ポーランド語

ポーランド語

20世紀の数々の事件を経験してきた言葉

東外大は、ポーランド語を系統的に学び、研究に使うことのできる日本で唯一の大学です。「三国分割」というヨーロッパ政治・思想史上の大問題を始めとして、かつて世界最大のユダヤ人人口を擁したポーランドという国ならではのユダヤ文化やいわゆる「ユダヤ人問題」を考察する上でも、ポーランド語の知識は欠かせません。二度の世界大戦、全体主義の経験、ローマ法王ヨハネ・パウロ二世の活躍、自主管理労組「連帯」の運動と東欧革命――これら20世紀の最重要課題ともいうべき事件を経験してきたこの「ポーランド語」、難しい言語といわれるこの言葉をマスターして、スラヴの言語や民俗、あるいは王様を選挙するという不思議な共和制、「ポーランドを巻き込むことができず、また、ポーランドに独立と自由を保障できないようなすべての西洋の革命は、敗北に終わる」とエンゲルスやマルクスに言わしめたその歴史、ショパンの内面とユーモアにじかに触れる旅に、ぜひ皆さんも出かけてみましょう。

ポーランド語専攻PV(ポーランド広報文化センター制作)

ポーランド広報文化センターが、駐日ポーランド共和国大使館協力のもと、本学ポーランド語専攻のプロモーションビデオ(PV)を作成してくださいました。PVの日本語字幕は、本学ポーランド語専攻の学生が担当しました。

19040801.jpg

講義紹介(抜粋)

地域言語
- ポーランド語文法
- ポーランド語作文
- ポーランド語の文法と長文の読解
- ポーランド語語彙構築法
- ポーランド文化購読

担当教員

言語文化担当

morita_koji.jpg

森田 耕司
ポーランド言語文化研究

国際社会担当

fukushima_chiho.jpgのサムネイル画像

福嶋 千穂
近世ポーランド・リトアニア史、ウクライナ史

特定外国語教員

pluskota_karolina.jpg

ポーランド語
LEŚNIEWSKA, Karolina
(レシニェフスカ、カロリナ)

ポーランドの協定校

ポーランド

- ヤギェロン大学
- シロンスク大学


ページ先頭へ