教育に関する基本方針

東京外国語大学(学士課程)のディプロマポリシー

東京外国語大学は、教育目標に定める人材を養成するため、次の「5つの力」の涵養を行い、これを身に付けたものに「学士(言語・地域文化)」の学位を授与します。

①高度な言語運用能力
②日本や世界諸地域についての知識・教養
③現代社会を生きる力
④専門的な知識
⑤主体的に考え、行動し、発信する力

言語文化学部のディプロマポリシー

上記の方針にもとづき、言語文化学部の学位授与に当たっては、次のような力を身に付けていることが求められます。

①高度な言語運用能力
・専攻言語に関し、読む、聞く、話す、書くという4技能で、高度な言語運用能力を身に付けていること。
・英語に関し、読む、聞く、話す、書くという4技能で、国際社会で活躍するに足る実用的な運用能力を身に付けていること。

②日本や世界諸地域についての知識・教養
・専攻する地域の文化・社会について、さまざまな観点から充分に学び、基礎的知識・教養を身に付けていること。

③現代社会を生きる力
・世界の多様な言語的・文化的背景を持った人々と協働することが求められる現代社会で活躍できる、幅広い知識・教養を身に付けていること。

④専門的な知識
・世界諸地域の言語・文化を中心とする人間の営みの意味や構造を分析する諸学問分野についての専門的な知識を身に付けていること。

⑤主体的に考え、行動し、発信する力
・ものごとを探求し、客観的に分析する力、さまざまな情報を体系化して整理する力、それらをわかりやすく表現する力を身に付けていること。
・短期・中長期の留学やインターンシップ等への参加の経験を通じ、主体性を発揮し世界の人々と協働する行動力を身に付けていること。

言語文化学部のカリキュラムポリシー

言語文化学部は、ディプロマポリシーの掲げる知識や能力などを獲得させるため、世界教養プログラムと専修プログラムからなる科目群を、以下の方針に基づき、体系的に編成します。開講されるすべての授業科目は、レベルに応じてナンバリングされており、段階的な学修を進めさせます。学習成果の評価にあたっては、あらかじめ学生に示した成績評価基準に基づき、厳格な評価を行います。カリキュラム編成の方針は次のとおりです。

【2018年度以前の入学者】

①「高度な言語運用能力」の獲得のために
・すべての学生は、言語文化学部、国際社会学部に専攻地域・専攻言語を選択の上で入学し、専攻言語に関する学修を行い、特に、1、2年次には、専攻言語の読む、聞く、話す、書くという4技能を修得します。このために必要な、「地域言語科目」を整備し、体系的に提供します。
・グローバル時代に不可欠な英語力の涵養のため「GLIP英語科目」を整備し、TOEICテスト800点相当の達成を目安に、学生の英語力向上に努めます。

②「世界諸地域についての知識・教養」の獲得のために
・世界諸地域の文化・社会に関する「地域基礎科目」を整備し、学生が専攻地域やその他の地域に関し基礎的知識・教養を身に付けることができるよう努めます。

③「現代社会を生きる力」の獲得のために
・初年次には、「基礎リテラシー」と「基礎演習」を履修させ、大学生としての学びの基礎的な技能を修得させます。
・現代社会で必要とされる基礎的な知識や幅広い教養を身に付けさせるため、日本語と英語で「世界教養科目」を提供します。
・日本関係の授業を、「教養日本力プログラム」として整備・充実させ、学生に、世界で日本を紹介することのできる日本発信力を身に付けさせます。

④「専門的な知識」の獲得のために
・学部の専修プログラムでは、導入科目、概論科目、選択科目を体系的に整備し、それぞれの分野の専門的知識をもって社会で活躍するための基礎力を養います。
i)  言語・情報コースでは、言語学、音声学、言語情報処理、ヨーロッパ・アメリカ言語研究、アジア・アフリカ言語研究、日本言語研究などの分野に関して、体系的かつ多様な授業を開講し、これらの分野についての専門的な知識を身に付けさせます。
ii)  グローバルコミュニケーションコースでは、英語教育学、日本語教育学、言語教育学、通訳・翻訳論、コミュニケーション論、多言語・多文化社会論等の分野に関して、体系的かつ多様な授業を開講し、これらの分野についての専門的な知識・技能を身に付けさせます。
iii)  総合文化コースでは、ヨーロッパ文化研究、アメリカ文化研究、東アジア文化研究、中央アジア文化研究、東南アジア文化研究、南アジア文化研究、西アジア・北アフリカ文化研究、日本文化研究、文化・文学研究、思想文化研究、人間科学研究等の分野に関して、体系的かつ多様な授業を開講し、これらの分野についての専門的な知識を身に付けさせます。

