FrontPage

言語教育学(演習) 2012年度 4 単位

コーパスを用いた言語教材作成演習 通年 木 3

  • 投野 由紀夫
  • 教室:315(人数が多めなのでパソコン教室を検討)
  • メーリングリスト:tono-2012thu3@tufs.ac.jp

授業の目標

  • 外国語教育におけるコーパス利用は世界中で活発に研究され始めている。コーパス利用によって得られる新しい知見とは何か?それを基にした外国語教材研究はどのような成果を上げているか?さらに新たな教材開発の可能性は?
  • こうした問いに対するディスカッションをしながら,各自がコーパスに触れ,データ処理をしながら,言語教材の研究と開発の基礎的なプロセスを習得する。

授業の概要

  • 前期はコーパス言語学の基礎概念をテキストを購読しながら学ぶと同時に,コーパス処理の基礎を覚える。後期は具体的なプロジェクトを設定し,教材のプロトタイプを開発する。
  • テキスト
  • 石川慎一郎(2012)『ベーシックコーパス言語学』(ひつじ書房)
  • Mcenery, T., Xiao, R., & Tono, Y. (2006) Corpus-Based Language Studies. (Routledge)

最初の2章だけ,入手できるまで下記のPDFを利用してください:

授業の計画

コーパスの種類(レポート)

  • Written
    • Brown
    • LOB
  • Spoken
    • London Lund Corpus
    • CANCODE
    • Santa Barbara Corpus of American English (SBCAE)
  • Written/Spoken
    • British National Corpus (BNC)
    • American National Corpus (ANC)
    • Corpus of Contemporary American English (COCA)
    • International Corpus of English (ICE)
  • Monitor
    • Bank of English
  • Learner
    • ICLE
    • Longman Learner Corpus
    • Cambridge Learner Corpus
    • JEFLL
    • NICT JLE Corpus

後期:

  • 各自で具体的なプロジェクトを考案。コーパスからデータ抽出した結果を基にして,外国語教育の教材や分析結果を成果物として提出。かつ,その中間報告をメンバー間で何度か発表しあい,感想やディスカッションをもとに,最後に完成版を提出する。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-21 (木) 16:22:43 (1770d)