学部・大学院

Education

Did you know?

  • 84 ヵ国
    世界84ヵ国から
    729人の留学生が本学を訪れています。

    キャンパスでは世界各地の言葉が使われ、服装も色とりどり。日本に居ながらにして留学気分を味わうことができます。
  • 65
    1年生のうち35%が夏・冬学期の
    ショートビジットを、
    1学年の65%が長期留学を体験します。

    2016年度の留学経験者数は1365人。1人2回以上留学する「留学200%」が目標です。
  • 72 言語
    14地域27言語の教育体制を備えています。
    このほか、主専攻以外で45言語と合計72言語の授業を開講しており、全地球を学ぶことができます。
  • 198 機関
    70の国・地域の198の教育機関と
    国際学術に関する交流協定を結んでいます。

    海外の協定校の学生が来日して本学で学ぶ一方、本学からの学生を派遣します。
  • 17 海外拠点
    主要な海外協定校にGlobal Japan Officeという
    海外拠点を設置しています。

    2017年12月現在、15拠点。2023年までに38拠点の設置を目指しています。このほか、アジア・アフリカ言語文化研究所が2海外研究拠点を設置しています。
  • 40,000
    世界中のグルメ屋台が大集結する「料理店」や、
    27の言語で上演する「語劇」など

    国際色あふれる外語祭学生以外の一般の人も楽しめると大人気で、2017年度は3回目となる学園祭グランプリを受賞。毎年約4万人が来場しています。
  • 2
    国際会議、国際シンポジウムの開催など、積極的に研究を推進。
    その成果を教育現場にも還元しています。研究資金の獲得状況も良好で、科学研究費補助金の採択率51.6%と、全国2位です。
  • 16
    世界各国から42人の外国人教員が本学で教育・研究をしています。
    各専攻語・地域にネイティブ教員が配置され、外国籍の教員は、全教員の約16%にあたります。国際的な視点で教育・研究をおこなっています。
  • 4 学期制
    「TUFSクオーター制」という4学期制を導入しています。
    必修科目は、春・秋学期に集約的に履修し、夏・冬学期は、短気海外留学、集中講義、インターンシップなどに活用できます。
  • 280 言語図書
    280を超える言語の
    約86万冊の図書を所蔵しています。

    日本語図書・英語図書が全体の40%、英語以外のヨーロッパ系言語図書、日本語以外のアジア系言語図書がそれぞれ約30%ずつという特徴のある蔵書構成です。
PAGE TOP