国際交流

HOME > 国際交流 > 本学で学ぶ留学生の方へ : 学生生活

このページを印刷する

学生生活

東京外国語大学で学ぶ留学生は、日本で独立した生活を送る機会を得ると同時に、様々な国籍の学生と共に日本の多くの魅力を発見することができます。さらに、大学の内外で、あらゆる世代の日本人と接して交流を深めることができるでしょう。

キャンパス周辺

学生生活は、2000年に建設された新しいキャンパスを中心に広げられます。キャンパスが位置する東京の多摩地域は閑静でありながらも、開発が進む地域でもあり交通の便も良く複数のバス、電車が周辺を通ります。緑にも恵まれ、複数の広く美しい公園、川岸、運動場があります。また、日常生活品を揃えるために必要なコンビニエンスストア、スーパー、又はレストラン等も徒歩距離内に揃っています。

キャンパス付近の「味の素スタジアム」ではスポーツイベントやコンサートが日々開催され、賑わいを見せています。国際基督教大学、一橋大学、深大寺、植物園そして、吉祥寺、調布等の繁華街も近くにあり、東京で最も利用者数の多い新宿駅は、電車で30分内の距離にあります。

キャンパスには、事務局のある本部管理棟、保健管理センター、附属図書館、研究講義棟、留学生日本語教育センター(JLC)、アジア⋅アフリカ言語文化研究所(ILCAA)があります。大学会館の学食では、良質の食事を低価格で提供しており、生協では本や文房具の販売をしています。この他、5階建ての体育館には、サークル、クラブ活動用の部屋や音楽室があり、運動場、テニスコートも使用できます。そして、留学生用の学生寮の国際交流会館があります。

キャンパスの開発は今後も進み、講堂、学生寮等が建築される予定です。

サークル、部活

サークル、部活もTUFSでの学生生活での大事な活動のひとつです。留学生の参加も歓迎されています。オーケストラ、演劇、写真、茶道、習字、弓道、柔道、剣道、フリスビー、ラグビー、チアリーダー等、80以上ものサークル、部活があり、今まで多くの留学生達が積極的に参加をしてきました。課外活動に加わることは、日本の伝統的な文化、芸術を知る絶好の機会であり、また多くの日本人学生と知り合う機会を与えてくれるでしょう。

キャンパスでは世界の著名人を招いての特別講義、学会、この他にも、映画の上映会など多種の催し物が頻繁に開催されます。学園祭では、毎年、学部生達が世界各国の文化、芸術、料理等を紹介して大変な盛り上がりを見せています。
留学生も、イベント、活動をそれぞれの方法で提案し、積極的なキャンパスライフを送ることができるでしょう。

東京での生活

人口1200万人の東京は、文化、経済、政治、教育など、様々な活動の中心であり、観光名所、歴史的名所が街中に広がっています。また、東京は世界の芸術とグルメの都としても知られています。東京中に整備された、安全な電車やバスで行けない場所などはありません。

東京の四季は変化に富み、爽やかな春と秋には、美しい桜、紅葉が楽しめます。夏は湿気が多く、気温が35℃辺りまで上がります。冬の寒さはそれほど厳しくはありませんが、年に数回、雪が降ることもあります。最も寒さの厳しい2月も、平均気温が0℃を下回ることは珍しいでしょう。

日本は全国、電車、飛行機などの交通機関を利用して、比較的簡単に旅行することがでます。皆様も、東京の様々な場所、または地方に足をのばして、TUFSでの学生生活をより豊かなものにして下さい。日本の地方を見て、日本人の現代生活様式をより良く知ることができますし、歴史的名所を見学して過去を学ぶことにより、現在の日本を更に深く理解することができるでしょう。留学生課が留学生用に、都内、地方の街へのグループ旅行を計画しているので興味のある方は是非ご参加下さい。多くの留学生達が、週末や休暇を利用して、東京、地方、そして、東南アジアやオーストラリアなど、日本周辺の国を旅行しています。