⑤「主体的に考え、行動し、発信する力」の獲得のために
・すべての授業で、学生が教室外で取り組む課題を設定し、その取り組みを通じ、学生の主体的な学びの力、調査能力、発信力を涵養します。
・専修プログラムでは、問題解決能力や批判的思考力を育成するため、講義形式の授業に加えて、演習形式の授業を重視し、プレゼンテーション等を積極的に活用しながら、対話を通したインタラクティヴな学修を実践します。
・短期、長期の留学や、国内外でのインターンシップを支援する体制を整え、留学やインターンシップを4年間の教育のなかに位置づける体制を整えます。

【2019年度以後の入学者】

①「高度な言語運用能力」の獲得のために
・専攻地域・専攻言語を選択の上で入学し、専攻言語に関する学修を行い、1、2年次に、専攻言語の読む、聞く、話す、書くという4技能を修得し、さらに3,4年次ではより実践的な、高いレベルの学修を行ないます。このために必要な、「専攻言語科目」を整備し、体系的に提供します。
・グローバル時代に不可欠な英語力の涵養のため「GLIP英語科目」を整備し、読む、聞く、話す、書くという4技能で高い運用能力を身に付けさせます。さらに、TOEICテスト800点相当の達成を目安に、学生の英語力向上に努めます。
・多言語・多文化する世界で活躍する人材を育成するため、多様な言語を学ぶ機会を提供します。このために、「教養外国語科目」、「諸地域言語科目」、「世界言語科目」を整備し、提供します。

②「日本や世界諸地域についての知識・教養」の獲得のために
・世界諸地域の文化・社会に関する「地域基礎科目」を整備し、学生が専攻地域やその他の地域に関し基礎的知識・教養を身に付けさせます。
・日本関係の授業を、「教養日本力科目」として整備・充実させ、学生が世界で日本を紹介することができる日本発信力を身に付けることができるよう努めます。

③「現代社会を生きる力」の獲得のために
・初年次には、「基礎リテラシー」と「基礎演習」を履修させ、大学生としての学びの基礎的な技能を修得させることで、専門的な学修のための十分な準備ができるよう努めます。
・多様な文化的背景を持った人々と協働することが求められる現代社会で必要とされる基礎的な知識や幅広い教養を身に付けることができるよう、「現代教養科目」「自然科学系科目」を提供します。

④「専門的な知識」の獲得のために
・学部の専修プログラムでは、導入科目、概論科目、選択科目を体系的に整備し、それぞれの分野の専門的知識をもって社会で活躍するための基礎力を養います。
1) 地域コースでは、ヨーロッパ・アメリカ言語研究、アジア・アフリカ言語研究、ヨーロッパ文化研究、アメリカ文化研究、東アジア文化研究、中央アジア文化研究、東南アジア文化研究、南アジア文化研究、中東文化研究など、世界の各地域について、体系的かつ多様な授業を開講し、これらの地域についての専門的な知識を身に付けさせます。
2) 超域コースでは、言語学、音声学、言語教育学、通訳・翻訳論、コミュニケーション論、多言語・多文化社会論、文化・文学研究、思想文化研究、人間科学研究など、多様な授業を開講し、これらの分野についての体系的かつ専門的に学ばせることで、専攻する地域を超え、広く言語と文化を中心とする人間の営みを理解する力を身に付けさせます。

⑤「主体的に考え、行動し、発信する力」の獲得のために
・すべての授業で、学生が教室外で取り組む課題を設定し、その取り組みを通じ、学生の主体的な学びの力、調査能力、発信力を涵養します。
・専修プログラムでは、問題解決能力や批判的思考力を育成するため、講義形式の授業に加えて、演習形式の授業を重視し、プレゼンテーション等を積極的に活用しながら、対話を通したインタラクティヴな学修を実践します。
・留学やインターンシップへの支援体制を整えるほか、長期留学に関する単位互換制度、短期留学に関する「臨地学修科目」、国内外でのインターンシップに関する「キャリア・協働科目」を整備し、4年間の教育のなかに留学やインターンシップを位置付け、主体的な行動力の獲得を支援します。

言語文化学部のアドミッションポリシー

1) 教育の理念
 本学の理念は、世界の言語と、それを基底とする文化・社会に関する教育を実施し、豊かな人間性、深い思考力、鋭利な感性を養い、高度なコミュニケーション能力、豊かな教養、広い視野を身に付け、さまざまな文化的背景をもつ世界諸地域の人々と協働して地球的課題に取り組むことができる人材を養成することです。

2) 求める学生像
 東京外国語大学では、世界諸地域の言語・文化・社会の仕組みを解明する諸学問分野や、国際的な諸問題を超域的な視点から扱う諸学問分野の基礎を学ぶことができます。
 国内外の高等学校等において、総合的で確かな基礎学力、ものごとに対する思考力・判断力・表現力、そして主体的に学ぶ態度を身に付けたうえで、本学の理念に共感し、さまざまな文化的背景をもつ人々と共に働き、地球的な課題に取り組む意欲にあふれる人を受け入れます。

