ペルシア語

ペルシア語

イラン、そして、アフガニスタン、タジキスタンの公用語

東南アジアの海の世界をつなぐ共通語

その響きの美しさから、「東洋のフランス語」とも呼ばれてきたペルシア語は、今日のイラン、アフガニスタン、タジクの公用語です。アラビア文字を使って書かれるため、「アラビア語とはどう違うの?」という質問がよく聞かれますが、言語区分の上ではインド・ヨーロッパ語族に属し、南・西アジア課程では、ヒンディー語、ウルドゥー語がもっとも近い親戚にあたります。
ペルシア語は、その起源をアケメネス朝ペルシアまで遡ることができ、約三千年の歴史をもつ言語です。特に、現在に近い形で姿を現した10世紀以降、ペルシア語は、当時の主要な通商路であったシルクロードの共通語として、今日のイランから中央アジアにいたる地域で広く通用し、いわゆる「ペルシア語文化圏」を形成してきました。その一方で、豊富な文学伝統を花開かせてきたペルシア語は、地域の文化教養語としても一目置かれる存在にあり、幾多の詩人や哲学者たちを輩出し、東部イスラーム世界に大きな影響を与えてきました。ペルシア文学は、今も、ペルシア語を母語とする人たちの誇りであり、かけがえのない財産となっています。

日本国内では、国際関係や東洋史研究を行っている一部の大学でも、ペルシア語の講座が設けられているものの、独立した専攻科をもつのは、本学と大阪大の2校のみです。まず語学を身につけてから専攻地域・分野について学んでいくという、より現地に密着したカリキュラムは、東京外大が他大学と大きく異なる点といえるでしょう。
本学ペルシア語に入学した学生は、1年次で文法・会話・講読・作文の基礎を学び、その後は学生が各々の目的や特性、興味に応じて、各カテゴリから授業を選択して時間割を組み立てていきます。授業以外では、少数語科の特長を生かして、ネイティブの先生やイラン、タジキスタン、アフガニスタンからの留学生と接する機会も多く、イランへのショートビジットや留学生の派遣も毎年行っています。11月の外語祭では、ネイティブの先生宅や大使館などに出向いて修行した1年生が慣れない手つきながら料理店を切り盛りし、2年生が中心となってペルシア語劇を上演するのが恒例となっています。

講義紹介(抜粋)

地域言語
- ペルシア語文法
- ペルシア語会話
- ペルシア語講読
- ペルシア語作文
- ペルシア語聴解

担当教員

言語文化担当

fujii_morio.jpg

藤井 守男
イスラム期の文学と思想

sasaki_ayano.jpg

佐々木 あや乃
ペルシア文学, イラン文化

yoshie_satoko.jpgのサムネイル画像

吉枝 聡子
ペルシア語学, イラン諸語研究

特定外国語教員

shakibi_momtaz_nasrin.jpgのサムネイル画像

ペルシア語
SHAKIBI MOMTAZ, Nasrin
(シャキービー=モムターズ, ナスリーン)

 

イランの協定校

イラン

- アッラーメ・タバータバーイ大学

- イスラーム自由大学シーラーズ分校

- イスファハン大学


ページ先頭へ