かせていただいています!)


長期インターンの魅力

次に長期インターンの魅力についてお話ししようと思います。
私は現在、SDGs(持続可能な開発目標)に関連する商品を取材し記事を書かせていただいています。
上で書いたように、最初は取材や記事執筆といった分野への興味から仕事を始めましたが、
今ではそのような企業の社会的取り組みについても新たな興味がわいてきています!

このように、最初はある一つのきっかけで始めたことでも後々新たな興味に繋がることはとても多いと思います!
それが一つインターンの魅力なのではと思っています。

後は、インカレサークルやバイトなどと同じように、
同じ興味を持つ他大の人と繋がることができるのも魅力だと思います。
(私はほとんど在宅勤務なので、1、2回しか対面では会ったことがありませんが...笑)
ちなみにですが、長期インターンは有償で行うことが多いです!


どうやって見つけるの?

私は外大の就職支援サイト「Career Navi」を利用して見つけました!
外大生であれば1年生から使用することが出来るサイトなので、
入学後ぜひ利用してみてください!


いかがだったでしょうか。大学生活をどう充実させるかは人それぞれです。
一つの例として参考にしていただければと思います!
ではまた次の記事で! ¡Adiós! (さようなら!)

v_2021033102.jpg

v_2021033101.jpg

インターン先で頂いたヴィーガンビビンバのミールキットです。
豆腐そぼろとは思えない美味しさでした!


ページ先頭へ