ヒンディー語

ヒンディー語

多様かつ豊饒な歴史と文化を内包するインドの連邦公用語

多様かつ豊饒な歴史と文化を内包するインドの連邦公用語

ヒンディー語は、インド共和国の連邦公用語です。直近の国勢調査に基づく推定値では、話者人口は、優に5億数千万人を越えるとされています。さらにヒンディー語は、地球上の各地に暮らす3000万人に達すると言われる移民のなかでも用いられています。本学は、日本の大学でこの言語を博士レベルまで学ぶことのできる数少ない機関のひとつです。
ヒンディー語を記述するデーヴァナーガリー文字の習得から始まり、実際的な運用能力を身に着けつつ、インドの歴史や文化、社会などを幅広く学んでいきます。1991年の経済開放以降、急速な変貌を遂げつつあるインドは、私たちの関心を引き付けてやみません。授業では、そうした現代インドが常に話題となるのは、言うまでもありません。
授業は、モジュール制カリキュラムに則って進められます。語学力が身についてからは、各々の関心に従い、様々な分野にわたる膨大な文献資料群や映画・演劇などの表象文化資料を自ら読み解いていきます。そして、その総仕上げが、卒業論文の執筆です。就職する人も大学院に進学する人も、実践的な専門知識を身につけて卒業していくのです。

講義紹介(抜粋)

地域言語
- ヒンディー語文法
- ヒンディー語会話
- ヒンディー語購読
- ヒンディー語作文
- ヒンディー語聴解

担当教員

言語文化担当

mizuno_yoshifumi.jpg

水野 善文
古典サンスクリット文学と中世ヒンディー文学

国際社会担当

fujii_takeshi.jpg

藤井 毅
南アジア地域研究, インド近現代史, ヒンディー語

特定外国語教員

misra_richa.jpgのサムネイル画像

ヒンディー語
MISRA, Richa
(ミッシュル, リチャー)

インドの協定校

インド

- デリー大学

- ジャドブプル大学


ページ先頭へ