国際交流

HOME > 留学 > TUFSから世界へ(留学情報等) : 留学の種類

このページを印刷する

留学の種類

「留学」の形態とその内容・手続き

ひとくちに「留学」と言っても、その方法は以下に示すとおり4種類あります。本学で「留学」というときは、「交換留学」のことを指します。「留学」とは、本学と大学間交流協定を締結している海外の大学へ交換留学生として派遣される制度です。

  交換留学 休学留学
(単位認定申請あり)
自由留学
(単位認定申請なし)
ショートビジット
内容 大学間交流協定に基づき協定校への留学 (1)大学間交流協定校に大学を通さずに個人的に留学、または(2)本学が十分な教育内容とレベルを有すると認めた外国の大学等への留学 個人的に探した語学学校、大学等への留学 大学指定のプログラムへ参加
学年 第2年次1学期試験終了後 学部3年生以上 全学年 全学年
第3年次以上(外国語学部)
期間 3ヶ月以上1年未満 原則として
6ヶ月以上1年未満
最長3年 2ヶ月未満
6ヶ月以上1年未満(外国語学部)
授業料 本学へ納入、留学先は免除 本学は免除、留学先へ納入 本学は免除、留学先へ納入 参加費その他すべて本人負担
学年進行 あり (修学年限・在学年限に通算する) なし(留年) なし(留年)
提出書類
  • 留学願・留学計画書
    →留学生課へ
    留学1ヶ月前までに
  • 海外旅行許可願
    →学生課へ
    出発2週間前までに
  • 留学終了届
    →留学生課へ
    帰国後3週間以内
  • 休学願・休学留学申請書・
    受入大学等の内容がわかる資料・入学許可証等
    →教務課へ
    (使用言語が英語以外の外国語の場合は和訳を添付)
  • 海外旅行許可願
    →留学支援共同利用センターへ
    出発2週間前までに
  • 復学届
    →教務課へ
    復学1ヶ月前までに
  • 留学終了届
    →教務課へ
    申請に必要な書類が揃い次第速やかに提出
    等の入学許可証等
    →教務課へ
    休学1ヶ月前までに
  • 海外旅行許可願
    →留学支援共同利用センターへ
    出発2週間前までに
  • 復学届
    →教務課へ
    復学1ヶ月前までに
  • 留学願
    →留学支援共同利用センターへ
    留学3週間前までに
  • 海外旅行届
    →学生課へ
    渡航2週間前までに
  • 留学終了届
    →留学支援共同利用センターへ
    帰国後3週間以内
単位互換 原則不可   ただし、休学留学する前に教務課へ申請した場合のみ、単位認定が可能 不可
単位互換に必要な書類
  • 単位認定申請書・留学先での成績証明書・シラバス等
    →教務課へ
    帰国後すみやかに



  • 単位認定申請書・留学先での成績証明書・シラバス等
    →教務課へ
    帰国後すみやかに (留学前に、単位認定の申請をした場合)
 
  • 留学先での成績証明書・修了書
    →留学支援共同利用センターへ
    帰国後すみやかに

単位認定について

  1. 交換留学及び学留学で、先方大学において修得した単位を本学の単位として認定する際は、教務委員会・教授会での審議が必要です。
    その審議結果によっては、単位が認定されない場合があります。
    【単位の認定基準】
    ◆本学で認定(読み替え)を希望する科目が、「言語科目」の場合
    留学先大学での科目の履修時間が:30時間以上=1単位、60時間以上=2単位
    ◆本学で認定(読み替え)を希望する科目が、「言語科目以外」の場合
    留学先大学での科目の履修時間が:30時間以上=2単位、60時間以上=4単位
  2. 休学留学で、「本学が十分な教育内容とレベルを有すると認めた協定校以外の大学等」へ留学する場合は、留学前の申請が必要です。
    教務委員会・教授会での審議が必要です。審議結果によっては、「休学留学」が認められない場合があります。
    この場合、「自由留学(単位認定申請なし)」となります。

      単位認定に関する詳細や手続きについては、教務課の窓口で確認してください。

Get Adobe Reader
プラグインのご案内
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Reader はAdobe Reader のダウンロードページよりダウンロードできます。