4年間の学び

4年間の段階的カリキュラム

東京外国語大学に入学した学生は、第1年次・第2年次で学部共通の世界教養プログラムを履修し、言語文化学部と国際社会学部のそれぞれ3つのコースに進学して、専門教育を学んでいきます。

4年間の学び.png

東京外国語大学に入学したら...

まずは世界教養プログラム

言語文化学部と国際社会学部のどちらに入学した学生も、まずは「世界教養プログラム」を履修して、専攻する言語とグローバル化時代に一市民・一職業人として生きるうえで必要となる基礎的な教養を身につけていきます。

《世界教養プログラム》

世界教養プログラムで受ける授業には、

  • 入学時に選択した言語・地域に応じた「地域言語科目」「地域基礎科目」
  • 基礎学力を養う「基礎リテラシー」「基礎演習」
  • 地球社会に生きる一市民としての教養を身につける「世界教養科目」
  • 言語を学ぶ「GLIP英語科目」「教養外国語科目」

などがあります。

 ⇒世界教養プログラムの詳細をみる

専門課程はどうなっている?

第1年次〜第2年次では......

第1年次は、それぞれの学部で開講されている各コースの導入科目を履修し、進学コースを選びます。

第2年次は、自分の興味関心にあった概論科目を履修し、指導教員を選んで大学で専門的に学ぶ分野を決めます。

コースに進む

第3年次になるとさらに専門性の高い選択科目を履修しながら、指導教員の本ゼミを受講します。専門性を高めながら、他コースや他学部の授業を関連科目として受講することで、知識の補強を図ることもできます。

《専門課程》

言語文化学部  >>言語文化学部の詳細を見る

  • ・言語・情報コース
  • ・グローバルコミュニケーションコース
  • ・総合文化コース

 

国際社会学部  >>国際社会学部の詳細を見る

  • ・地域社会研究コース
  • ・現代世界論コース
  • ・国際関係コース

 

以上のコースがあります。

卒業論文または卒業研究で総仕上げ

第4年次になったら、指導教員の指導の下で、卒業論文を執筆するか、または卒業研究に取り組みます。これが大学での専門的な学修の総仕上げとなります。

留学は?

留学をしても4年間で卒業

交換留学制度を利用して、第3年次に留学する人が多いのが本学の特徴です。ただし、留学先によっては、第2年次春学期が終わった時点で留学することも可能です。留学先で修得した単位は卒業単位に算入され、その場合は、第3年次秋学期に復学し、4年間で卒業することができます。このほか、夏学期、冬学期を利用して短期海外留学に参加する人も増えています。2016年度の夏学期には世界33カ国1地域へのプログラムが実施されます。


ページ先頭へ