ビルマ語

ビルマ語

投資先、また巨大なマーケットとして注目のビルマの言語

burmese.png

ミャンマーは長い間軍事政権により支配されてきましたが、もともと豊かな天然資源を有し潜在的可能性を秘めた国と言われてきました。近年一気に民主化が進み、アジア最後のフロンティアとして注目されています。本専攻は、ビルマ語を体系的に学べる専攻として国内で2番目に、1981年に設立されました。ビルマ研究は歴史的に英国(ロンドン大学)が中心でしたが、その後フランス、米国などと並び、日本も有数の研究拠点と認識されるようになっています。 本専攻ではビルマ語の習得をまず目指し、さらに人文科学・社会科学のさまざまなディシプリンに触れて自らが学びたいことを探してもらうことを想定しています(3コースの選択は本学全体の説明にあります)。これは通常ディシプリンを先に学ぶ多くの大学と異なる出発点といえます。他者の言語をまず学び、他者との具体的な出会いを通じて、もっとも先鋭的に、自らの問題意識を持つことが可能となるともいえるのです。本専攻は、そうした生身の人との遭遇やぶつかりを恐れず、楽しんでみようという方の入学を期待しています。
ビルマ語専攻ではモジュール制に基づき、レベル、カテゴリー別に教育が行われています。初級・中級の目標は日常会話がこなせる口語基礎の修得です。教材は、市販の教材1点を除き、文法、読解、語彙集などすべてモジュール用に専攻独自で作成した教材を用いています。とくに1年前期の授業は、担当教員は相互に連絡しあい、集中的に文字、発音の基礎、初級文法を教えます。また、授業の約半分はビルマ人教員が受け持ち、TAの補助を受けながら、徹底して発音、会話指 導を行います。2年後期からは文語を導入し、上級レベルでは現地語新聞、ジャーナル、論文などを読みこなし、それについて議論できるような読解力やコミュニケーション能力を習得します。最終的には、卒論に(あるいは仕事に)現地資料が自由に使える、あるいは現地で全く不自由しないような言語運用能力を獲得 することを目指しています。

講義紹介(抜粋)

地域言語
- ビルマ語文法
- ビルマ語会話
- ビルマ語講読
- ビルマ語作文
- ビルマ語聴解

担当教員

言語文化担当

tosa_keiko.jpg

土佐 桂子
文化人類学、地域研究 (ビルマ・宗教)

okano_kenji.jpg

岡野 賢二
ビルマ語、ビルマ語学

特定外国語教員

SAI_KYAW_TUN.jpg

ビルマ語
SAI KYAW TUN 
(サイ・チョー・トゥン)

ミャンマーの協定校

ミャンマー

- ヤンゴン大学


ページ先頭へ