オセアニア地域

オセアニア地域

植民地化、脱植民地化、多様な移民の流入などを経た多様な人々の共生、紛争と平和など、理解力・分析力・発信力を養う

オセアニアは、オーストラリア大陸を含め、太平洋に点在する島々からなる地域を指し、オーストラリア、メラネシア、ミクロネシア、ポリネシアの4 つに区分されます。オーストラリアとメラネシアの一部に人類が移住したのは今から約5万年前のことですが、数千年前に東南アジアからオーストロネシア系の人々がメラネシア、ミクロネシア、ポリネシアの島々に移住するまで、太平洋の島々はほとんどが無人島でした。この地域が世界史に登場するのは、西欧世界によって太平洋が発見される大航海時代以降のことです。その後、オセアニアの島々は次々に植民地化されていき、西欧人の国となったオーストラリアとニュージーランドを除けば、太平洋の島々が次々に政治的独立を達成するのは第二次大戦以降のことです。未だに植民地体制がそのまま続いている島々も数多く存在します。

オーストラリアのような大国もあれば、ツバルやナウルのように人口が1万人以下で経済的自立が困難な島国も存在し、言語的・文化的多様性が非常に大きいという点がオセアニア地域を学ぶ上で大きな魅力となっていると言えるでしょう。

 

講義紹介(抜粋)

地域基礎(オセアニア地域)
- オセアニアの歴史と社会
- オセアニア地域基礎

担当教員

国際社会担当

yamanouchi_yuriko.jpg

山内 由理子
オーストラリア先住民研究, 文化人類学

 

オセアニア地域の協定校

オーストラリア

- オーストラリア国立大学
- メルボルン大学

ニュージーランド

- オークランド大学
- ヴィクトリア大学ウェリントン


ページ先頭へ