北西ヨーロッパ地域、北アメリカ地域

北西ヨーロッパ地域、北アメリカ地域

日本を中心に世界地図を眺めると、イギリス、アイルランドとアメリカ、カナダはそれぞれ左右両端に位置しています。しかし、大西洋を中心において地図を見直してみると、北西ヨーロッパと北アメリカは、海を挟んで向き合っていることがわかります。海は必ずしも陸と陸とを隔てるものではありません。両者を繋ぐものでもありました。実際に大航海時代以降、多くの人々がさまざまな理由から大西洋を横断し、両大陸を往き来してきました。こうして、北西ヨーロッパと北アメリカは、互いに異なる点はありつつも、多くの特徴を共有するようになりました。たとえば、前者が後者を指して、あるいは後者が前者を指して「あちら側」と言うときに、 "across the pond" と大西洋を池に準える表現も、両者の言い得て妙な距離感を示しているでしょう。両地域を簡単に俯瞰してみましょう。

北西ヨーロッパ:民族的、階級的、文化的な多様性を特徴とした複雑な社会構造

navi_neurope171017_1.jpg

北西ヨーロッパに位置するグレイト・ブリテン島、アイルランド島とその他の島々は、「グレイト・ブリテンおよび北アイルランド連合王国」と「アイルランド」(「エアラ」、通称「アイルランド共和国」)という二つの国家を構成しています。それらのうち、「連合王国」は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドという歴史的にも言語的にも異なる背景を有する諸地域を含み、12世紀以来イングランドからの侵攻や入植にさらされ、20世紀になってようやく独立を果たした「アイルランド」では、第一公用語がアイルランド語とされているものの、第二公用語である英語が広く用いられ、英語文学の分野で優れた作家や詩人を多く輩出してきました。

日本では一般に「イギリス」と呼称される「連合王国」は、20世紀前半までは地球全域におよぶ海外植民地を 繁栄の源としてきましたが、そのような歴史的経緯も一因となって、今日では、民族的、階級的、文化的な多様性を特徴とした複雑な社会構造の点で注目すべき研究対象となっています。単に英語という世界共通語の発祥と進化の地としてだけでなく、勉強してみるべきことがらは無限にあるといえます。

北アメリカ地域:多人種の移民社会で多文化共生をめざし、政治的経済的に先進性、国際性を持つ地域

navi_manabi_northamerica170828_1.jpg

一方、北アメリカ地域は国としてはアメリカ合衆国とカナダからなり、多人種の移民社会で多文化共生をめざし、政治的経済的に先進性、国際性を持つ地域です。日本とも関係の深い地域で毎日たくさんの情報が入ってきて、なじみのある地域でしょう。しかし、雑多な知識のあることは、かえって地域としての理解を難しくしています。この地域を大学で学ぶことで、現代世界が自分の今と関わりの大きいことが分かるでしょう。学びの場、働く場で外国人がいるのは普通あるいは必要になっている今、移民社会での多文化・多人種共生問題は興味を持たざるをえません。しかし、2016年度のトランプ現大統領当選以降、もしかすると、北アメリカ地域は大きな曲がり角に来ているのかもしれません。


民主主義とインターネットの先進国で、選挙投票を越えて新しい政治運動が生じている。民主主義とはどういうものか、政府は何をすべきか、この地域での議論は傾聴に価します。繁栄する経済と豊かな社会を求めて経済のグローバル化が加速し人々の生活を大きく変えています。アメリカが人の権利として謳い上げた幸福の追求の夢は、今や環境や格差社会の問題とどう向き合うべきかを問われています。国際社会での紛争と平和維持にアメリカの関与が大きな役割を果たしています。この地域で活発なポピュラー文化に勇気づけられる人も多いでしょう。20 世紀は「アメリカの世紀」と言われました。その本質を正しく理解することで21世紀を見通すことができるとさえいえます。

 

講義紹介(抜粋)

地域基礎(北西ヨーロッパ地域、北アメリカ地域)

- The early 20th century world of the English workers
- ブリテン諸島の長い18世紀
- 連合王国の歴史ー19世紀の政治、社会、文化の諸相ー
- アメリカの社会と文化
- 20世紀アメリカ史
- "To Kill a Mockingbird" とアメリカ南部文化

担当教員

国際社会担当

sasaki_takahiro.jpg

佐々木 孝弘
アメリカ社会史, アメリカ合衆国南部地域研究

ito_takeshi.jpg

伊東 剛史
イギリス近代史

言語文化担当

urata_kazuyuki.jpg

浦田 和幸
英語史

saito_hiroko.jpg

斎藤 弘子
英語音声学, 音韻論

kato_yuji.jpg

加藤 雄二
英米文化 (文学・芸術・音楽・映像), 批評理論, 比較文化

suzuki_akira.jpg

鈴木 聡
ヨーロッパ文学 (英語圏文学):批評理論, 文化理論, アングロ=アイリッシュ文学

yoshitomi_asako.jpg

吉冨 朝子
第二言語習得研究, 応用言語学, 英語教育学

otani_naoki.jpg

大谷 直輝
英語学 (認知言語学・意味論・語用論)

特定外国語教員

joseph_neil_ragsdale.JPG

英語
RAGSDALE, Joseph Neil
(ラグズデール, ジョセフ・ニール)
応用言語学, 他言語話者への英語教育 (TESOL)

ilic_peter.jpg

英語
ILIC, Peter
(イリチュ, ピーター)
応用言語学・英語教育学

ryczek_matthew.jpg

英語
RYCZEK, Matthew
(ライチェック, マシュー)
社会学・英語教育学

北西ヨーロッパ地域、北アメリカ地域の協定校

アイルランド

- アイルランド国立大学コーク校

英国

- ロンドン大学東洋・アフリカ研究学院
- リーズ大学
- マンチェスター大学
- エセックス大学

カナダ

- ブリティッシュ・コロンビア大学
- レジャイナ大学

アメリカ合衆国

- コーネル大学
- ニューヨーク州立大学オルバニー校
- ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校
- コロンビア大学
- ネブラスカ大学カーニー校
- カリフォルニア大学サンディエゴ校
- サンディエゴ州立大学
- ハワイ大学マノア校
- テキサス大学オースティン校


ページ先頭へ