本文へスキップ

東京外国語大学 アラビア語専攻のホームページへようこそ。「アラ科」の愛称で知られる私たちの今を紹介します。

「アラ科」とは?

「アラ科」とは、アラビア語を主専攻語(地域言語A)として学ぶ学生の総称です。言語文化学部アラビア語専攻と国際社会学部西アジア・北アフリカ地域アラビア語専攻に所属しています。
また「アラ科」の学生以外にも、副専攻語(教養外国語)としてアラビア語を学ぶ学生がいます。

新着情報

2018年4月7日
「交流協定締結校」から本学公式HPの「派遣留学体験報告」と「ショートビジット体験報告」にリンクを張りました。
2018年4月1日
三代川寛子先生が着任しました。
2018年3月28日
サイトをリニューアルしました。
2018年3月26日
2018年度時間割を追加しました。
2017年6月11日
ロバート・ラトクリフ教授が逝去しました。 心よりご冥福をお祈りいたします。
2016年8月6日
初めてのアラビア語学科・専攻の卒業生の集いが開催されました(「アラビア語専攻、卒業生の集いが初開催」東京外語会会員便り、2016年8月23日)。詳細については、下記のアラビア語専攻のFacebookグループに掲載されています。その他の連絡もこのFBを通してすることが多いので、OB/OGの方はぜひ「友達リクエスト」をしてください。
アラビア会_1
2014年12月
『大学のアラビア語:詳解文法』の例文が本学言語モジュールのフスハー(正則語)文法モジュールの「『大学のアラビア語:詳解文法』を聴いてみよう」に掲載され、例文の正しい発音を確認することができるようになりました。
2013年1月20日
エジプト出身の力士である大砂嵐関が来学し、アラビア語を学ぶ学生のために講演してくださいました。特別授業の風景はTufschannelの「大砂嵐関 in TUFS― アラビア語で特別授業!」にアップされています。