3)言語文化学部の求める学生像
 以上を踏まえ、言語文化学部では、世界のさまざまな地域の言語と文化に精通し、国内外において異なる言語間・文化間の架け橋となって活躍する国際教養人を目指す人を歓迎します。
 卒業後の進路としては、出版、広告、観光などに関わる職業、文化事業の企画に関わる職業、新聞社・放送局などのマスメディア、国際的に展開する企業(金融、商社、メーカーなど)、通訳・翻訳に関わる職業、英語など外国語教育に関わる職業、大学院に進学し、研究・調査の仕事などの目標が考えられます。

4) 選抜方法の方針
 言語文化学部では、キャンパスの多様化の実現を目指し「求める学生像」に合致する学生を選抜するため、多様な選抜方法を実施します。

①一般入試(前期日程)
・高等学校等において、「国語」、「数学」、「外国語」、「地理歴史・公民」、「理科」の各教科をバランスよく学び、必要な基礎学力を身に付けていることを確認するため、大学入試センター試験は、5教科5科目(理科の「基礎」科目を選択する場合は6科目)を課します。個別学力検査では、外国語(「英語」、「ドイツ語」、「フランス語」、「スペイン語」、「中国語」または「朝鮮語」)と、地理歴史(「世界史」または「日本史」)の試験を課しています。
・個別学力検査:外国語(英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・朝鮮語)については、高等学校の学習指導要領に則り、4技能を統合的に活用できるコミュニケーション能力を前提とした総合的な問題構成となっています。語彙力・文法力・文章構成力などの言語構造への感覚を見る問題、多様なジャンルの文章の理解力をリーディングとリスニングの両面で問う問題により、受験生が選択した外国語の理解度を問います。とくに「英語」の場合には、アカデミックな内容を聞き取り、それを要約し、さらに自分の意見をまとめる問題などからなる試験を通じ、受信した内容を思考・判断し、英語や日本語で発信する表現力を問います。なお、国際日本学部では、外国語は英語に限ります。また、スピーキングの試験を実施し、口頭による英語の表現力を問います。 ・個別学力検査:地理歴史(世界史・日本史)については世界や日本の歴史の基本的な事項の理解を前提に、歴史上の個々の事項を、歴史の展開や社会構造の中に位置づけて、広い文脈のなかで考え、それを論理的に日本語で表現する力を身に付けているかどうかを問います。
・大学では、基礎学力に加え、ものごとに対する思考力・判断力・表現力を身につけていることが必要です。本学では、本学が実施する個別学力検査により、総合的な基礎学力とともに、思考力・判断力・表現力が身についているかを問うています。

② 推薦入試
・本学での学びに対する主体的な意欲をもち、大学での教育を受けるための基礎学力を確実に身に付けた学生を選抜するため、出身学校長の推薦に基づき、提出書類と小論文、面接により、総合的に評価します。
・提出書類には、英語の資格・検定試験の成績が含まれます。本学は、推薦される生徒に高度な英語力を備えていることを求めており、文部科学省が発表する「CEFRとの対照表」によりB2以上を取得していることが推薦の条件となります。
・言語文化学部では、その場で与えられた課題について小論文を書きます。面接では、大学入学希望理由書、活動報告書などをもとにした質疑を行います。これにより、本学での学びへの意欲、基礎学力、思考力・判断力・表現力を確認します。

③ 帰国生等特別推薦入試
・キャンパスのいっそうの多様化を図るため、日本の制度とは異なる教育制度のもとで中等教育を修了した生徒の受入れを目的に、本入試を実施します。本学の特色・専門分野に興味を持ち、高等教育を受けるための基礎学力を確実に身につけた志願者を、出身学校長からの推薦に基づき、提出書類と小論文、面接により選抜します。
・対象となるのは、外国の教育制度に基づく教育機関(国内の国際バカロレア(DP)認定校を含む。)において中等教育を受けた生徒です。
・提出書類には、英語の各種の資格・検定試験の成績が含まれます。本学は、推薦される学生に高度な英語力を備えていることを求めており、その力を資格・検定試験の成績により証明することを求めます。
・言語文化学部では、その場で与えられた課題について小論文を書きます。面接では、大学入学希望理由書、活動報告書をもとにした質疑を行います。これにより、本学での学びへの意欲、基礎学力、思考力・判断力・表現力を確認します。

④私費外国人留学生入試
・本試験は、外国の学校等で教育を受け、すでに高度な日本語運用能力と日本についての基礎知識を備えた外国の国籍をもつ生徒(日本国の永住許可を得ていないもの)を対象とします。
・出願に際し、日本学生支援機構が実施する日本留学試験(日本語及び総合科目)の成績が必要です。日本語や日本について、十分な知識を備えているかを確認します。
・提出書類には、英語の資格・検定試験の成績が含まれます。本学は、学生に高度な英語力を備えていることを求めており、その力を資格・検定試験の成績により証明することを求めます。
・小論文は、その場で与えられた課題について執筆します。面接では、大学入学希望理由書、活動報告書などをもとにした質疑を行います。これにより、本学での学びへの意欲、基礎学力、思考力・判断力・表現力を確認します。

PAGE TOP