VOLASとは

東京外国語大学における学生のボランティア活動支援

東京外国語大学 ホームページへ

東京外国語大学が考える学生ボランティア活動

 東京外国語大学では、ボランティア活動を、以下のように捉えています。
 人には、市民社会の一人一人の個人の幸福を追求する権利があります。したがって、ボランティア活動とは、自らが市民社会の一員であるという自覚に基づき、他者の幸福の権利にも配慮することで、幸福の追求を阻害された人々に対して、そのニーズに応じて、主体的、自発的に行動し、他者と連帯していくことです。
 東京外国語大学は、ボランティア活動を学生の重要な学びの機会と考え、教育活動の一環としてとらえています。そして、ボランティア活動を通じて、以下の資質・能力を養うことを方針として、大学として活動を支援します。

  1. 主体性の涵養:ボランティア活動は学生の自発的で主体的な活動です。みずから問題を発見し、それに対処し、解決への道筋を見出す能力を養います。
  2. 市民社会の一員としての自覚:ボランティア活動を通じて、市民社会の一員としての自覚を育みます。
  3. 多様な視点から実践的な知を育む:ボランティア活動は、ニーズに応え、何が必要かを考え、行動することを通じて、学術的知に加えて、実践的知を育みます。
  4. 世界の諸問題を自分の社会の問題として考える力:ボランティア活動は、地球(日本の国内・国外)のすべての地域とのつながりを感じることで、地球市民としての自覚を育みます。

 以上の理念に基づいて、東京外国語大学はボランティア活動スペース(VOLAS)を設置し、全学的に学生ボランティア活動を支援します。

ボランティア活動スペース 室長メッセージ

 東京外国語大学に学ぶ皆さんは「ボランティア」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。人の価値観がさまざまであるように、ボランティアに対する考え方もまた多種多様です。人の価値観が自分を基準とした絶対的なものではないように、ボランティアに対する考え方もまた人それぞれに違いがあって然るべきでしょう。

 ボランティア活動スペース(VOLAS)では、多岐に亘るボランティア活動の場の提供とその支援を行っています。ぜひ学生時代にそれらの活動を通し、あらゆる人の価値観や考え方に触れ、世の中の「多様性」を肌で感じてください。それにより、自己を客観的にとらえる冷静さと、他者を謙虚な気持ちで受け止める寛容さを身につけてください。VOLASでの活動を通し、皆さんが今後社会で生きていくうえで支えとなる自分ならではの「軸」を見つけることを願っています。

ボランティア活動スペース室長 内藤 稔(大学院総合国際学研究院 講師)

あゆみ

2003年4月  東京外大在日外国人交流ネットワーク(Amigos=東外ネット)結成
2004年9月  文部科学省平成16年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」採択
    10月  多文化コミュニティ教育支援室 開設
2006年4月  多言語・多文化教育研究センター 設立
    11月  府中市教育委員会との協働・連携開始
2007年4月  多文化コミュニティ教育支援室を多言語・多文化教育研究センターに統合
        学生ボランティア活動の場として改編
2012年4月  多文化コミュニティ教育支援室を、ボランティア活動スペースに改名
2014年4月  ボランティア活動スペースを、学生支援基盤の下に置く