• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Activities活動記録

  • Home
  • 活動記録
  • 研究成果
  • 武内進一【書籍】『現代アフリカの土地と権力』

研究成果

武内進一【書籍】『現代アフリカの土地と権力』

2017/12/08

◆発表者 武内進一(編者)

◆刊行日 2017年11月15日

◆書籍名 『現代アフリカの土地と権力』アジア経済研究所

◆章構成

 序章「アフリカにおける土地政策の新展開と農村変容」(武内進一)

 第1章「シエラレオネにおける慣習的土地保有と大規模土地取得―土地改革で何が変わり、何が変わらないか」(落合雄彦)

 第2章「ザンビアの土地政策と慣習地におけるチーフの土地行政」(大山修一)

 第3章「農村部を領域化する国家―エチオピア・アムハラ州農村社会の土地制度の事例」(児玉由佳)

 第4章「南アフリカにおける慣習的土地保有権改革をめぐる争点と課題」(佐藤千鶴子)

 第5章「現代タンザニア土地政策の構図―「慣習的」土地権と国土利用計画(池野旬)

 第6章「モザンビークにおける土地法の運用と政治力学」(網中昭世)

 第7章「土地関連法制度改革を通じた紛争抑止の試みとその限界―ケニアの事例から」(津田みわ)

 第8章「土地政策と農村変容―ルワンダ、ブルンジ、コンゴ民主共和国西部」(武内進一)

 終章「近年のアフリカにおける土地改革と農村変容をどうとらえるか」(武内進一)