国際交流

HOME > 留学 > TUFSから世界へ(留学情報等) : 留学までの流れ

このページを印刷する

留学までの流れ

  派遣留学 奨学金受給候補者選考
10月上旬
説明会実施
  • 派遣留学に関する説明会を実施

海外留学支援制度による奨学金。

日本学生支援機構(JASSO)により、大学間交流協定に基づき学生を派遣する場合に、支援される月額支給額は6万円~10万円。
受給対象は、正規課程に在学したまま留学する日本国籍を有する者または永住が許可されている者で、次の要件を満たす者。

  • 学生交流協定に基づき派遣先大学が受け入れを許可する者
  • 本学において学業成績が優秀で人物等に優れており、前年度の成績評価係数が2.30以上の者(成績評価係数は3.0満点で計算を行う。そのため、成績表記載のGPAと異なることに注意すること)
  • 留学の目的及び計画が明確で、留学による効果が期待できる者。
  • 経済的理由により、自費のみでの留学が困難な者。
  • 留学終了後、本学で学業を継続する者または学位を取得する者。
  • 留学に必要な査証を確実に取得できる者。
  • 他の団体から留学のための奨学金を受けている場合、その支給月額の合計額が本制度の奨学金額を越えない者
10月中旬
派遣留学
募集掲示
  • 派遣留学に関する募集・申請要件を、留学生課の掲示板に掲示
 
留学の決意
  • 留学先の選択
  • 留学目標の設定、語学能力資格の取得
  • 留学費用の準備
10月末日
応募
  • 申請書を留学生課に提出(期限厳守)
 
11月下旬
学内選考
  • 各担当教員が書類審査、試験、面接等を実施
  • 日程等は決定次第掲示
 
12月上旬      
12月中旬
選考結果
発表
  • 留学生課の掲示板で発表
  • 選考された派遣候補者は、連絡事項があるので留学生課へ
派遣候補者は、1月中旬に行われる説明会に参加すること。(詳細掲示)
4月から留学開始する学生は、速やかに申請手続きを進めること。
 
1月中旬
派遣候補者説明会
  • 日程は別途掲示
   
1月下旬ごろ  
JASSO奨学金募集開始
(ただし、JASSOからの通知により、遅れることがあります。)
  • 4月、5月出発派遣学生対象、JASSO奨学金の応募書類を提出
学内選考
  • 学内選考基準に基づき、受給候補者を選考
2月中旬  
選考結果
発表
  • JASSO奨学金受給候補者発表
3月上旬  
JASSOから受給者決定通知
  • 採用者には説明会実施
4月
留学開始
  • 出発時期は異なるが4月以降順次留学開始(夏から秋にかけての留学開始が多い)
JASSO奨学金募集書類受付開始
  • 6月以降出発派遣学生対象JASSO奨学金の応募書類を提出
6月上旬以降  
JASSOから受給者決定通知は留学開始時期により順次行われる。
  • 派遣者の奨学金受給者決定者には説明会実施
   
帰国後
  • 留学終了後(奨学金支給期間終了後)、3週間以内に次の書類を提出すること。
    (1)派遣状況に係る報告(所定様式)
    (2)学習成果に関するレポート(様式任意)
    (3)留学中の成績証明書(写し)
    (入手次第提出)
    (4)本学での単位認定後の成績証明書(入手次第提出)
    (5)留学体験報告書の執筆
    (6)CEFR診断(TUFS Moodle上で行います)
    上記提出書類以外にJASSOからの調査依頼等がある。
    ※1 これらの書類を提出しないと、奨学金の返還を求められることがあるので、必ず提出のこと。
    ※2 JASSOへ提出する報告書について、本奨学金を有効に活用した事例については、JASSOウェブサイト上で公開される場合がある。