東京外国語大学 大学の世界展開力強化事業アフリカにおけるSDGsに向けた高度イノベーション人材育成のための国際連携教育プログラム(IAfP)

【報告】PIASSで派遣学生が交換留学プログラムを開始しました

ルワンダのプロテスタント人文・社会科学大学において、本学フランス語科の宮田英虎さんが9月28日から交換留学プログラムを開始しました。約1年間滞在する予定です。
現地に到着した宮田さんからメッセージが届きましたので、ご紹介します。

宮田さんからのメッセージ

皆さんこんにちは。国際社会学部フランス語科の宮田英虎と申します。
私は現在アフリカのルワンダにある大学で派遣留学を行っており、平和紛争学を中心に勉強しています。
私が在籍する学部では実際に紛争を経験してきた難民も数多く存在し、そうした学生との交流や学習を通して今、またこれから起こる紛争への現実的な和平プロセスを思考する力を養いたいと考えています。
また、インターンや現地の人々との交流を通し、自分がこれからどういった立場からアフリカに関わっていくべきか、自分には何ができるのか考えていきたいと思います。
最後に、派遣留学をサポートしていただいた展開力アフリカ事業に感謝いたします。今後とも何卒よろしくお願い致します。


to top - トップに戻る