FrontPage

英語教育学概論B (2015年度)

  • 講義題目:言語コーパスの教育利用
  • 火曜三限
  • 教室:206(326から変更)

目的

  • コーパスを言語教育に活用するためのベーシックな知識と実際の活用スキルを身につける

授業概要

  • コーパスを使うと授業のどういう点が変わるのか?この講義ではコーパスの活用と言語教育の接点に関して考えてみる。

使用テキスト

  • 赤野一郎・堀正弘・投野由紀夫(編著)(2014) 『英語教師のためのコーパス活用ガイド』(大修館書店)※授業でまとめて購入します

授業の進め方

  • 授業は使用テキストの内容にほぼ沿って行われ,重要なセクションは担当を決めて内容を30分程度にまとめてレポートしてもらい,質疑応答,必要に応じて投野が補足説明をする
  • 実習部分に関してはレポーターが中心にソフトを一緒に操作してみる
  • アクティブラーニング部分は自分で期日までにタスクをこなして提出する
  • 昨年度作成した COCA, JEFLL のマニュアルが利用可能
  • 今年度は AntConc?, AntWordProfiler? のマニュアル作成もやってみたい

スケジュール

講義内容担当などPDF
第1回ガイダンス  & コーパス活用のための基礎知識投野(講義)
第2回ネィティブの英語の使い方を調べる:汎用コーパス概説 ※以降のレポーターを決める第3章レポーター(及川ほのか)PDF
第3回汎用コーパス・ツールの使用感レポート&アメリカ英語の汎用コーパス COCA の使用法第4章レポーター(大熊桃子)PDF
第4回アクティブ・ラーニング(1):COCA を使った英語授業用の例文作成課題提出
第5回イギリス英語の汎用コーパス BNC の使用法第6章レポーター(森千紗)PDF
第6回学習者コーパスとは何か?投野(講義)第7章PDF
第7回日本人英語学習者1万人の英作文コーパス JEFLL Corpus の使用法第8章レポーター(尾崎ちひろ)PDF
第8回学習者コーパスの応用例:チャンク指導タスクを作る課題提出(第9章参照)
第9回学習者コーパスを用いた第二言語習得の事例研究第10章レポーター(山崎加奈)PDF
第10回自分でコーパスを作ってみる第11章レポーター(佐藤一樹)PDF
第11回アクティブ・ラーニング(2):自作コーパスの作成とデモ課題提出
第12回AntConc? による自作コーパスの分析第12章レポーター(原田いずみ)PDF
第13回AntWordProfiler? による教材作成第13章レポーター(池田安奈)PDF
第14回Sketch Engine を利用した大規模 web コーパスの検索投野(実習)
第15回Google n-gram, Google books などを用いた検索第14章レポーター(所博男)PDF

練習用データ

講義で紹介する有用なリンク

第3章

  • COCA(現在最大級の米語コーパス)第4章で詳しく扱う
  • Web を直接検索するコーパスサイト

タスク

アクティブラーニング

  • 以下の課題を7月10日(金)までに提出してください。
  1. 自分で調べてみたいテキストを集めて自作コーパスを作成する
  2. タグなしのプレーンバージョンと品詞タグ付きバージョンと2つ作成する
  3. 自分が調べてみたいと思ったポイントに関して考察する
  4. さらに自作コーパスの基本データを出してみる:
    1. 単語の頻度リストを作る
    2. すべての動詞のコンコーダンス・ラインを ABC 順にしたもの
    3. そのテキストの特徴語(Keyword)の抽出 *Keyword の参照コーパスは Brown Corpus
  • 以上の i から iv までを終えたら
  • テキスト・データ
  • 分析した iv の保存データ
  • iii に関する短いレポート(A4 1、2枚でいい)
    • このレポートに収集したテキストの内容も記述してください
  • を電子データで TAの川本さんまで提出してください。

第9章(5/19の宿題)

  • チャンク学習のプランを練ってみよう:
  • 第9章を読み、自分が指導上重要だと思う英語のチャンクをひとつ決める(ただしできるだけ中高レベルで扱うものに限定しよう)
  • COCA を使ってどのようなチャンクをネイティブが使うか観察
  • JEFLL を使ってどのようなチャンクを使うか・使えないか、観察
  • それをもとにしたチャンク学習の簡単な teaching plan を書いてみよう

第4章(4/21)

  • タスク1:Active Learning
    • COCA を使って,英語授業用の例文を作ってみよう
      • 教科書に載っていないもの
      • 検索のパターンが簡単なもの&少しこったもの,の両方をトライしてみること
  • タスク2:Sketch Engine の基礎的な使い方を学ぼう
    • Brown Corpus, BNC, enTenTen? など超大規模コーパスを使うなら Sketch Engine がもっとも便利。このツールの使いこなしを毎回少しずつ身につけていく。
      • 今回は Brown Corpus をもとに基礎的な検索方法を紹介していく。

第3章(4/14)

  • タスク1:COCA以外のツールの内容紹介:
    • 第4章では COCA の使い方を学ぶが,それ以外のツール(*のついているもの)の簡単な紹介を担当を決めて次回までにやってこよう。
    • 自分で5分程度のツール紹介を行おう。
      • そのために分担をされたツールを使ってみる時間を本日持ってみます(自習)。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-06 (月) 14:21:11 (835d)