マレーシア語

マレーシア語

東南アジアの海の世界をつなぐ共通語

東南アジアの海の世界をつなぐ共通語

マレーシア語という窓からアジアを覗いてみませんか。マレーシアやその隣接地域では、古代より東南アジアの海を通じて様々な人、物、文明が行き交い、マレー人やその他の先住諸民族、中華系、インド系などの多民族が共存する、アジアの縮図のような多言語・多文化社会が形成されてきました。古くから東南アジア島嶼部の広範囲で共通語として流通してきたマレー語を、マレーシアの国語として標準化したのがマレーシア語です。
本学のマレーシア語プログラムは1984年に設立されましたが、戦前の馬来語科の時代を含めると、100年以上の歴史を持っています。現在、日本で単独のマレーシア語プログラムを持つ大学は本学だけですから、とても貴重な存在だといえるでしょう。
私たちの教育の第一の目標は、マレーシア語を読み、書き、聞き、話す力をバランスよく身につけることです。まず、独自の教材を用いて文法、読解、会話、表現の教育を行い、マレーシア語の基礎を固めます。さらに、新聞・雑誌の記事や学術論文を講読し、時事的・学術的なマレーシア語を学びます。ネイティブの教員の授業では、会話の訓練のほか、現地の映像・音声資料などを利用してリスニング力の強化がなされ、エッセイ執筆や口頭発表などを通じてプレゼンテーション力の向上も図られます。
私たちの第二の目標は、マレーシア語の運用能力を生かして、マレーシア社会についての理解を深めることです。マレーシア研究入門の授業では、マレーシアの歴史、社会、文化、政治、経済についての基礎的な知識を身につけ、地域研究の基本を学びます。専門の授業の中にも、マレーシアや東南アジア地域に関わる授業がいくつも開講されているので、個々人の関心に合わせて授業を選択することができます。
ネイティブ教員が自由参加の研修旅行を自主的に企画しており、毎年、多くの1年生が参加しています。また、毎年、数名の学生がマレーシア、シンガポール、ブルネイなどの大学に留学し、貴重な体験を得ています。

マレーシア専攻ウェブサイト

講義紹介(抜粋)

地域言語
- マレーシア語文法
- マレーシア語会話
- マレーシア語読解
- マレーシア語表現

担当教員

言語文化担当

nomoto_hiroki.jpg

野元 裕樹
統語論, 意味論 (全般), 東南アジア島嶼部の言語 (オーストロネシア諸語, 英語変種)

国際社会担当

soda_naoki.jpg

左右田 直規
東南アジア近現代史, マレーシア政治社会史

特定外国語教員

mohamed_faridah.jpg

マレーシア語
MOHAMED, Faridah

マレーシア・シンガポール・ブルネイおよび周辺地域の協定校

マレーシア

- マレーシア国民大学

シンガポール

- シンガポール国立大学人文社会科学部

ブルネイ

- ブルネイ・ダルサラーム大学


ページ先頭へ