東京外国語大学の魅力

外大のオンライン授業ってどんな感じ?

Hu jambo! こんにちは!国際社会学部1年アフリカ地域専攻のあすぴーです。

外大は現在春休み期間ですが、いよいよ4月からは春学期が始まります!
私は新2年生ですが、昨年はオンライン授業が多く
キャンパスにはほとんど通えなかったので、新年度がとても楽しみです。


受験生のみなさんも1年前頃はコロナの影響で学校に通えず、オンラインで授業を受けたり、
課題に取り組んだりしたこともあったと思います。
新年度からの外大の授業は、対面形式も再開しつつオンラインも併用して進められるそうです。

そこで今回は、外大のオンライン授業について、
私の去年のある1日の時間割を参考にしながらご紹介しようと思います!


1時間目:基礎リテラシー

この日の1時間目は1年生の必修科目でもある基礎リテラシーでした。
健康リテラシーや大学図書館の使い方、留学に行く際の危機管理についてなど、
外大で学生生活を送る上で欠かせない様々なことを学びます。

昨年の基礎リテラシーはリアルタイムで開講されていたので、
授業が始まる8:30にはZoomに参加できるように準備しなくてはなりませんでした。
オンライン授業なので朝の支度もあまり大変ではないように思えますが、
前日についつい夜更かししてしまうと目が覚めたら授業開始15分前なんてことも...。
キャンパスへの移動時間がない分、
たくさん眠れるのはオンライン授業のいいところですが、遅刻はしないように!
頑張ろう外大生!


2時間目:地域基礎

地域基礎の授業では自分の専攻する地域について学びます。私の場合はアフリカです。
この授業は教授の講義を聞くだけでなく、4-5人のグループで話し合って課題を進め、
最後に全体でプレゼンテーションをするという形でした。

私は大学に入学する前までオンラインコミュニケーションに全く慣れていなかったので、
初めは戸惑いましたが、クラスメイトと対面で会わないままでもプレゼンテーションまで無事に行うことができ、
「パソコンが1台あればなんとかなってしまうのってすごいなぁ...。」と思った記憶があります。

それでも、やはり同じ専攻の友達に会えないのは寂しかったです。
秋学期の地域基礎の授業は何回か対面で行われたので友達にも会えたのですが、
初めて会ったときは「わぁぁ...本当に実在したんだ...思っていたより背が高い...。」みたいな感じで、
芸能人に会っているような気分でした!


3時間目:英語

お昼ご飯を挟んで、3時間目は専攻言語である英語の授業です。
英語といっても高校までのように文法を学ぶのではなく、
英語を使って様々なトピックについて考える授業でした。
この授業に限らず、外大で行われている英語の授業はほとんどそんな感じだと思います。

またこの授業はオセアニア地域専攻の学生と同じ授業なので、
アフリカに限らずオセアニアのことについても学ぶことができ、とても面白かったです。
授業の課題としてエッセイを書くのですが、
このくらいの時間になると朝からずっと画面を見ているので目がとても疲れてきます...。
やはりオンライン授業にブルーライトカットアイテムは欠かせません!

v_2021032402.jpg


上の写真は私が考えたオンライン授業3大必須アイテム:
ノートパソコン、充電ケーブル、ブルーライトカット眼鏡です!

オンライン授業はパソコンのバッテリーをものすごく消費するので、
うっかり充電できていなかった時に、充電ケーブルが大活躍します。
自宅や大学以外の場所で授業を受ける時はポケットwi-fiも必須ですね。
寒い時期はこれらに加えてブランケットも必要でした。ずっと画面の前で動かないと体が冷えるんです...。


4時間目:空きコマ

この日は1週間で1番授業が詰まっている日だったので、空きコマは4時間目だけ。
私は家にずっと閉じこもっているとストレスが溜まってしまうので、
晴れている日はこの時間に近所をお散歩することが多かったです。
いい気分転換になるので、日中の散歩はおすすめですよ!
雨が降っている時は、家の中でストレッチしたり、夜ご飯のために当時ハマっていたお味噌汁を作ったり、
あまり勉強のことは考えない時間にしていました。


5時間目:法学入門

最後は法学の授業です。「外大と言えば言語について勉強する大学!」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際の外大の授業は言語に限らず、様々な分野に関するものが開講されています。
この法学入門の授業もその1つです。

講義形式で先生がわかりやすく教えてくださるので、法学について何の専門知識もない私でも、
授業について行くことができました。
しかし、たくさん授業を受けてきた1 日の最後のコマとなると、眠くなったりして集中力が切れてしまいやすくなります。
そんな時の対策として、私はとにかく手を動かすようにしていました。
講義のメモをとる時もいつもより多めに書くことを心がけて、自分に眠くなる隙を与えないように!
それでもうまくいかない時は、高めのテーブルで立ったまま授業を受けたり、
自分なりに色々工夫していた思い出があります...。


ここまで、昨年の私のとある1日を振り返りながら、
外大のオンライン授業について書いてみましたが、いかがだったでしょうか。

個人的には、オンライン授業は目が疲れたり、
モチベーションが保ちにくかったりするので苦手だなと感じるのですが、
外大の先生方は合間に休憩を入れてくださったり、前向きな言葉をかけて励ましてくださったり、
学生に配慮してくださる方が多いので、1年間頑張ることができました。

新年度からは対面授業も増える予定ですが、まだまだオンラインで開講される授業もあるということなので、
受験生のみなさんがキャンパスライフをイメージする時に、今回のブログが少しでも参考になれば嬉しいです!


以上、あすぴーがお伝えしました!Kwaheri~! さようなら!


ページ先頭へ